ドキュメントと開発者用リソース

Adobe Experience Platformなら、優れた顧客体験ソリューションを開発および管理できます。アドビの開発者用サイトAdobe I/Oにある開発者用リソースと技術ドキュメントを以下のリンクからご参照ください。

Experience PlatformのオープンかつAPIを基盤としたアーキテクチャについて

Experience Platformのサービスについて詳しく見る

Adobe Experience Platformは、複数のサービスによるマイクロサービスアーキテクチャです。各サービスの内容と機能について詳しく説明します。

サービスを見る(英語)

Experience Platformのサービスについて詳しく見る

Adobe Experience Data Model(XDM)を使用して、顧客体験データを標準化し、顧客体験管理のスキーマを定義します。

ドキュメントを見る(英語)

バッチ収集、ストリーミング収集、コネクターを使用して、データをAdobe Experience Platformに取り込みます。

ドキュメントを見る(英語)

SQLクエリを使用してAdobe Experience Platformからデータを取得します。Adobeソリューションデータ、顧客のファーストパーティデータなどのPlatformデータがこれに該当します。

ドキュメントを見る(英語)

自分のソリューションで、独自の機械学習モデルを作成するか、定義済みの機械学習モデルを使用します。

ドキュメントを見る(英語)

Experience Platformとそのサービスやコンポーネントで使用される用語を確認します。

ドキュメントを見る(英語)

入門チュートリアル

Adobe Experience Platformのチュートリアルを利用して、すばやく使い始めましょう。

さらに詳しく

今すぐ始める

データを統合プロファイルに取り込む各種の方法について説明します。

ドキュメントを見る(英語)

Experience Platformのスキーマエディターを使用して、スキーマを構築し、Schema Registryを操作する方法を説明します。

ドキュメントを見る(英語)

Data Science Workspaceで独自の機械学習モデルを作成します。

ドキュメントを見る(英語)

データカタログでコネクターを作成し、コネクターを開始して、データをサードパーティのシステムから読み込みます。

ドキュメントを見る(英語)

入門チュートリアル

Adobe Experience Platformのチュートリアルを利用して、すばやく使い始めましょう。

チュートリアルを見る(英語)

今すぐ始める

入門チュートリアル

Adobe Experience Platformのチュートリアルを利用して、すばやく使い始めましょう。

さらに詳しく

今すぐ始める

今すぐ始める

Adobe Experience Platformのチュートリアルを利用して、すばやく使い始めましょう。

さらに詳しく

今すぐ始める

Experience PlatformのAPIを活用

Adobe Experience PlatformのAPIエンドポイントについて詳しく説明します。

APIを見る(英語)

Experience PlatformのAPIを活用

Adobe Experience Platformのスキーマライブラリにアクセスします。このレジストリからユーザーインターフェイスとRESTful APIが使用でき、利用可能なすべてのライブラリリソースにアクセスできるようになります。

ドキュメントを見る(英語)

データをAdobe Experience Platformにバッチファイルとして取り込みます。取り込むデータは、CRMシステムのフラットファイル(parquetファイルなど)からのプロファイルデータ、またはExperience Data Model(XDM)レジストリの既知のスキーマに準拠するデータです。

ドキュメントを見る(英語)

データの分類とデータ使用ポリシーの作成のプロセスを簡略化および合理化します。データラベルが適用され、データ使用ポリシーが有効になると、マーケティングのアクションが評価され、データが適正に使用されるようになります。

ドキュメントを見る(英語)

プロファイルの収集、削除、アクセスのためのメカニズムにアクセスします。また、セグメントの作成、プレビュー、推定から、Adobe Experience Platform全体で使用なデータセットへのセグメントオーディエンスのエクスポートに至るまで、プロファイルセグメントの操作に使用するメカニズムにアクセスします。

ドキュメントを見る(英語)

標準のSQLを使用してAdobe Experience Platformのデータをクエリし、様々な使用例に対応できるようにします。Query Serviceはサーバーを使用しないツールで、Experience Data Lakeの任意のデータセットを結合し、クエリの結果を新しいデータセットとして取得します。

ドキュメントを見る(英語)

ユーザーガイドを見る

Adobe Experience Platformのワークフローや使用方法など、エンドユーザー向けの情報をご活用ください。

さらに詳しく

ユーザーガイドを見る

システム全体で集計された顧客データと、システム内で発生したすべてのイベントの使用可能なタイムスタンプ付きアカウントを、総合的に捉えます。

ドキュメントを見る(英語)

複数のソリューションにまたがってひとつのセグメント化ワークフローを使用して、オーディエンスを生成し、顧客体験を強化します。

ドキュメントを見る(英語)

デバイス間や各種のシステム間でIDを関連付け、顧客とその行動の全体像を理解します。

ドキュメントを見る(英語)

ユーザーガイドを見る

Adobe Experience Platformのワークフローや使用方法など、エンドユーザー向けの情報をご活用ください。

ドキュメントを見る(英語)

ユーザーガイドを見る

ユーザーガイドを見る

Adobe Experience Platformのワークフローや使用方法など、エンドユーザー向けの情報をご活用ください。

さらに詳しく

ユーザーガイドを見る

ユーザーガイドを見る

Adobe Experience Platformのワークフローや使用方法など、エンドユーザー向けの情報をご活用ください。

さらに詳しく

ユーザーガイドを見る

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。