ビデオ、高画質の製品デモ、レスポンシブ対応したアプリケーションシミュレーションを簡単に作成できます。すぐに導入可能なクイズで受講者の理解度をテストしたり、シミュレーションを使用して、マウスの動きやキーボード操作などの画面上のすべてのアクションを記録し、インタラクティブなeラーニングコンテンツをオーサリングできます。また、Adobe Captivate Prime LMSにプロジェクトを公開したり、HTML5ベースのレスポンシブなeラーニングコンテンツをモバイルデバイスに配信したりできます。 

30日間の無料体験版を試す

Adobe Captivate
(2019リリース)

Adobe Captivate(2019リリース)

サブスクリプション

月々払いでお申し込み4,510

Adobe Captivate(2019リリース)の主な機能:

Adobe Captivate(2019リリース)の主な機能:

レスポンシブ対応する画面キャプチャ機能

応答性が高い画面キャプチャ:

複数のデバイスにわたってシームレスに再生される、単一のレスポンシブな画面キャプチャプロジェクトを作成できます。Adobe Captivateは、録画ウィンドウでの画面の動きを検出し、タブレットやモバイルビューで画面キャプチャ出力を作成する領域に自動的にパンします。

スマートフルモーション記録モードで画面操作を自動記録

スマートフルモーション記録モードで画面操作を自動記録:

マウスの動き、システムオーディオ、キーボード操作などの画面上のアクションをすべてキャプチャすることで、単一のレコーディングセッションで複数の学習モードを含む堅牢なソフトウェアシミュレーションを生成できます。

高画質の画面録画

高画質なスクリーンキャスト:

動画としてキャプチャするワークフローを使用して、高画質の製品デモを簡単に作成できます。  ビデオを編集し、トランジション、スマートシェイプ、オーディオ、キャプションを追加できます。ナレーターの顔やその他のビデオをピクチャインピクチャの形式で挿入できます。ワンクリックでYouTubeにパブリッシュすることも可能です。

Adobe Captivate Primeや他のLMSにパブリッシュ

Adobe Captivate Primeや他のLMSにパブリッシュ:

新しいセルフサービスLMS、Adobe Captivate Primeを利用すれば、1回のクリックで、トレーニングコンテンツを受講者に発行できます。Adobe CaptivateとAdobe Captivate Primeが密接に統合されたことにより、学習環境を維持管理しながら、ユーザーにとって最高の学習環境を確保することができます。オプションで、ご受講のコースを他の主要LMSに簡単にパブリッシュすることが可能です。