有望な人材がエンジニア職を得られるように支援

アドビは社員の多様性を推進しています。Adobe Digital Academyではその一環して、輩出が少ないマイノリティの志望者に教育機会を提供すると共に、優れた技術力を条件として、Webエンジニアとなるために必要な経験を積む支援をしています。

アドビを選ぶ理由マーキー

Adobe Digital Academyは2部制のプログラムです。

  • パート1:優れた研修パートナーによるイマーシブ研修

    Digital Academyスカラシップにより、信用ある教育パートナー3社でWeb開発研修を受けることができます。パート1修了がパート2参加の条件となるため、受講生には継続的に成績がフィードバックされます。

  • Adobe Digital Academy
教育とキャリア転換のパイオニア組織です。HTML、CSS、Javascript、Ruby on Rails、Node、SQL技術研修を含む12週間のカリキュラムを提供しています。
Dev Bootcampは支援体制が整った学習環境で厳しい技術研修を提供しています。18週間のハンズオンコースでは、HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Rails、PostreSQLのコーディングの基礎を学ぶほか、職業訓練も含まれます。
実際の開発現場を模した24週間のWeb開発イマーシブプログラムを提供しています。各種言語、フレームワーク、コンピューターサイエンスの基礎からWeb開発の職業訓練まで含まれます。
  • パート2:アドビエンジニアリングチームでのテクニカルインターンシップ

    Digital Academyの受講生は、教育パートナーからのフィードバックに基づき、3ヶ月間アドビのテクニカルチームに加わるインターンシッププログラムの選考資格が得られます。ハンズオン式職業経験、継続的フィードバック、メンターシップ、ピアサポートが得られ、優秀な成績を収めた受講生は、正社員として採用される道もあります。

  • Adobe Digital Academy
「Digital Academyでは短期間に非常に多くのことを学びますが、アドビに入ってみると、さらに学ぶべきことが無数に出てきます。新しいテクノロジーを学ぶためのサポートシステムが充実していて、私が様々な機能を試し、実験をすることを、チームのメンバーが快く受け入れてくれます」
— Adriana Villagran
Digital Academyインターン経験者、現アドビエンジニア職正社員

「開発現場を体験できるDigital Academyのインターンは、新たな視野が広がり、意欲が高まる有意義な機会です。サマーインターンシップと異なり、年間を通じて開催されているため、どのようなバックグラウンドを持つデベロッパー志望者でも参加しやすいのが特長です」
— Randy Riggins
シニアエンジニアリングマネージャー、アドビ

Academyに参加しますか?

Adobe Scholarshipについての詳しい内容と申し込み方法については、教育パートナーに直接お問い合わせください。
詳しくは、 academy@adobe.comまでお問い合わせください。