DPXファイル

DPXは、フィルム画像を転送し、保存するためのデジタルファイル形式です。ビジュアルエフェクトやカラーを柔軟に扱えるため、映画業界で人気があります。DPXファイル形式の歴史、用途、メリットとデメリットを紹介します。アドビのガイドでDPX画像を作成する方法を確認しましょう。

DPXマーキー画像

学習内容

 

  • DPXファイルとは
  • DPXファイルの歴史
  • DPXファイルの使用方法
  • DPXファイルのメリットとデメリット
  • DPXファイルを開く方法
  • DPXファイルを作成して編集する方法
  • DPXファイル:よくある質問

 

DPXファイルとは

DPXとはDigital Picture Exchangeの略です。ピクセルで構成されるラスターファイルであり、スキャンしたフィルムの各コマが可逆デジタル方式で保存されます。DPXファイルは、1ファイルが1フレームに対応するため、ストリーム作成用に書き出すことがよくあります。柔軟で可逆方式のため、様々なポストプロダクションやデジタルエフェクト用ソフトウェアに読み込んで使用できます。

 

色情報や空間の特殊な保存方法が映画業界で人気がある理由です。初めてDPXの画像を見ると、画像が白飛びして見えることがあります。しかし、撮影時に発生した色の濃度をそのまま反映させているため、作品の美的演出目的に合わせてグレーディングできます。

 

 

DPXファイルの歴史

DPXはKodakがフィルムをスキャンするファイル形式として開発したものです。DPX形式は前身のCINファイルをベースにしたもので、その後すぐに米国映画テレビ技術者協会(SMPTE)が採用しました。最初のバージョンは1994年に、次のバージョンは2004年に公開されました。

 

それ以来、SMPTEは、アカデミーカラーエンコーディングシステムのサポートやハイダイナミックレンジ(HDR)の拡張など、業界特有の技術に合わせてDPX形式を調整してきました。 

 

 

DPXファイルの使用方法

映画業界では、DPXファイルを以下の目的で使用しています。

 

ファイルの保存と転送

フィルムスキャンでは、映画の各フレームを個別のDPXファイルとして取り込み、Adobe After EffectsAdobe Premiere Proなどの編集プログラムやポストプロダクションプログラムに書き出します。

 

拡張ポストプロダクション

DPXファイルは汎用性が高いため、ポストプロダクションのプロセスで大いに威力を発揮します。ほぼ制限なく、ファイルのトリミング、カラーリング、スペシャルエフェクトの追加ができます。フィルムのカラーグレーディングも大幅に強化されます。

 

他のラスターファイル形式を見る

 

 

DPXファイルのメリットとデメリット

DPXファイル形式を使用する前に、そのメリットとデメリットを考慮しましょう。

 

DPXファイルのメリット

  • DPXファイルは柔軟性が非常に高く、ラスターデジタル画像に対応するほとんどのソフトウェア、アプリ、およびプログラムで表示できます。
     
  • DPXファイルは、色の濃度情報を保持しているため、カラーグレーディングに適しています。
     
  • DPXファイルは可逆方式のため、撮影時のデータや、アプリやプログラム間での転送時にデータが損失することはありません。

 

DPXファイルのデメリット

  • DPXのシーケンスは数多くのフレームで構成され、多くの場合、高解像度です。そのため、DPXシーケンスの書き出しや編集には、処理速度の速いコンピューターが必要です。
     
  • ポストプロダクションや映画編集プログラムでDPXを使って編集するには、ライセンス料がかかります。
     

 

DPXファイルを開く方法

Adobe After Effectsでは、以下の簡単な手順でDPXファイルストリームを開くことができます。

 

  1. ストリーム内のすべてのファイルを同じフォルダーに入れます。
     
  2. Adobe After Effectsを開きます。
     
  3. ファイル/読み込み/ファイルを選択します。
  4. 最初の画像を選択します。
  5. 「シーケンスとして読み込み」をクリックします。
  6. これでファイルがストリームとして読み込まれます。

 

ファイルを個別に読み込む場合は、同じ手順ですが、「シーケンスとして読み込み」は選択しません。個別のDPXファイルを既存のシーケンスとは別に保管するのにも役立ちます。

 

 

DPXファイルを作成して編集する方法

ビデオスキャンデバイスでは、デフォルトでDPXファイルを作成できます。Premiere Proを使用し、上記と同じ手順でファイルをアップロードします。

 

 

DPXファイル:よくある質問

DPXファイルはどのプログラムで開けますか?

いくつかのファイルビューアとラスター画像プログラムで、個々のDPXファイルを開くことができます。ただし、DPXストリームを開くには、Adobe Premiere ProAdobe After Effectsなどの対応プログラムが必要です。

 

PhotoshopでDPXファイルを開くことはできますか?

Adobe PhotoshopはDPX形式に対応しています。PhotoshopではDPXファイルを個々の画像として開き、編集し、書き出すことができます。

 

DPXはラスターファイルとベクターファイルのどちらですか?

DPXはピクセルで構成されているラスターファイル形式です。数学的アルゴリズムや計算式により作成されるベクターファイルではありません。描画やロゴにはベクターファイル、写真の表示にはラスターファイルが適しています。

 

DPX(.dpx)ファイルとCIN(.cin)ファイルの違いは何ですか?

CINファイル形式はKodakが開発しました。DPXファイル形式は、オリジナルのCINファイルを転用したものですが、現在でも両ファイル間に大きな違いはありません。しかし、DPXのファイルヘッダーにはいくつかの追加情報が含まれています。

 

DPXはRAWファイルですか?

DPXファイルはRAWファイルではありません。撮影時の重要なデータと情報を保持した、非圧縮の可逆(ロスレス)ファイルです。

DPXと類似したファイル形式の詳細を見る

HDRIファイルの画像

HDRIファイル

こちらも特殊な写真撮影用のラスターファイルです。 

JPEG 2000ファイルの画像

JPEG 2000ファイル

古くからあるラスターファイルを進化させた上位版です。

PSDファイルの画像

PSDファイル

写真編集に使用するPhotoshop独自のファイルです。

HEICファイルの画像

HEICファイル

画像シーケンス用の便利なコンテナ形式について説明します。

Premiere Pro

Premiere Pro 単体プラン

業界最先端の映像編集ソフトウェアで、思い通りの作品に
7 日間の無料体験の後 2,728  /月

Lightroom

Adobe Audition単体プラン

業界をリードするデジタルオーディオ編集ツールで
サウンドエフェクトを作成、ミキシング、デザイン
7日間の無料体験の後 2,728  /月

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,480 /月(税別)