Document Cloudのセキュリティ
 

紙のプロセスを、いつでもどこでも使用できる信頼性の高いデジタルエクスペリエンスに変換

オープンスタンダードとクラウド主体のソリューションリーダーとして、アドビが提供するDocument Cloudには、世界最高水準のPDFと電子サインソリューションが含まれます。Document Cloudを使えば、ビジネスの変革、拡大、躍進に役立つ安全で信頼できるデジタルエクスペリエンスを提供できます。

アドビの継続的取り組みについて

検出と法的措置

Document Cloudのセキュリティ

Adobe Acrobatとワールドクラスのドキュメントサービスを導入することで、ビジネスプロセスをデジタルファーストにペーパーレス化でき、ビジネスの生産性が向上します。Document Cloudサービスでは、グローバルなデータのセキュリティ基準に準拠しながら、テクノロジーへの既存の投資を拡張できます。

セキュリティ概要を読む

検出と予防規則の強化

Acrobat Signのセキュリティ

Adobe Acrobat Signの信頼性が高い電子サインで、ビジネスプロセスを高速化しましょう。Acrobat Signは柔軟性に優れた単一のグローバル電子サインソリューションのため、手書きの署名から用途に適した種類の電子サインに置き換えることができます。 

セキュリティ概要を読む

製品の不正行為を防止

電子サインに関する世界の法令

業界、地域、国または自治体によっては、すべての電子サインが法的に同等と見なされるわけではありません。世界各国の電子サインに関する規制を確認して、電子サインの確実な法的コンプライアンス管理にお役立てください。

電子サイン関連法について

不正行為に関する教育

デジタルID

Acrobat Signでは、強力なID保証付き電子サインから、高度に保護され規制に準拠したクラウド内のデジタル署名まで、デジタルIDプロバイダーの幅広いエコシステムを選択できるため、世界中で法的効力を持つ信頼性の高い電子サインを利用できます。

デジタルIDプロバイダーについて

リソース

Document CloudサービスがプラスされたAdobe Acrobatのセキュリティ概要

Adobe Acrobatには、最新のAcrobatデスクトップ版に加えて、高度な機能を備えたAcrobat Readerモバイル版アプリとAdobe Document Cloudオンラインサービスが付属しています。このため、あらゆるデバイスを通じてセキュリティを確保しつつ、接続性と生産性を維持するというエンドユーザーのビジネスニーズを満たすことができます。このホワイトペーパーでは、これらの機能のセキュリティを強化するために、アドビが実装している厳重な対策とセキュリティ手順について説明します。


Acrobat Signのセキュリティ概要

Adobe Acrobat Signを導入することで、組織の手書き署名プロセスを完全にデジタル化できます。Acrobat Signのセキュリティ機能と、多くの業界規格や標準規格に準拠する仕組みをご確認ください。


Adobe Acrobat Sign and 21 CFR Part 11 Shared Responsibilities Guide

21 CFR Part 11では、米国食品医薬品局(FDA)への電子文書と署名の提出要件について定義しています。このホワイトペーパーでは、21 CFR Part 11に準拠したソリューションを適切に実装するための、アドビとお客様間の責任について詳細に説明しています。


Adobe Acrobat Sign and 21 CFR Part 11 Handbook

このハンドブックでは、適切なシステム実装と適切な手続き管理により、Acrobat Signによる電子サインの法的拘束力を確保し、21 CFR Part 11の要件に準拠する方法について説明します。