PDF ファイルを簡単かつ効率的に編集しましょう

Adobe Acrobat Proを使用して、画像ファイルやWord 文書、Web ページから、編集可能なPDFを作成する方法を学びましょう。

デバイス間でPDFを編集する機能を表示するスクリーンショット

誰でも使えるファイル形式 

 

PDF は世界中で使用されているファイル形式です。すなわち、Windows のOS、Mac コンピューター、あるいはAndroid やiOS の携帯電話など、ほぼすべてのデバイスからファイルの閲覧や編集ができます。このような汎用性があるためPDFは、ビジネス上の契約、正式な申請書などのフォーム、履歴書などさまざまな文書に適しています。消費者も経営者も、この編集機能をもつ卓越したPDF を使用しています。

 

今までPDF のテキストやレイアウトを変更することは容易ではありませんでしたが、Adobe Acrobat Pro に搭載されたツールにより、以前に比べて迅速、簡単に変更できるようになりました。

編集可能なPDFファイルを作成するために、スマートフォンでアナログコンテンツの写真を撮る人

さまざまな編集可能なフォーマットを試してみる

 

編集可能なPDF文書を作成する方法は一つだけではありません。その方法は、作業のタイムラインやニーズによってまちまちです。

 

 

Creative Cloud からエクスポートする

 

Adobe InDesign、Photoshop、Illustratorのファイルは、編集可能なファイルとして簡単にエクスポート、保存することができます。Creative Cloud でパンフレットやフォームをデザイン、作成した場合には、Acrobat Pro のPDF に変換することで誤字の修正や画像の変更などの編集をすばやく行うことができます。

 

     

ファイルを編集可能な文書に変換する

 

Google Doc Microsoft Word文書(DOCX ファイル)やExcel シート、PowerPointプレゼンテーション用PDFに変換することも可能です。この変換機能により、プラットフォームでの作業がよりスムーズになり、Acrobat Pro を使えばテキストや画像の編集もできるようになります。

 

     

 文書をスキャンする

 

Adobe Scan を使って紙文書の写真を撮る、またはスキャンすることでファイルをPDF として保存します。その後、Acrobat でそのPDF ファイルを開いてテキストを編集します。

 

     

入力可能なPDF フォームを作成する

 

空白の文書を使って新しいPDF フォームを最初から作成します。次に、PDF エディターのツールを使いテキストを追加したり書式を変更したりします。フォームフィールドの追加は、Acrobat の「フォームの作成」の「ツール」メニューからできます。

 

 

簡単なツールですばやく編集する

 

Acrobat Pro は、光学文字認識(OCR)技術を利用して画像やスキャンされた文書を認識して抽出し、編集可能なテキストのフィールドに変換します。このテキスト変換機能により、段落の編集や書式変更、箇条書きリストの調整やスペルチェックを実行することができます。また、検索と置換機能を使って、長い文書から単語、文章、日付などを簡単に検索して、編集を施すこともできます。

 

 

画像を調整する

 

Acrobatでは、反転、クロップ、配置、回転、または画像の調整といったPDFの編集機能によって、PDF上の写真やグラフィックを簡単に調整できます。PNG やJPEG形式の画像もPDFファイルに簡単にインポートできます。この機能により、ビジネスレターの上部に表示したいロゴのサイズ調整やパンフレットの写真の交換が簡単にできるようになります。

 

     

文書の書式を変更する

 

PDF では、より複雑な変更を加えることもできます。「ファイルの結合」、「ページの整理」、「統合」の機能によって、PDFのページを削除、並べ替え、回転させる、または元のPDF文書を別のファイルと統合させるまたはPDFをよりサイズの小さい別のファイルにするためにセクションを削除する、といった調整を行うことができます。ビジネス文書や長文の法的文書を取り扱う業務に携わる人には、これらの書式ツールが業務の効率化に役立ちます。

タブレットでAcrobat Pro を使用してPDF を編集する機能を表示するスクリーンショット

Acrobat でPDF ファイルを編集する方法

 

Acrobat Pro を使えば、簡単に変更を加えることができます。

 

 

1.

 

Acrobat ProでPDF ファイルを開きます。

 

 

2.

 

右側パネルで「PDFの編集」ツールをクリックします。するとPDF ファイルで編集可能な項目の周りにバウンディングボックスが作られます。

 

 

3.

 

テキストの新規追加や編集、またはフォントの変更は「書式」のドロップダウンリストにある選択肢を使用します。

 

4.

 

「オブジェクト」のリストにあるツールを使って画像の移動、追加、変更、サイズを調整します。

 

 

5.

 

必要に応じて、PDFに透かしを追加したり「コメント」ツールを使ったりするなど、追加の注釈を入れます。

 

 

6.

 

ファイルに名前をつけてPDFとして保存します。

 

 

デバイス、場所に関係なく業務の効率化を図る

 

Adobe Acrobat の機能を使えば業務を簡素化できる上、Acrobat アプリを使えばどこからでも作業をすることができるようになります。この機能により、タブレットや携帯電話でPDF を編集し、またDocument Cloud ではファイルへの接続状態を維持できます。また、ファイル内の入力可能フィールドを編集して相手側にそのファイルを送り、入力と署名をしてもらうことができます。

 

オンラインのPDF 編集ツールなら、どのブラウザーからでもすばやくファイルをPDFに変換して編集することができます。また逆に、PDF をPowerPoint のスライドにする、またはPDF をWord 文書に戻すことも可能です。どのような文書の処理や編集であっても、汎用性の高いツールがあれば、業務を簡素化し効率を高めることができます。

その他のおすすめ

タブレット、携帯電話、ノートパソコンでPDF 文書を編集している状況のグラフィック

PDF の概要を学ぶ

PDF はドキュメント処理を変革し続けています。それでは 実際のドキュメント処理はどのような進歩を遂げているのか見ていきましょう。

タブレットのデバイスを持ってカウンターに寄りかかっている人

小規模企業の経営者がアプリを活用する

いかにAdobe Acrobat が小規模企業の成功に貢献できるのかを知る

机の前に座ってノートパソコンで文書をチェックしている人

ホーム文書管理ソフトウェアで確実に管理する

ホーム文書管理システムを使って、ホームオフィスをすっきりと整理整頓しましょう。 

タブレット、携帯電話、ノートパソコンでPDFにテキストを追加するグラフィック

業界標準のPDF ソリューションで文書を作成・編集・共有しましょう。

PDFの編集、管理、および署名の取得を可能にする主なソフトウェアを見ていきましょう。

エンド・ツー・エンドのデジタル処理を行っていますか。

プロセスのどの段階であっても、Adobe Document Cloud を利用すれば、次の段階へスムーズに進むことができます。