Adobe Spark の YouTube チャンネルアート作成ツールで、美しい YouTube バナーを作成

Adobe Spark なら、素晴らしい YouTube バナーを簡単に作成できます。 デザインのスキルは必要ありません。

今すぐ独自の YouTube チャンネルアートを作成

数分でこのパワフルな YouTube チャンネルアート作成ツールをマスター

Spark の無料テンプレートを使って自分だけのデザインを作成できます。

今すぐ独自の YouTube チャンネルアートを作成

YouTube チャンネルアートの作り方

デスクトップとモバイル上でのチャンネルの外観を検討
YouTube バナーを作成する時は、視聴者が使用する様々なデバイス (スマートフォン、タブレット、PC など) で、美しく表示されるようなバナーを作成するようにしましょう。 YouTube は、すべてのデバイスで最適に表示される、サイズ 2560x1440 pixels のチャンネルアートを推奨しています。
パーソナリティを添える
ロゴを YouTube バナーに組み込んで、ブランドを印象付けるばかりでなく、業界やコンテンツに関連した写真の挿入や自分を簡単に紹介するイラストの作成も検討してみてください。 ページの中に人間の顔を挿入するために写真は役立ち、訪問者がチャンネルをすぐに認識できるようになります。
アイコンとソーシャルボタンに注意してください
重要なアイコン、ロゴ、名前はバナーの中央周辺に配置します。 そうでないと、YouTubeがチャンネルアートの側面に挿入する YouTube ユーザーアイコンやソーシャル共有ボタンで、最終的にバナーの一部を隠してしまう可能性があります。 これを忘れると、ブランディングとマーケティングの取り組みに支障が生じる可能性があります。
写真の挿入を検討
YouTube ビデオをはじめるなら、チャンネルアートに自分の写真を挿入することを検討しましょう。 必須ではありませんが、写真で人間の顔をページに挿入することで、ページはよりパーソナルでアプローチしやすいものになります。 また、訪問者がチャンネルをすぐに認識できるようになります。
色の一貫性を維持
YouTube バナーをデザインする際は、ブランディング素材の色と同じものを使用しましょう。 こうすることで、全チャンネルでブランドの一貫性を保てます。

Adobe Spark Post を使う理由は?

Adobe Spark Post は、数秒で美しい YouTube チャンネルアートをデザインできる web および iOS ベースのアプリです。 Spark Post でデザインすると、プロフェッショナルな外観で、ユーザーがどのデバイスで閲覧しても美しく表示されるバナーを作成できます。 Spark Post を使うと、YouTube バナーを簡単に作成できるので、たとえ技術に疎い方でも、多大な時間や労力を費やす必要はありません。 最後に、Spark は無料リソースなので、チャンネルアート作成にではなく、ブランドのプロモーションに費用をかけることができます。 あなたがユーチューバーで、ビデオの制作は好きだけれど、プロフェッショナルなバナーの作り方がよくわからないという場合、Adobe Spark Post などの YouTube チャンネルアート作成ツールを試してみてください。 僅かな時間と労力で目を惹くバナーを作成できるので、素晴らしいビデオコンテンツ制作という、あなたが一番やりたいことに集中できます。

豊富な Spark の YouTube チャンネル アートサンプル