PSDファイル

Adobe Photoshopのネイティブファイル形式であるPhotoshop Document(PSD)ファイルでグラフィックを編集し、すばらしい画像を作成しましょう。このファイル形式の歴史と使用方法を紹介します。 

PSDファイルの画像

学習内容

 

  • PSDファイルとは
  • PSDファイルの歴史
  • PSDファイルの用途
  • PSDファイルのメリットとデメリット
  • PSDファイルを開く方法
  • PSDファイルを作成して編集する方法
  • PSDファイル:よくある質問

 

 

PSDファイルとは

PSDファイルは、Adobe Photoshopのネイティブファイル形式です。特にAdobe Photoshopユーザーであれば、.psd拡張子の形式のファイルを見たことがあるはずです。デザイナーやアーティストに最もよく使われているPSDは、画像データの保存と作成のためのパワフルなツールです。

 

  • PSDには、複数のレイヤー、画像、およびオブジェクトを、多くの場合は高解像度で保存できるため、クリエイター向けの業界標準となっています。
 
  • PSDでは、高さと幅で最大30,000ピクセルがサポートされるため、膨大な範囲にわたる、画像の深みと色の広がりを備えたファイルを作成できます。 

 

 

PSDファイルの歴史

現在は、デジタル画像の加工および編集の業界標準ファイル形式と考えられているPSDは、Adobe Photoshopと共に登場しました。このソフトウェアのネイティブファイル形式であるPSDを使用すると、Photoshop作品を、高品質の編集可能なドキュメントとして保存できます。

 

当時はAdobe Systems Incorporatedとして知られていたアドビは、最初に1988年にPhotoshopを開発し、1990年にリリースしました。このソフトウェアとそのPSDファイル形式は、時間と共に劇的に進化し、画像編集のマーケットリーダーとしてのアドビの地位を築き上げました。

 

 

PSDファイルの用途

PSDには、様々な画像またはグラフィック要素の複数のレイヤーなど、大量の画像データを保存できます。PSDのサイズは、最大2ギガバイトに上るため、非常に大きいサイズの編集可能なファイルを作成できます。

 

デジタルデザイン

多くのデザイナーのツールキットに、スイス製アーミーナイフのように便利なPhotoshopがあれば、PSDがデジタルデザイン作業で一般的なファイルになっても不思議ではありません。複数のレイヤーにわたる作業、読み込み、および複数のグラフィックや高品質画像の編集が可能なPSDは、デジタルプロジェクトに欠かせません。

 

写真の加工

Photoshopと他のAdobe Creative Cloud製品を使って後工程作業(画像の編集、レタッチ、合成など)をおこなうフォトグラファーは、PSDファイルを非常に使い慣れています。PSD内では、露光不足の写真の修正から、高光沢のエディトリアル画像の作成まで、フォトグラファーに不可能な作業はほとんどありません。

 

他のラスターファイルを見る

 

 

PSDファイルのメリットとデメリット

PSDの使用には、トレードオフがあります。どれほど便利であるかは、ニーズと使用可能なツールによって異なります。

 

PSDファイルのメリット

  • PSDでは、高さと幅に最大30,000ピクセルを保持できます。つまり、そのサイズのために、色および画像品質の大量の情報が保存されます。
     
  • PSDは、複数のレイヤーにわたって編集可能な、数少ない画像ファイルのひとつです。つまり、複数の画像をオーバーレイし、個別に加工することができます。
     
  • PSDは、IllustratorPremiere Proなどの他のアドビ製品に簡単に読み込むことができます。

 

PSDファイルのデメリット

  • Photoshopのネイティブファイル形式であるため、通常、PSDを使用するのは、 Adobe Creative Cloudメンバーのみです。
  • 使用方法によっては、PSDのサイズが膨大(最大2ギガバイト)になる可能性があり、保存、送信、転送が困難になる場合があります。
 
  • PSDは、Creative Cloudソフトウェアを使用しない場合は、WindowsやmacOSなどのオペレーティングシステムでネイティブではサポートされません。

 

 

PSDファイルを開く方法

Windows

PSDファイルを開いたり、編集したりするには、Creative Cloudなどの追加ソフトウェアが必要です。IllustratorまたはPremiere Proを使用すると、PSDを開いたり、表示したりできますが、元のファイルを編集するには、Photoshopが必要です。

 

macOS

Windowsユーザーと同様にmacOSユーザーも、PSDファイルを編集するには、Creative Cloudにアクセスする必要があります。macOSのプレビューアプリを使用すると、デフォルトで、PSDファイルを開いて表示することができますが、画像を編集することはできません。プレビューで開く手順は、次のとおりです。

 

  1. 開くPSDを選択します。
  2. 選択したファイルをダブルクリックします。
  3. プレビューでPSDを開きます。

 

 

PSDファイルを作成して編集する方法

Adobe Photoshopでファイルを編集し終わったら、「ファイル/別名で保存」をクリックして作品をPSDとして保存します。

 

デザインを再び編集する場合は、Photoshopの「ファイル」ドロップダウンメニューを使用します。そして、「開く」を選択し、目的のPSDを検索します。ファイルをダブルクリックすると、自動的にPhotoshopでファイルが開き、すぐに編集を開始できます。

 

 

PSDファイル:よくある質問

PSBはPSDですか?

PSBファイルは、より大きい形式のPSDです。PSBは、Photoshop Bigの略語で、その名のとおり、標準のPSDより多くのデータが保存されたPhotoshop互換のファイルです。

 

PSDファイルは印刷できますか?

PSDファイルは、印刷する前にPDFに変換する必要があります。これをおこなうには、Photoshopでファイル/印刷を選択してPSDをPDFとして保存します。

 

PSDをiPhoneで開くことはできますか?

Adobe Photoshop Expressアプリにアクセスできる場合は、iPhoneやAndroidのスマートフォンでPSDを開くことができます。 

 

Adobe AcrobatでPSDを開くことはできますか?

Adobe Acrobatで表示する前に、PSDファイルをPDFに変換する必要があります。 

 

PSDを使用するのは、どのような場合ですか?

多くの人々は、サイズが大きく、精細な写真や、その他の高解像度グラフィックおよびアートワークなど、高品質のグラフィックを扱うときにPSDを使っています。

PSDに類似するファイル形式の詳細

PNGファイルの画像

PNGファイル

最も一般的なファイル形式のひとつであるPNGについて説明します。

HEICファイルの画像

HEICファイル

どのようにしてHEICが、iPhone写真の業界標準になったかを説明します。

EPSファイルの画像

EPSファイル

現在、使用可能な、最も古いファイル形式のひとつであるEPSを使用する方法と場所を紹介します。

JPEGファイルの画像

JPEGファイル

フォトグラファーやパブリッシャーがよく使用するJPEGについて説明します。

PSDのサイズを小さくする場合は、 画像を圧縮する方法をご覧ください。