#111

MacでWordをPDFに変換する方法(PDFからWord変換も)

MacでWordをPDFに変換する方法(PDFからWord変換も)
#EBEBEB

仕事やレポート作成などの場面で、Microsoft Wordで作った書類を、印刷や共有に適しているPDFファイルで提出する機会はよくあります。

一方で、重要な書類のファイル形式を変換する際は「失敗してデータが消えたり破損したりしないだろうか?」という心配もつきものです。

そこでこの記事では、Macで安全にWordをPDFに変換する方法を紹介します。

Mac版のWordの機能を使ってWordをPDFに変換する方法もありますが、今回はより直感的に操作が可能な「Adobe Acrobat オンラインツール」を使う方法を解説します。

Adobe Acrobat オンラインツールは無料かつインストールが不要で、ネット環境があればどこでも使えます。

カンタンに変換作業をしたい方は、ぜひお試しください。

無料の「Adobe Acrobat オンラインツール」を使ってMacでWordをPDFに変換する方法

無料の「Adobe Acrobat オンラインツール」は、PDFを開発したアドビの公式ツール。

ブラウザ上で操作できるので、編集前のファイルはPCに保存されたままです。

そのため、変換中に元のデータが消えたり破損したりすることはありません。

変換はたった2つの手順で完了し、実質の作業は「ファイルをアップロードするだけ」と、とてもカンタンです。

それではここから、Acrobat オンラインツールでWordをPDFに変換する手順を紹介していきます。

大まかな手順は、以下の動画でも解説していますので、お好みの方法でご確認ください。

【手順1】Adobe Acrobat オンラインツールにPDFファイルをアップロードする

まずは「WordファイルをPDFに変換」のページにアクセスします。

画面中央の「ファイルを選択」をクリックしPCに保存されているファイルを選択するか、ボタン付近のエリアにファイルをドラッグ&ドロップしてください。

Adobe Acrobat オンラインツールにPDFファイルをアップロードする

【手順2】自動的にPDFファイルに変換される

ファイルがアップロードされると、自動的にPDFファイルへの変換が始まり、あっという間に完了します。

自動的にPDFファイルに変換される

たったこれだけで、WordファイルからPDFファイルへの変換は完了です。

このあとの手順は、目的に合わせて以下の2パターンに分かれます。

1.PDFファイルをダウンロードする

2.PDFファイルをリンクで共有する

ここから、それぞれの手順を解説します。

【手順3-1】PDFファイルをダウンロードする

画面左上の「ダウンロード」ボタンをクリックし、変換後のPDFファイルをダウンロードする
ダウンロードする前に「PDFを編集」をクリックすれば、PDFファイルにテキストやコメントを追加する、といった編集も可能です。
「PDFを編集」をクリックすると、PDFファイルにテキストやコメントを追加できる
PDFファイルをダウンロードした後に、あらためて編集作業をしたい場合は、この記事の後半で紹介している「PDFの変換後に使える便利な機能」をご覧ください。

【手順3-2】PDFファイルをリンクで共有する

Acrobat オンラインツールでは、変換後のPDFファイルをリンクで共有し、相手にブラウザ上で閲覧してもらえます。

ファイルをダウンロードしてメールに添付する手間が省けるほか、相手のメールの保存容量を圧迫する心配もありません。

もちろん、必要に応じて共有したリンクからファイルをダウンロードしてもらうことも可能です。

変換後のPDFファイルをリンクで共有する場合は、ダウンロードボタンの右側にある「リンク」ボタンをクリックします。

ダウンロードボタンの右側にある「リンク」ボタンをクリックすると共有用リンクを取得できる

ここで、Acrobat オンラインツールへのログインを求められた場合は、Adobeアカウントのほか、Googleアカウント、Apple IDのいずれかでログインしてください。

ログイン後の画面右側に表示される「コピー」をクリックしてリンクをコピーし、メールやチャットに貼り付けて相手に共有しましょう。

圧縮レベルを選んで「圧縮」をクリックしたのち、ダウンロードする

ちなみに、Acrobat オンラインツールでは、WordだけでなくExcelやPowerPoint、JPGやPNG形式などのファイルもカンタンにPDFファイルへ変換できます。

Word形式以外のファイルをPDFに変換したい場合は、以下のリンクからAcrobat オンラインツールの「PDFに変換」にアクセスしてください。

様々な形式からPDFに変換

なお、作業のたびにAcrobat オンラインツールを検索してアクセスするのは面倒、という方には拡張機能もオススメです。

以下のリンクから拡張機能をインストールすれば、PDFへの変換といった作業を行いたいときに、アイコンをクリックするだけですぐにAcrobat オンラインツールにアクセスできます。

Adobe Acrobat オンラインツールの拡張機能をインストールする

Acrobat オンラインツールでは、各種ファイルのPDF変換だけでなく、PDFファイルを圧縮して軽量化したり、テキストやコメントを追加して編集をしたりすることも可能です。

続いて、それらの機能をご紹介します。

PDFの変換後に使える便利な機能

「PDFファイルのサイズが大きくて、メールで送れなかった」

「PDFファイルにコメントを追加したいけれど、もう一度変換前のデータを開いて編集するのは面倒・・・」

このような、変換後のPDFファイルの共有時に起こりがちな問題も、Acrobat オンラインツールがあればスマートに解決できます。

ここから、PDFファイルへの変換後に使える、便利な2つの機能を紹介します。

1.PDFを圧縮する

2.PDFを編集する(コメントやハイライトを追加する)

1.PDFを圧縮する

PDFファイルをメールに添付して送る場合、ファイルサイズが大きすぎるとメールで送れない場合があります。

そんな時は、以下の手順でPDFファイルを圧縮してサイズを小さくしましょう。

【手順1】「PDFのファイルサイズを圧縮」にアクセスする

【手順2】PDFファイルをアップロードする

【手順3】圧縮レベルを選んで「圧縮」をクリックする

【手順4】「ダウンロード」をクリックする

2.PDFを編集する(コメントやハイライトを追加する)

変換後のPDFファイルに、テキストやコメントを追加したり、ハイライトや描画を加えたりすることができます。

なお、この機能を使用するには、Acrobat オンラインツールへのログインが必要です。

【手順1】「PDFをオンラインで編集」にアクセスする

【手順2】PDFファイルをアップロードする

【手順3】ツールバーから使いたい機能を選択して編集する

【手順4】「ダウンロード」をクリックする

ツールバーから使いたい機能を選択して編集する

Acrobat オンラインツールには、他にも、変換後のPDFファイルに使える便利な機能が多数あります。

目的に合わせて、ぜひ活用してみてください。

PDFのページを入れ替え、並び替え

PDFファイルのページ順序を入れ替えて、構成を変更できます。

PDF内の不要なページを削除

PDFファイルの中から、不要なページを削除できます。

PDFのページを回転

PDFファイルのページを縦向きや横向きに回転できます。

複数のPDFを結合して一つに

複数のPDFファイルを一つのPDFファイルにまとめます。

PDFにパスワードを設定して保護・暗号化

パスワードをかけることで、PDFファイルの閲覧者を制限できます。

PDFからWordを作成する方法

Acrobat オンラインツールでWordをPDFへ変換する場合、ブラウザ上で操作できるので、変換中に元のデータが消えたり破損したりすることはありません。

万が一、元のWordファイルをうっかり削除してしまった場合でも、手元にPDFファイルが残っていれば大丈夫です。

Acrobat オンラインツールを使えば、PDFをWordに変換して、Wordファイルを作成できます。

ここから、具体的な手順を解説します。

PDFをWordに変換する方法

PDFファイルからWordファイルへの変換も、たった2つの手順で完了します。

【手順1】Adobe Acrobat オンラインツールにPDFファイルをアップロードする

まずは「PDFをWordに変換」のページにアクセスします。

画面中央の「ファイルを選択」をクリックしPCに保存されているファイルを選択するか、ボタン付近のエリアにファイルをドラッグ&ドロップしてください。

Adobe Acrobat オンラインツールにPDFファイルをアップロードする

ファイルがアップロードされると、自動的にWordファイルへの変換が始まり、あっという間に完了します。

【手順2】Wordファイルをダウンロードする

「ダウンロード」ボタンをクリックして、変換後のWordファイルをダウンロードします。

Wordファイルをダウンロードする

ダウンロードしたWordファイルを開いて、内容を確認しましょう。

Acrobat オンラインツールがあれば、PDFからWordの変換だけでなく、ExcelやPowerPoint、JPGやPNG形式へもカンタンに変換できます。

●PDFをExcelに変換

●PDFをPowerPointに変換

●PDFを画像(JPGやPNG)に変換

ここまで、Acrobat オンラインツールでできるPDFの変換や共有方法について紹介してきました。

PDF形式でのやり取りが必要な様々な場面で、ぜひ参考にしてください。

最後に、WordからPDFへの変換をはじめ、PDFに関する様々な機能が使える無料ツール「Adobe Acrobat オンラインツール」の魅力をあらためてお伝えします。

PDFに関する20以上の機能が無料で使える「Adobe Acrobat オンラインツール」

Adobe Acrobat オンラインツール」は、PDFを開発したアドビの公式ツールです。

無料で使えるうえにインストールの必要もなく、ブラウザ上でスムーズにPDFファイルの変換や共有、編集ができます。

PDFに関する20以上の機能が無料で使える「Adobe Acrobat オンラインツール」

今回ご紹介した「WordからPDFへの変換」をはじめ、様々なファイル形式からPDFへの変換ができます。

また、データをアップロードするだけで変換作業が完了する手軽さも特長です。

【Adobe Acrobat オンラインツールが選ばれる3つの理由】

1.操作がわかりやすい・迷わない

画面上にファイルをドラッグ&ドロップするだけのわかりやすい操作性、アイコンやイラストを豊富に使ったナビゲーションで、誰でも迷わずカンタンに使えます。

2.オンラインですぐに使える

ソフトやアプリをインストールすることなく、ブラウザ上でページを開き、ファイルをアップロードするだけで、様々な変換や編集機能をすぐに使えます。

3.PDFに関する20以上の機能が無料で使える

PDFの変換以外にも、編集や結合・圧縮・パスワード保護に至るまで、PDFに関する20以上の作業が、無料のAcrobat オンラインツールだけで完結します。

以下の記事では、Acrobat オンラインツールで使えるすべての機能と詳しい使い方をご紹介していますので、あわせてご覧ください。

はじめてのAdobe Acrobat オンラインツール完全ガイド(概略版)

Acrobat オンラインツールは、Acrobat StandardやAcrobat Pro、Creative Cloudのコンプリートプランを契約している方なら、無制限で利用できます。

快適にPDFファイルの変換や共有ができる「Adobe Acrobat オンラインツール」を、この機会にぜひお試しください。

(執筆:ウェブライダー)

linear-gradient(135deg, rgba(255,90,60,1) 0%, rgba(206,24,12,1) 100%)

https://milo.adobe.com/libs/img/mnemonics/svg/acrobat-pro-64.svg

ぜひAdobe Acrobatオンラインツールをお試しください

無料で始める

https://main--cc--adobecom.hlx.page/jp/fragments/seo/product-blade/acrobat

https://main--dc--adobecom.hlx.page/dc-shared/fragments/shared-fragments/frictionless/verb-footer/verb-footer-add-pdf-page-numbers