機能

 

Adobe FrameMaker (2017 release)は、モバイル、Web、デスクトップ、印刷向けに複数言語のテクニカルコンテンツを作成、パブリッシュできる総合ソリューションです。HD表示や新しい「ようこそ」画面を使用することにより、作業の生産性を高めることができます。高度なXML/DITA機能を使用して新しい試みに挑戦してください。クラス最高の検索機能とナビゲーションを提供する次世代のResponsive HTML5レイアウトを配信しましょう。
 
 
新機能を見る       すべての機能      CMSとの統合
高解像度表示のサポート
高解像度表示(最大4 K - 3840 x 2160)に対応するようになりました。FrameMakerはシステムの解像度に合わせて自動的に調整を行います。鮮明なアイコンや高いコントラスト比が提供される新しいインターフェイスを体感してください。
ようこそ画面の拡大
使いやすい新時代のようこそ画面では、簡単に文書を新規作成したり、最近使用したファイルを開いたりできるため、作業を迅速に開始できます。また、1つのページから構造化アイテムと非構造化アイテムにアクセスできます。リポジトリやファイルシステムへの接続も簡単です。
メニューコマンドの検索
新しいメニュー検索機能を使用すると、メニューコマンドをすばやく見つけることができます。名前を入力してEnterを押すだけなので、メニューオプションでコマンドを探すよりも簡単です。
新しいプロジェクトマネージャー
新しいプロジェクトマネージャーを使用すると、アセットを文書にドラッグ&ドロップして簡単にファイルを整理できるので、より適切に作業を管理できます。
次世代のResponsive HTML5レイアウト
クラス最高の検索機能とナビゲーションを提供する新しいフレームレスなResponsive HTML5レイアウトで、パーソナル化したコンテンツを配信しましょう。HD表示用に最適化されたレイアウトアイコンが提供するリッチな表示機能を堪能してください。用語集、目次など、ウィジェットは表示と非表示を切り替えることができます。
オートコンプリートですばやく検索
クラス最高の検索機能をエンドユーザーに提供して、最新の検索オートコンプリート機能を使用することにより、より適切な検索結果が表示されるようにしましょう。入力中、自動候補とともに個々の候補の使用頻度が表示されます。
基本的なHTML5出力のカスタマイズ
軽量で簡単に共有できる基本的なHTML5コードを、レイアウトやJavaScriptなしで生成し、これをCSSを使用してカスタマイズすることにより、独自の外観を作成できます。
Adobe Experience Managerへの容易なパブリッシュ
XML Documentation Add-on for Adobe Experience Managerを使用することにより、FrameMakerからAdobe Experience Manager SitesにDITAコンテンツを簡単にパブリッシュできます。
SVG画像内のテキスト検索
より包括的な検索機能をエンドユーザーに提供しましょう。SVG画像内のテキストを検索し、検索結果に含めることができます。
DITAコンテンツのパーソナル化
コンテンツのDITA属性を動的コンテンツフィルターの条件として直接使用できます。このため、よりパーソナル化したコンテンツをエンドユーザー向けに簡単に作成できます。
新しいResponsive HTML5レイアウトにお気に入りを追加
新しいResponsive HTML5レイアウトでトピックをお気に入りとしてマークできるため、コンテンツに再びアクセスする際の時間と労力が低減されます。
米国連邦法508条のアクセシビリティ規制に準拠してコンテンツアクセシビリティを向上
米国連邦法508条のアクセシビリティ規制に準拠したHTML5レイアウトを生成し、支援技術に対応したコンテンツを提供することにより、幅広いユーザーがアクセスできるようになります。
最新のステータスバーを使用すると、現在のエレメントの正確なパスを追跡しながら、構造化文書にDITAコンテンツを作成できます。カーソルキーを使用して容易に移動できるため、構造図を行き来する必要がなくなります。

拡張機能


再編成されたメニュー
論理的に配置されたメニューオプションを使用すると、より直感的に作業を進めることができます。新しい「挿入」メニューでは、画像、ファイル、変数、エレメントなどを簡単に挿入できます。新しいメニュー検索機能を使用すれば、メニューコマンドをすばやく見つけることができます。
拡張された書式ポッド
拡張された書式ポッドでボタンをクリックすることにより、スタイルを作成、更新できます。段落や表向けの新しいラベル付きボタンを使用して、簡単にスタイルを変更できます。設定可能なオプションは再編成されて新しいラベルが付けられました。
新しい「画像を挿入」機能
新しい挿入メニューコマンドを使用すると、画像を文書にすばやく挿入できます。DPIなどの属性は挿入時に維持され、後で編集することもできます。改良されたオブジェクトの属性ダイアログでワンクリックすると、インラインDPIを設定して変更を適用できます。
FrameMakerおよびAdobe Experience Manager間のシームレスな統合
Experience Managerと緊密に統合されたFrameMaker (2017 release)をお試しください。FrameMakerのリポジトリ検索機能を使用すると、Experience Managerのリポジトリ内を検索できます。FrameMakerの新しいレビューコメントポッドを使用すると、レビューコメントの同期、表示、返信をリアルタイムで行えます。更新された環境設定ダイアログボックスでは、Experience Managerのファイルのチェックインとチェックアウトを設定できます。
ワークスペースの再設計
デフォルトで関連ポッドのみが表示されるので、コンテンツに注力するために必要なすべての容量を確保できます。ほとんどのポットにはブロックとしてアクセスできます。一部のポッドは下部から右側に移動され、情報がコラム内に簡潔に表示されるようになりました。
キーボードショートカットをメニューに追加
キーボードショートカットをお試しください。すべてのメニューオプションと一緒に表示されるようになりました。キーストロークでアクションをすばやく実行できます。
拡張されたフォント選択
フォント管理が容易になったため、簡単にフォントを見つけて文書に適用できるようになりました。
最適化されたファイルの保存
単一または複数のファイル処理が容易になり、迅速に作業を進めて、終了時に簡単にファイルを保存できます。
合理化された起動オプション
簡素化および合理化された起動オプションを使用すると、構造化および非構造化モードを簡単に特定できます。
最適化された検索と置換ダイアログ
検索・置換ポッドのリストはアルファベット順にソートされるので、コンテンツの検索と置換を簡単に行えます。
カタログの使いやすさの強化
文字、段落、エレメントの各カタログポッドの使いやすさが強化され、管理が容易になりました。わかりやすいインターフェイスをお試しください。長い名前のボタンは識別しやすいアイコンに置き換えられました。削除操作を簡単に行えます。
ミニ目次
自動的に更新されるようになったミニ目次は、長い文書を読みやすくするほか、移動を容易にします。スタイルを選択してミニ目次を生成し、挿入、フォーマットしてください。目次は自動的に生成されます。ミニ目次はすべての対応出力フォーマットで表示されます。

更新された自動スペルチェック
改良された自動スペルチェックを使用すると、単語の入力が完了するのを待機してからエラーチェックが開始されるため、作業を一時的に停止する必要がありません。
無駄のないHTML5出力
デフォルトのHTML5出力ではクリーンアップが行われて不要なファイルが除外されるので、コンテンツをすばやく読み込むことができます。読み込み時間は最大50%短縮されます。
動的コンテンツフィルターのパーソナル化
索引に対応する動的コンテンツフィルターを使用することにより、よりパーソナル化したコンテンツをエンドユーザーに提供できます。ユーザーは適切なフィルターを選択して関連コンテンツを表示できます。
改良されたDITAオーサリングテンプレート
DITA 1.3、1.2向けに改良されたDITAオーサリングテンプレートを使用するとオーサリングが容易になります。改良された外観を活用してすばやく作業を行いましょう。
最適化されたDITA相互参照
DITA相互参照は使いやすさが大幅に向上され、より適切に挿入、管理できるようになりました。この機能には挿入メニューの新しい「相互参照」オプションから簡単にアクセスできます。改良されたポッドインターフェイスでは、エレメントの種類、ID、テキストを指定して検索を行うこともできます。
改良されたキースペースマネージャー
サイズ変更が可能になったキースペースマネージャーを使用して、文書を検索、参照できます。キースペースはキーの先頭数文字を入力するだけで検索できます。または、現在のセッションで開かれているいずれかのDITAマップから追加されたキースペースを示すドロップダウンリストから選択できます。開いているすべてのDITAマップに共通のキースペースにアクセスすることも、特定の文書向けに異なるキースペースを設定することもできます。
拡張された構造図
お使いのXML構造での作業がより簡単に行えます。必要に応じてテキストの表示と非表示は切り替えることができます。サブツリー全体の要素や属性を折りたたむことで、作業領域を広げられます。フォーカスされた要素やドロップの有効性を視覚的に表示します。
ファイルを開く操作を最適化
リンクされているファイルの相互参照が最適化され、FrameMakerでファイルをすばやく開けるようになりました。

ご意見をお寄せください