アドビ x 『ターミネーター:ニュー・フェイト』

アクションシーンを支える映像技術

ティム・ミラー監督は、新しい映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』の構想時から、利用すべき映像制作ツールはアドビしかないと考えていました。制作チームへのインタビューで、その理由をご確認ください。

 

動画を見る

© 2019 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

Premiere Pro使った4Kオフライン編集「JOIN THE PAC」「Bells of New Life」

日本映像界トップランナー走る児玉裕一監督手がけた「JOIN THE PAC」「Bells of New Life」

Premiere Pro駆使したコンテ作りから4K行うオフライン編集術ついてご紹介します。

 

ビデオを見る | ブログを読む

サンダンス映画祭作品で利用されるアドビのツール

2020年度サンダンス映画祭向け制作ヒント予告編。今年、これまで増して多くの映画製作者アドビアプリ使用している理由探りしょう。

 

ビデオを見る

『WE ARE LITTLE ZOMBIES』製作支えたPremiere Pro

長久監督長編デビュー作「ウーズが、サンダンス映画祭日本映画審査員特別賞受賞ました。この作品全編Adobe Premiere Pro編集されています。

 

ビデオを見る | ブログを読む

ウータンクランの歴史に迫る

Mass AppealPremiere Pro新しいSHOWTIME®『Wu-Tang Clan: Of Mics and Men』共同編集おこないました。伝説的グループスター上り詰めるまで苦難道のりどのよう特集したご覧ください。

ビデオを見る

ドキュメンタリー界のマイケルジョーダン

『Unbanned: The Legend of AJ1』制作チームPremiere Pro、After Effects、Photoshop使用して、物語た。

 

ビデオを見る

『The Old Man and the Gun』にぴったりのツール

ベテランエディターリサ チャージンは、このフィルム編集Premiere Pro切り替え、ポスプロダクション滞りなく完了しました。

 

ビデオを見る | ブログを読む

『アトランタ』の製作リズムをキープ

『アトランタ』編集チームが、この人気エピソード単一スピードアップしたワークフロー製作する様子ご覧い。

 

ビデオを見る

『ブレードランナー2049』ではAfter Effects 2017が活躍

Territory Studioが、After Effects、Photoshop、MAXON Cinema 4Dを使って新しい世界と次世代のビジュアルエフェクトを作り出した方法をご覧ください。

 

ビデオを見る | ブログを読む

共同作業によって実現した『Only the Brave』

この待望の作品は、エフェクトの追加から色彩やオーディオの修正まで、Adobe Premiere ProとAfter Effectsの共同作業ワークフローの連携によって完成しました。

 

ビデオを見る | ブログを読む

デヴィッド フィンチャープロデュース作品『マインドハンター』製作の裏側

デヴィッド フィンチャーの新作Netflixシリーズは、Adobe Premiere ProとAfter Effectsなどを含むアドビ映像制作ツールを使用したワークフローで編集されました。VFXと編集をひとつの環境で実施しています。

 

ビデオを見る | ブログを読む

『6 Below』の深層

スコット ワウ監督の最新作は、6Kでネイティブ編集した初の長編映画です。Premiere Pro、After Effects、その他のアドビ映像制作ツールを使用して、監督 のチームはBarco Escapeを含む複数のフォーマットからなるファイルを直接編集しました。

 

ビデオを見る | ブログを読む

360度のストーリー制作

制作会社Happy Finishによる、Premiere ProとAfter Effectsを使用した商業用バーチャルリアリティ、拡張現実、360度VR作品の制作風景をご覧ください。

 

ビデオを見る | 詳細を見る

PenfoldがBBCに登場

アニメーションスタジオKilogrammeがAdobe Character Animatorでキャラクターに息を吹き込む様子をご覧ください。

 

ビデオを見る | ブログを読む

『A Ghost Story』がよみがえる

デヴィッド ロウリー監督が執筆、編集、監督した、世にも恐ろしいこの物語は、Premiere ProとAfter Effectsを使用して、この世に生み出されました。

 

ビデオを見る | ブログを読む

『Alright』だけではない、ヴィニー ホッブズの作品

ケンドリック ラマーのビデオ『Alright』で有名な一流作家ヴィニー ホッブズは、Premiere Proを使用してニッキー ミナージュ、スクリレックスなどのアーティストのヒット作を生み出しました。

 

ビデオを見る | 詳細を見る

思い通りの映像制作を、より簡単に

2017年春にリリースされた映像編集ツールでは、グラフィックやタイトルの作成、オーディオ編集、カラー補正のための新機能が加わり、より高度でスピーディな制作が実現します。

 

ビデオを見る | 詳細を見る

サンダンス映画祭の舞台裏

光栄なことに、Premiere Proはサンダンス映画祭の公式な編集プラットフォームに選ばれました。選出していただいたインディーズ映画制作者の皆さんに感謝します。アドビのアプリは、世界中の映画制作者に選ばれています。

 

ビデオを見る | ブログを読む

Premiere Proは25周年を迎えました

25年前公開以来、Premiere Pro数々進化遂げてきました。今日では、映画制作者映像クリエイターの表現サポートする、業界最先端編集ソフトウェアなっています。

 

ビデオを見る | 詳細を見る

ホーマーが生放送に出演

Adobe Character Animatorの機能を活用して、アニメ『シンプソンズ』の主人公ホーマーが、視聴者との生電話質問コーナーに登場しました。

 

ビデオを見る | ブログを読む

燃え上がる『ピートと秘密の友達』

デヴィッド ロウリー監督は、プリビジュアライゼーションとポストビジュアライゼーションにPhotoshop、Premiere Pro、およびAfter Effectsを活用して、映画『ピートと秘密の友達』を完成させました。

 

ビデオを見る | ブログを読む

『デッドプール』で活用されるAdobe Creative Cloud

コミックで人気のアンチヒーローを大作映画の主人公へ。カギを握ったのはPremiere ProとAfter Effectsの緊密な連携でした。

 

ビデオを見る | ブログを読む

『ヘイル、シーザー!』映画編集へカットイン

映画制作者のコーエン兄弟(ジョエル コーエン、イーサン コーエン)は、Final Cut ProからPremiere Proに移行して『ヘイル、シーザー!』を編集し、アドビと緊密に連携しながら新しいポストプロダクションワークフローを生み出しました。

 

ビデオを見る | ブログを読む

『シン・ゴジラ』東京壊滅の危機

庵野秀明氏総監督・脚本・編集の映画『シン・ゴジラ』は、Premiere Proをメイン編集ツールとして、1年半の制作期間で仕上げられました。

 

ビデオを見る | ブログを読む

『RocketJump』に驚きの効果

RocketJumpは、Premiere Pro、After Effects、およびAdobe Media Encoderを使用して、独自のスタイルのアクションコメディムービーやクールなビジュアルエフェクトを取り入れた映像を制作しています。

 

ビデオを見る | 詳細を見る

Creative Cloud

さあ、次はあなたの番です

プロと同じ映像制作ツールを、編集、エフェクトやグラフィックの追加、サウンドのミキシングなどにご活用ください。

すべての映像編集アプリを見る

すべてのアプリをその手に

Creative Cloudコンプリートプラン

Audition、Photoshop、Premiere Pro、After Effectsなどすべてのクリエイティブアプリを利用できるプラン

5,680円/月

単体プラン

Premiere Pro

映像コンテンツを思いのままに制作

2,480

/月

学生、教職員の皆様を応援します

学生の皆様は、Creative Cloudが65%以上の割引価格でご利用いただけます。月額1,980円(税別)

購入する


Creative Cloud法人向け

あらゆる規模のチーム向けプラン

詳細を見る


電話でのご注文:0120-613-884