AR(拡張現実)想像と現実の融合

QRコードをスキャンして無料のモバイルアプリを入手

Adobe Aeroでは、堅牢でイマーシブなストーリー性の高いモバイルAR体験をかつてないほど直観的に構築、表示し、共有できます。iOSで利用可能、デスクトップ用にはmacOSとWindowsのパブリックベータ版が利用可能です。

AR(拡張現実)が現実世界とデジタルの世界をつなげる

好みの空間や場所で、空間認識機能のあるインタラクティブ体験を作りましょう。

コーディングは不要、必要なのは想像力です。

フィルターを超えて、思わず引き込まれるインタラクティブARストーリーを作成しましょう

深くイマーシブなリッチでインタラクティブなAR体験の可能性を探ります。

ARで即座にビジョンを視覚化

ARの初心者でも熟練者でも、Aeroは直観的に使用でき、共有も簡単です。バーチャル展示から生命力を感じるポスターまで、業界や用途を問わず幅広い体験を構築できます。

どこでもAero、どこでもAR

今は誰でもプロジェクトを見ることができ、アプリのダウンロードは必要ありません。スマートデバイスでARを起動するためのQRコードを共有するだけで、簡単に作品を配信できます。

Aeroで博物館の展示が動きだす

国連が推奨するこの国立博物館の体験など、Aeroが受賞歴のあるARをどのように実現しているかをご覧ください。

Aeroで博物館の展示が動きだす

国連が推奨するこの国立博物館の体験など、Aeroが受賞歴のあるARをどのように実現しているかをご覧ください。

Aeroシステムを使って作成し、モバイルARでインタラクティブな体験

AeroシステムはCreative Cloudで接続されているため、macOSやWindowsのデスクトップアプリで作品を作成すると共に、iOSデバイスで作品をテストし、インタラクティブな体験ができます。Photoshop、Illustrator、Substanceはもちろん、サードパーティ製アプリからもシームレスに素材を読み込むことができます。

現実をカスタマイズ

AeroはいつでもARオーサリング機能を使えます。3D、2D、オーディオ素材を組み合わせて、マルチメディア体験を構築しましょう。

インタラクティブ機能を簡単に追加

アセットの動作を起動する開始、接触、近接などのトリガーを追加します。次に、AR体験をリアルに演出するアニメーション、回転、バウンスといった関連動作を割り当てます。

アニメーションの経路を設定

アニメーションをデザインし、モバイルデバイスで空間にパスを描くことで、オブジェクトの行き先を指示します。

PSDファイルの新たな活用法

PSDレイヤーをAeroに読み込み、クリエイティブに奥行きを与えて配置することで、アートワークの新しい表現方法が生まれます。

短い空間オーディオを追加

オーディオアセット(WAVおよびMP3)を読み込んで管理および操作し、近接度によって音を生じさせることで、没入感を高めます。

Adobe Aeroによる作品例

Luke Choiceが教えるARパワー - 1/2

Behind the ARt:Mat Voyce

Michael Fugosoが教えるイラストに命を吹き込む方法 - 1/2

Behind the ARt:Alice Yuan Zhang

Adobe Aeroは、デザイナーや開発者がインタラクティブでイマーシブな体験を簡単にデザイン、共同作業、および現実世界に公開できるよう構築された、AR(拡張現実)の作成と表示のためのオールインワンプラットフォームです。

Aeroについて詳しくは、「Adobe Aero」を参照してください。

Adobe Aeroは無料ですが、ご利用にはログインが必要です。

はい、モバイルデバイスで見ることができるAR体験を作ることができます。

はい、Adobe Aeroは無料です。ただし、ご利用にはログインが必要です。

はい、Aeroモバイル版(iOS)とAeroデスクトップ版があり、主な機能は同等です。Aeroモバイル版(iOS)では、フロントカメラによるコンテクストビューが加わるため、AR内ARの作成ができます。

ほとんどのデスクトップハードウェアはフロントカメラが付属していないため、Aeroデスクトップ版にはAR内ARのリアルタイム表示機能はありません。しかし、Aeroデスクトップ版はシーン内のオブジェクトの配置や複雑なシーケンスのインタラクションをより柔軟にコントロールできます。また、デスクトップ環境では、他のデスクトップアプリで準備したコンテンツに直接アクセスできます。

視聴者用アプリのインストールは不要です。現行iOSデバイスを使う場合は、あらかじめアプリをインストールしなくても、Aeroアプリクリップでコンテンツを表示できます。

サポートされている方法でアプリクリップを起動した視聴者は、画面上にアプリクリップカードが表示され、Aeroアプリクリップ体験を開くことができます。

お手持ちの写真、レイヤー化されたファイル、オーディオ、その他2Dコンテンツや3Dコンテンツを読み込むことができます。Aeroでは、読み込まれたPSD、JPEG、OBJ、GLB、FBX(デスクトップ)GIF、PNGシーケンス、WAV、MP3ファイルの素材がARに最適化されます。Adobe PhotoshopIllustratorStagerから素材を読み込むこともできます。

Aeroで作成したAR体験は、以下の方法で関係者や視聴者と共有できます。

  • クイックリンク(QRコードを含む)
  • REAL
  • 画像またはビデオ

他の人と共同作業でAR体験を編集する方法について詳しくは、Adobe Aeroの「AR作品の共有と共同作業」を参照してください。

Creative Cloudロゴ

すべての人に「つくる力」を

写真、ビデオ、グラフィックデザイン、イラストなど、あらゆる創造力に応えるツールが揃っています。