写真を動画に無料で変換できます。

Adobe Sparkは、シンプルで直感的なインターフェースで動画編集を簡単にできます。創造性を発揮して動画編集の可能性を追求しましょう。

今すぐ写真を動画に変換

Adobe Sparkで写真を動画に変換しましょう。

カメラロールの画像や写真を使って素敵な動画を作りましょう。スライドショー形式で画像を表示し、動画の最初から最後まで視聴者を魅了することができます。さまざまなレイアウトオプションを試したり、スライドの時間を調整したり、テキストを入れたりすれば個性的な動画に仕上げることができます。

動画に合ったテーマを選ぶ。

動画制作を始める際には、Adobe Sparkのプロが厳選した動画テーマを活用しましょう。テーマにはフォント、トランジション、カラースキームが用意されているので、映像の雰囲気に合ったものを選び、クリップをつなげて魅力的な動画を作成できます。スクロールダウンすれば、Adobe Sparkで動画に画像や写真を追加するためのクイックガイドをご覧いただけます。

写真を動画にする方法。

画像をアップロードする。
「+」ボタンを押して、スライドに追加する写真を選びます。自分の画像をアップロードするか、写真を撮影するか、Adobe Sparkのストックフォトライブラリから選ぶことができます。
タイムラインを完璧にする。
スライドに画像を追加したら、ドラッグ&ドロップでスライドを好きな順番に並べることができます。オープニングやエンディングのクレジットシーン、テキストオーバーレイやキャプションを追加したり、動画コンテンツをアップロードして挿入することもできます。

テーマを決める。

テーマは、スライドの切り替えや、メディアの表示方法、テキストの登場方法などを決めるものです。動画エディターのツールバーでは、テーマやカラーを入れ替えたり、プレビューしたりして、自分の映像に最適なスタイルを選ぶことができます。
タイミングを調整する。
スライドを選択して、タイムスタンプをクリックかタップします。スライドの目盛りを調整して、次のスライドに移るまでの写真の表示時間を選ぶことができます。
動画をカスタマイズする。
タイムラインにテキストや音楽などのコンテンツを追加して、動画に命を吹き込むことができます。編集した内容は、再生ボタンを押してプレビューできます。YouTube、TikTok、Instagram、Twitterなど、あらゆるチャンネルに合わせて動画サイズを変更できます。
保存してダウンロードする。
制作した動画はすぐにダウンロードでき、友達や家族、フォロワーと共有することができます。

お持ちの写真を記憶に残る動画に変えて、共有しましょう。

Adobe Sparkでは、創造性を発揮するために必要なツールをすべて用意しています。写真のスライドショー、情報動画、モンタージュなどで画像を紹介できます。新しいテーマやレイアウトを試すだけの簡単作業で完璧な動画が仕上がります。音楽を加えたり、動画のサイズを変更したりして、どこでもシェアできます。プロ仕様の編集ツールで制作時間を短縮できるので、動画の制作、共有、視聴者とのコミュニケーションにより多くの時間を費やすことができます。

今すぐ写真を動画に変換