アクセシビリティ
アドビ
サインイン プライバシー マイアカウント

Adobe JRun 4

JRun 4 のパッケージ写真

手頃な価格と高い信頼性を誇るサーバーを利用して、J2EE アプリケーションを快速に提供

Adobe® JRun™ なら、J2EE インフラの必要コストを大幅に削減できます。本格的な J2EE 実装を 1 CPU あたりわずか 800,000 円(税別) で実現する JRun 4 は、高い品質を他製品のわずか数分の一のコストで実現します。

最新情報

Adobe JRunの開発方針について

サーバー市場およびお客様からのフィードバックを慎重に検討、分析した結果、アドビでは、高速かつ低価格のJ2EE準拠アプリケーションサーバー、JRunの新機能開発を終了することとなりました。また、JRunの販売についても終了する予定です。FAQを読む ›

最新アップデータ公開

2007年11月7日—Adobe JRun 4 アップデータ 7 により、新しいプラットフォームへのJRun 4のインストール、対応ソフトウェアコンポーネントへのアップグレード、および重大なバグやセキュリティの問題点の改善が可能になります。この最新バージョンのアップデータには、これまでにリリースされた JRun 4アップデータのフィックスがすべて含まれています。

Inside JRun 4

J2EE 完全準拠

J2EE 1.3 に完全準拠することをいち早く認定されたアプリケーションサーバー、JRun 4 は、Adobe の J2EE サポート方針を明確にする製品です。

高性能&高信頼性

高い性能を引き出すために高度にチューニングされた JRun は、アプリケーションサーバー市場の中でも最速の Web コンテナとして高い評価を受けています。

Java 準拠のエンタープライズエディション

JRun 4 = J2EE 1.3 完全準拠


JRun 4 トピック


JRun、2003 年度 Codie Award 受賞*

JRun は 2003 年度の最優秀 Web サービス / エンタープライズアプリケーション統合ソリューションとして SIIA から表彰を受けました。

JRun テクニカルホワイトペーパー*

J2EE デベロッパーにとって重要な情報を用意しています。


Sun Microsystems とのライセンス契約を更新*

2003 年 7 月、Macromedia では、Sun Microsystems 社との間の J2EE ライセンス契約を更新しました。

JRun 4、J2EE に完全準拠

JRun 4 は、J2EE (Java 2 Enterprise Edition) 1.3 との完全な互換性を備えた製品です。

世界の先進企業における JRun 導入状況*

JRun は、世界中の 10,000 社以上で実際に導入されています。


JRun 最新事例

 

JRun/Java
デベロッパーセンター*

 

サポート&トレーニング

 

ダウンロード

 

エンドユーザーライセンス

 

関連製品

ColdFusion

J2EE のスクリプティングレイヤーとして高い生産性を誇る ColdFusion を追加

Dreamweaver

Web アプリケーションを構築するための最適ツール

Flash Professional

Flash と JRun を利用してリッチインターネットアプリケーションを開発