ラベンダーカラーの持つ繊細な力

ラベンダーという色が象徴するものと、魅力あるデザインにするための配色方法を学びましょう。

「ラベンダー」は、ラベンダーの花の一番淡い部分の色です。ピンクとパープルが混ざり合った、素朴で軽やかな色調です。軽い色調ではありますが、歴史には深く根差している色です。ラベンダーは、かつては、権力者や富裕層のための布地の染料として使われていました。そのため、「尊敬」や「注目」を集めるためのメッセージを伝えるには最適なツールです。

静かでありながら、力強いラベンダーカラー。この色を、デザインプロジェクトで直ぐに活用するためのヒントをご紹介します。

ラベンダーカラーが象徴するものとは?

ラベンダーは、同名の植物に由来する薄紫色です。赤と青が繊細に混ざり合った色調で、古来より、以下のようなことを象徴します。

皇族

敬意

静けさ

純粋さ

色の意味についてさらに学んで、次のデザインのインスピレーションを得ましょう。

ラベンダーを使った配色

ラベンダーをプラム、エッグプラント、アメジストなど、他のパープル系の色と合わせると、ぐっと目を引く配色にできます。デザインの深みを損なうことなく、エネルギーを抑えられ、より抑えめにメッセージを主張できる色使いです。

自然から着想を得たデザインには、ライトグリーンやイエローなどの補色と合わせると、しっくりきます。また、マスタードイエロー(カラシ色)と合わせると、対比と深みを出せ、中世風の美しさを演出できます。

ラベンダーの強さを調整し、力強さ、深み、活気を加えられるバランスを探りましょう。グラフィックデザインのヒントを読んでから、次のような色を試してみましょう。

アメジスト

16進数コード:#9966CC

RGB:153、102、204

ライラック

16進数コード:#C8A2C8

RGB:200、162、200

グレープ

16進数コード:#6F2DA8

RGB:111、45、168

ラベンダーのカラーコード

以下のカラーコードを使って、デザインにラベンダーをほんの少しだけ加えたり、思い切ってメインカラーに使用してみましょう。

16進数コード:#E6E6FA

RGB:230、230、250

RGBの割合:90%、90%、98%

CMYK:8、8、0、2

HSB:240、8、98

LAB:92、4、-10

ラベンダーは、落ち着きがありながらも、豊かさを感じられる力強い色です。配色にひねりが必要なときなどに、ぜひ、取り入れてみましょう。

Adobe IllustratorPhotoshop、InDesignを使用して、独創的な色使いを実現するためにできることを学びましょう。