創造性がビジネスを加速

2015年リリースのAdobe Creative Cloudエンタープライズ版は、業績を力強く押し上げます。世界最高峰のクリエイティブアプリケーションとサービスを利用できる環境で、スタッフ全員がデスクトップとモバイルでシームレスに連携しながら、あらゆるデバイスに向け魅力的なエクスペリエンスを提供できます。

Urban Zoom - Jakob Wagner

Creative Cloudエンタープライズ版

 
大規模な企業、官公庁および教育機関向けの最も包括的なプランです。
デスクトップとモバイルが連携するワークフロー、クリエイティブチームとマーケティングチームの効率的な協力体制により、企業全体で制作をスピードアップ。Adobe Marketing Cloudと連携させれば、データに基づいて最も効果的なデザインを作成できます。また、ファイアウォール内で保護することでクリエイティブアセットを安全に管理できます。
 
経営者、システム管理者/購買担当者、クリエイティブディレクターにとってのメリットをご確認ください
大規模組織以外での法人導入には
Creative Cloudグループ版がおすすめ ›

部門責任者向け

 

  • マーケティングリーチを最大限に拡げる最新のクリエイティブワークフロー
  • Adobe Marketing Cloudとの連携により、データを活かして効果的にデザイン
  • アセットの暗号化やファイアウォールの構成により、アセットの保護を強化
  • ニーズに合わせてカスタマイズできる一括の年間契約で計画的に購入
  • Adobe Digital Publishing Solutionでモバイルエンゲージメントを拡大

システム管理者/購買担当者向け

 

  • マネージドサービスにより、安全に共同で作業し、ファイアウォール内でアセットを保存
  • 会社によるアセット所有とFederated ID/SSOにより、IPを保護
  • 一元的にライセンス管理を行い、最新のツールとサービスをクリエイティブチームに素早くデプロイ
  • 予算が立てやすく、必要に応じて柔軟にライセンスを追加可能
 

クリエイティブディレクター向け

 
  • 世界最高峰のクリエイティブデスクトップツールとモバイルアプリで、あらゆるユーザー向けに魅力的なコンテンツをデザイン
  • アセットやファイルの共有により、クリエイティブチームとマーケティングチームの共同作業を効率化
  • Adobe Typekitのフォントを利用してスピーディにデザイン
  • アドビのスペシャリストによる専門的な1対1のトレーニングセッション
 
 

 

 

 

お客様に最適なプランを見つけてください

 

 

各業界でのCreative Cloudエンタープライズ版の活用事例を紹介

 

株式会社ADKアーツ
Creative Cloudエンタープライズ版(ETLA)に切り替えで、スタッフとシステム管理者ともにメリットのある導入を実現
株式会社KADOKAWA
Creative Cloud エンタープライズ版がライセンス管理および制作における課題の解決に貢献
株式会社日建設計
Creative Cloudエンタープライズ版 ETLA契約で設計図書の制作効率化とデザイン力の向上
鹿島建設株式会社
ETLA ACCESS契約によって、コスト削減とライセンス管理の効率化に成功
鹿島建設株式会社
メディア&エンターテインメント Red Bull Media House
メディア&エンターテインメント
Red Bull Media House
放送 ITV
放送
ITV

その他のアドビエンタープライズソリューション


包括ライセンス契約(ETLA)にてご提供します。

電話でのご注文: 0570-023-623、または 資料請求およびお問い合わせ
  1. マネージドサービス付きのCreative Cloudエンタープライズ版とは何ですか? マネージドサービス付きのCreative Cloudエンタープライズ版とは何ですか?

    マネージドサービス付きのCreative Cloudエンタープライズ版では、大規模組織のクリエイティブチームが手軽かつ安全にCreative Cloudエンタープライズ版を利用し、業界最先端のデスクトップアプリケーションとモバイルアプリでコンテンツを作成、共有、共同作業できます。しかも、アセットは常に自社のファイアウォール内の専用クラウドに保存されるので安心です。

    マネージドサービス付きのCreative Cloudエンタープライズ版は、Adobe Marketing Cloudと同じ技術基盤を用いているので、グローバルな組織のクリエイティブチームとマーケティングチームが、効率的に連携しながら、画像、グラフィック、Web、アプリコンテンツなどの幅広いダイナミックコンテンツを制作できます。

  2. マネージドサービス付きのCreative Cloudエンタープライズ版では、どのCCアプリケーションとサービスを利用できますか? マネージドサービス付きのCreative Cloudエンタープライズ版では、どのCCアプリケーションとサービスを利用できますか?

    マネージドサービス付きのCreative Cloudエンタープライズ版には、Creative Cloudに含まれるすべてのデスクトップアプリケーション、モバイルアプリ、クラウドサービスが提供されています。CCファイル、CCアセット、コラボレーション、デスクトップ同期、およびモバイル・デスクトップ間のワークフローは、シングルテナントのマネージドサービスバックエンドによって提供されます。上記以外のBehance、Typekit、LightroomのモバイルおよびWebアプリなどのサービスは、Creative Cloudを基盤とするマルチテナントの共有サービスを利用しています。

  3. Creative Cloudの必要システム構成は? Creative Cloudの必要システム構成は?

    こちらをご参照ください。