声を上げて世界を変える

アーティストであり活動家のレベッカ・ダーマパラン(Rebecca Dharmapalan)さんは、カリフォルニア州オークランドで、デジタルメディアのスキルを活用し、性的目的の子どもの人身売買と戦っています。

若者の発信が世の中を変える

若者のクリエイティビティを呼び起こす教育

アドビは、次世代のデジタルメディアクリエーターやプログラマーを啓発し、新しいアイデアが生み出せるようにしています。この取り組みは経済発展を促し、社会に大きなインパクトを与えることにつながります。
若者により大きな声を与える

若者に大きな声を与える

新しいイニシアチブとして、クリエイティブな人々がお互いつながるように注目されるような機会を作り、認知度と彼らの作品の影響力を向上させていきます。

キャリアを高める

アドビ・クリエイティビティ・スカラーシップ(Adobe Creativity Scholarships)は、若者が自身の潜在的な創造力に気づくための授業料を援助します。奨学生は自己表現が世界に変化をもたらすための1つの方法だととらえています。
キャリア育成
プログラマーに多様性を

プログラマーに多様性を

製品を作ったり修正したり、経済の推進していくために、世界中でますます多くのプログラマーが必要とされています。アドビの若年層向けのプログラミング講座では、実際よりも低く評価されている若者に教育の機会を提供することにより、こうした人材不足の解決に取り組んでいます。

創造力に対する自信を形成

自己表現、コラボレーション、および根気強さ。これは、Adobe Youth Voicesを通じて学生が学ぶ人生に必要なスキルのほんの一部です。デジタルメディアを介して表現することにより、アドビは学生のクリエイティブな才能に対する自信を形成し、社会の変革を推進できるように支援します。
クリエイティブな才能に対する自信を形成
教育現場でのクリエイティビティの育成

教育現場での創造力の育成

2014年2月、オバマ大統領は、テクノロジー教育と教員のトレーニングを米国15,000の中・高等学校に導入する目標を掲げました。アドビは、ソフトウェア開発および専門能力の開発に3億ドルを超える支援を約束しました。

アドビといっしょに社会に変化をもたらしましょう。 その他の事例を見る ›