3D変形

変形

奥行きの追加、面の回転、遠近法を使った表現など

macOSとWindowsで利用可能

新たな次元でデザイン

新しい魅力的な3DのUXデザインを始めることができます。空間内のオブジェクトを移動または回転し、奥行きを加え、遠近法を活用して作品を見せることができます。直観的なツールでデザインして、魅力的な3Dの効果を体験できます。

これまでにない編集が可能に

3D空間でオブジェクトを前後に重ねて、心に響くリアリティを表現できます。

作品に3D効果を

キャンバスにあるシンプルなツールで、フラットスクリーンデザインの領域を超えた、目を見張るような3D効果を取り入れることができます。

将来を見据えた作業の流れ

ARやVRのエクスペリエンスで、プロセスを刷新して次世代の作品を作ることができます。

仕組み

1

コンポーネントを選択する

個々のコンポーネント、レイヤー、グループに3D変形を適用します。

3D変形を有効にする

プロパティインスペクターの3Dキューブアイコンをクリックしてツールセットを有効にします。キャンバスに新しいコントロールが表示されます。

回転、移動する

キャンバスにあるコントロール機能を使うかプロパティインスペクターで値を入力して、オブジェクトを回転し、x、y、z軸で奥行きを出します。

技術を学ぶ、探す、詳細を見る

無料のヒント、ツール、チュートリアルでXDをマスターしましょう。

すぐに導入をご希望の場合

無料のAdobe XDスタータープランをダウンロードできます。macOSとWindowsで利用可能。