Adobe Scan の設定

Adobe Scan は、デバイス設定と連動して機能するため、スキャンワークフローを事前に設定でき、操作性とスキャン効率が向上します。

アプリ設定の構成

Adobe Scan 設定ページには、左上隅の profileicon からアクセスできます。homeicon をタップして、キャプチャ画面を閉じる必要がある場合があります。設定を変更するには、「Adobe Scan について」または「環境設定」配下の目的の設定に移動します。

../_images/appsettings.png

無線データの無効化

デフォルトでは、携帯電話アクセスによるデバイスの無線データの使用が有効になっています。無線データを無効にするには、settingsicon環境設定/無線データの使用を許可するをタップします。

デバイスの設定画面が開いたら、無線データを使用する Scan の機能を有効/無効にします。

テキスト認識(OCR)設定の変更

テキスト認識の無効化

デフォルトでは、アプリは光学文字認識(OCR)機能を使用して、スキャンの画像テキストを実際のテキストに自動的に変換します。デフォルトでは、テキスト認識言語がデバイスの言語に設定されています。自動テキスト認識を使用すると、テキストの保存、編集、マークアップなどの操作を行うことができます。

OCR 設定を変更するには、次の手順に従います。

  1. profileicon環境設定をタップします。

  2. テキスト認識を実行」をオフにします。

  3. テキスト認識言語を変更するには、「テキスト認識言語」をタップして、目的の言語をタップします。

サポートされている言語には、次のものがあります:英語、オランダ語、日本語、フィンランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、イタリア語、ドイツ語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、トルコ語、ロシア語、チェコ語、ポーランド語。

注意

一般ユーザーの場合は、25 ページを超えるとスキャンで OCR を続行できなくなります。ただし、有料サブスクリプションでは、最大 100 ページのスキャンで OCR を実行できます。

../_images/ocrlang.png

境界の調整

各キャプチャの後に境界調整ハンドルが表示されるように、名刺のキャプチャワークフローを設定できます。有効にすると、トリミングハンドルが表示され、別のスキャンをおこなう前やスキャン全体をレビューする前に、画像をその場でトリミングできます。

  1. profileicon環境設定をタップします。

  2. スキャン後に毎回境界線を調整する」を有効にします。

デフォルトファイル名の設定

このスキャンアプリでは、デフォルトですべてのファイルに「Adobe Scan(現在の日付)」という名前が付けられます。ただし、タイトル、日付形式を変更したり、必要に応じて任意の文字列を追加したりすることはできます。カスタム名を使用すると、ファイルの整理や検索に役立つ場合があります。

  1. profileicon環境設定をタップします。

  2. デフォルトのファイル名」をタップします。

  3. 名前」テキストフィールドをタップして、テキストを削除または追加します。「候補」の任意の項目をタップすると、その項目が自動的に追加されます。

  4. checkicon をタップして設定を完了します。

../_images/filenameconfig.png

使用データの送信

デフォルトでは、エンジニアリングチームによる製品の改善と、よりパーソナライズされたエクスペリエンスの提供に役立てるため、アプリは使用状況に関するデータをアドビに送信します。このプログラムへの登録を解除するには、次の手順に従います。

  1. profileiconAdobe Scan についてをタップします。

  2. 使用情報を送信」を無効にします。

../_images/usage.png

レビューの共有

アドビでは、レビュー内容を製品の長所と短所の把握に役立てています。フィードバックはいつでもお送りいただけます。レビューを書くには:

  1. profileiconAdobe Scan についてをタップします。

  2. 次のテキストをタップします。「Adobe Scan が気に入ったら...」

デバイス設定の構成

デバイス機能へのアクセスの許可

Adobe Scan では、カメラへのアクセスを許可する必要があります。アプリをインストールしたら、カメラへのアクセスの許可とプッシュ通知を受け取るかどうかを指定するよう求められます。ただし、後で権限を設定できます。

権限を設定するには:

  1. デバイスの設定に移動します。

  2. Adobe Scan にスクロールします。

  3. 設定したい機能をタップします。

注意

Siri の設定について詳しくは、「Siri 設定」を参照してください。

../_images/permissions.png

電子メールアプリの接続

iOS デバイスの電子メールアカウントを設定済みの場合、ファイルコンテキストメニューの共有オプションの 1 つとして、電子メールオプションが表示されます。

電子メールアカウントを設定するには:

  1. デバイス設定に移動します。

  2. アカウントとパスワード/アカウントを追加をタップします。

  3. アカウント設定ワークフローを完了します。

../_images/shareoptions.png

注意

emailicon は、電子メールアカウントが Adobe Scan アプリに接続されている場合にのみ表示されます。電子メールアプリがインストールされていれば、アカウントが接続されます。方法は、使用中の iOS によって異なります。14.0 以降のバージョンでは、連絡先/アカウント/アカウントを追加の順に選択します。

ダークモードの有効化

iOS バージョン 13 以降では、ダークモードがサポートされています。ダークモードの高コントラストディスプレイにより、暗い場所での読みやすさが向上するだけでなく、バッテリー寿命も長くなります。色彩の意味合いはそのままで、ナイトモード機能より画像表示がくっきりとしたダークモードは、ユーザーによっては重要なアクセシビリティ機能です。

  1. デバイスの設定画面に移動します。

  2. 画面表示と明るさ」をタップします。

  3. ライトモードかダークモードを選択します。

../_images/darkmode.png

ナイトモードの有効化

デバイスのナイトモード機能を使用して、低光量時の読みやすさを向上できます。これにより、目の疲れを軽減し、バッテリー寿命を延長します。

  1. デバイスの設定画面に移動します。

  2. 画面表示と明るさ」をタップします。

  3. ナイトモード」をタップします。

../_images/nightshift.png
  1. 設定を設定します。OS のバージョンによっては、ナイトモードをスケジュールしたり、手動で機能を有効にしたり、全体的な色調を制御したりできます。

../_images/nightshift1.png

ディスプレイの明るさの設定

必要に応じてディスプレイの明るさを設定して、読みやすさを向上します。

  1. デバイスの設定画面に移動します。

  2. 画面表示と明るさ」をタップします。

  3. 明るさレベルを設定します。

../_images/brightness.png

色の反転

色を反転するには:

  1. 設定/アクセシビリティをタップします。

  2. ディスプレイとテキストサイズ」をタップします。

  3. 次から 1 つ選択します。

    • 反転(スマート)」を有効にすると、ほとんどの色が反転されますが、画像、メディア、および一部のアプリは元の状態のままになります。

    • 反転(クラシック)」を有効にすると、ディスプレイの色が反転します。

../_images/invertcolor.png

注意

この画面から、コントラスト、テキストサイズ、その他のディスプレイ機能も変更できます。

VoiceOver の有効化

このアプリは iOS の内蔵画面読み上げ機能 VoiceOver をサポートします。視覚障害のある場合に、VoiceOver は簡単な操作で PDF のコンテンツを読み上げてくれます。VoiceOver を使用するには、次の設定を行います。

  1. デバイスの設定画面に移動します。

  2. アクセシビリティ」をタップします。

  3. VoiceOver」をタップして、機能を有効にします。

../_images/voiceover.png

ジェスチャー機能の有効化

このアプリは、Apple サポート文書で説明されている標準の VoiceOver ジェスチャーをサポートします。