パスワードでPDFを保護

パスワードでPDFを保護

Adobe Acrobatのオンラインサービスを使って、PDFを保護するパスワードを加えましょう。PDFを閲覧するには、最初にドキュメントを開くパスワードを入力する必要があります。

不正アクセスを防ぐ

不正アクセスを防ぐ

パスワードで保護されたPDFを作成すれば、ファイルへのアクセスをコントロールできます。Acrobatはパスワードの強度を3段階で教えてくれます。

パスワードセキュリティ

信頼できるパスワードセキュリティ

PDF形式を開発したアドビは、信頼できるセキュリティで文書を保護します。Mac でも Windowsでも、どんなブラウザからも安心してファイルを保護できます。

PDFをパスワード保護

PDFにパスワードを加える方法

簡単なステップに従い、PDF パスワード 保護を使ってみましょう。

  1. 上の「ファイルを選択」ボタンをクリックするか、PDFをドロップ範囲にドラッグ&ドロップします。

  2. パスワードを入力し、さらに確認のため再入力します。

  3. 「パスワードを設定」(Set password)をクリックします。

  4. サインインすると、保護したPDFのダウンロードや共有ができます。

強力なパスワードを選ぶ方法

強力なパスワードを選ぶ方法

 

強力なパスワードを作るには、パスワードを長くし、いろいろな文字(大文字と小文字両方)と数字を入れてください。記号を加えるとさらに強力なパスワードになります。パスワードを作る時は個人情報や、辞書に出ていて簡単に推測されてしまう言葉などは避けましょう。

強力なパスワード
パスワード保護または暗号化

パスワード保護と暗号化の違いは?

パスワード保護と暗号化の違いは?


文書をパスワードで保護した場合、ファイルまたはフォルダーにアクセスするには、正しいパスワードを入力する必要があります。さらに強力な保護方法として暗合化があります。通常の暗合化タイプは128-bit key、または256-bit AESです。文書を暗合化すると、識別不可能な暗合化されたコンテンツになります。文書を復号化するには、認証されたユーザーがキーを使う必要があります。キーは通常、パスワードかデジタル証明書です。


Acrobatのオンラインツールを使って、PDFを保護するパスワードを加えると、ファイルは保護のために暗号化されます。さらに高度なPDF保護が必要な場合は、Adobe Acrobat Pro DCの7日間無料体験をご利用ください。暗号化オプションや証明書付きの暗号を加えたり、編集、印刷、コピーを制限する保護設定を管理することができます。Acrobat Proを使えば、PDFの編集やPDFページの整理ができ、しかも、Microsoft Word文書、PowerPointプレゼンテーション、Excel表計算シートを含むMicrosoft OfficeアプリとPDFをお互いに変換することができます。

どこからでも作業

どこでもその場で作業

comAdobe Acrobatのオンラインサービスなら、どこにいてもPDFを保護、結合、変換でき、署名もできます。

PDFをフル活用

PDFをフル活用

PDFをもっと活用するにはAdobe Acrobat PDF Packのサブスクリプション版をご利用ください。サブスクリプション版には、デスクトップ、モバイル、オンラインで使えるツールセットが含まれます。

高性能PDF変換ツール

アドビならではの高度な変換技術

PDFを開発したアドビが提供する高品質なオンラインツールをご利用ください。ログインしてお手持ちのファイルをさらに活用できます。

パスワードでPDFを保護

パスワードでPDFを保護

Adobe Acrobatのオンラインサービスを使って、PDFを保護するパスワードを加えましょう。PDFを閲覧するには、最初にドキュメントを開くパスワードを入力する必要があります。

不正アクセスを防ぐ

不正アクセスを防ぐ

パスワードで保護されたPDFを作成すれば、ファイルへのアクセスをコントロールできます。Acrobatはパスワードの強度を3段階で教えてくれます。

パスワードセキュリティ

信頼できるパスワードセキュリティ

PDF形式を開発したアドビは、信頼できるセキュリティで文書を保護します。Mac でも Windowsでも、どんなブラウザからも安心してファイルを保護できます。

PDFをパスワード保護

PDFにパスワードを加える方法

PDFにパスワードを加える方法

以下の簡単な手順で、PDFにパスワードを設定できます。

上の「ファイルを選択」ボタンをクリックするか、PDFをドロップ範囲にドラッグ&ドロップします。

パスワードを入力し、さらに確認のため再入力します。

パスワードを設定」をクリックします。

保護したPDFは、ダウンロードすることも、ログインして共有することもできます。

パスワード保護または暗号化

パスワード保護と暗号化の違いは?

パスワード保護と暗号化の違いは?


文書をパスワードで保護した場合、ファイルまたはフォルダーにアクセスするには、正しいパスワードを入力する必要があります。さらに強力な保護方法として暗合化があります。通常の暗合化タイプは128-bit key、または256-bit AESです。文書を暗合化すると、識別不可能な暗合化されたコンテンツになります。文書を復号化するには、認証されたユーザーがキーを使う必要があります。キーは通常、パスワードかデジタル証明書です。


Acrobatのオンラインツールを使って、PDFを保護するパスワードを加えると、ファイルは保護のために暗号化されます。さらに高度なPDF保護が必要な場合は、Adobe Acrobat Pro DCの7日間無料体験をご利用ください。暗号化オプションや証明書付きの暗号を加えたり、編集、印刷、コピーを制限する保護設定を管理することができます。Acrobat Proを使えば、PDFの編集やPDFページの整理ができ、しかも、Microsoft Word文書、PowerPointプレゼンテーション、Excel表計算シートを含むMicrosoft OfficeアプリとPDFをお互いに変換することができます。

強力なパスワードを選ぶ方法

強力なパスワードを選ぶ方法

強力なパスワードを作るには、パスワードを長くし、いろいろな文字(大文字と小文字両方)と数字を入れてください。記号を加えるとさらに強力なパスワードになります。パスワードを作る時は個人情報や、辞書に出ていて簡単に推測されてしまう言葉などは避けましょう。

強力なパスワード