すべての機能
 

コンテンツ作成を加速


強力な64ビットアーキテクチャ  
強力な64ビットアーキテクチャ
まったく新しい64ビットアーキテクチャにより、パフォーマンスが大幅に向上します。メモリ管理の向上とメモリ容量の増加により、大規模で複雑なXML文書および非XML文書を簡単に操作できます。PDFやResponsive HTML5のパブリッシュ速度が最大65%向上します。
ファイルのパフォーマンスが向上  
ファイルのパフォーマンスが最大65%向上します。
パフォーマンスが向上したため、ファイルを開いてPDFやResponsive HTML5にパブリッシュする時間を大幅に節約できます。
インタラクティブなリアルタイム進行状況バー  
インタラクティブなリアルタイム進行状況バー
ブックの更新やPDF生成などのタスクの状況を把握できるようになりました。あらゆる段階でわかりやすい進行状況が表示され、様々な情報を確認できます。
強化された画像処理  
強化された画像処理
何百もの画像を同じ文書に高速かつ簡単に読み込んで作業できます。
高画質画像  
高画質画像
アドビの最新画像テクノロジを駆使した高度な処理により、あらゆる文書のJPEG画像やSVG画像をより美しく仕上げることができます。
新しい画像の透明度のサポート  
新しい画像の透明度のサポート
画像の透明度サポートを利用して、テキストと写真、または写真と写真をブレンドし、鮮やかで美しい文書をパブリッシュできます。
 
カラーアイコンのサポート  
カラーアイコンのサポート
ワークスペースをカスタマイズしましょう。明るくカラフルなUIとモノクロUIのどちらかを選択できます。
すぐに利用できるSharePoint 2016のサポート  
すぐに利用できるSharePoint 2016のサポート
Microsoft SharePoint OnlineまたはSharePoint 2016 CMSにすぐに接続できます。
開始画面へのクイックアクセス  
ようこそ画面へのクイックアクセス
ワークスペースのドロップダウンメニューから新しいタブとしてようこそ画面を開き、テンプレートやプラグインへのアクセスや、カスタマイズの実行を簡単に行えます。
洗練されたパワフルな開始画面  
洗練されたパワフルなようこそ画面
お気に入りとマークされたテンプレートおよびプロジェクトにようこそ画面から直接アクセスして時間を節約できます。
新しいDuden辞書のサポート  
新しいDuden辞書のサポート
信頼されているドイツ語の辞書「Duden」をすぐに利用できます。これを利用してスペルとハイフネーションをより正確にすることができます。
インタラクティブなHTML5ダイアログのプラグイン

インタラクティブなHTML5ダイアログのプラグイン
HTML5、CSS3、JavaScriptを使用してインタラクティブなプラグインダイアログボックスを作成することにより、カスタマーエクスペリエンスを向上できます。
まったく新しいプラットフォーム  
まったく新しいプラットフォーム
未来を先取りした最先端のエクスペリエンスを体感してください。あらゆる最新技術がサポートされています。アドビのライブラリを含め各種ライブラリが更新されたため、業界をリードする他のアドビ製品と同等のエクスペリエンスが提供されます。
Windowsベースの新しいファイルを開くダイアログ  
Windowsベースの新しいファイルを開くダイアログ
Windowsベースの新しいファイルを開くダイアログによって簡単にファイルにアクセスできます。いつでも従来のダイアログボックスに戻すことができます。
ワンクリック画像サイズ変更  
ワンクリック画像サイズ変更
画像またはフレームを右クリックするだけで、画像をフレームに合わせるか、フレームを画像に合わせることができます。
WebP画像のサポート

WebP画像のサポート
Googleの新しいWebP画像フォーマットを活用できます。ファイルサイズが(JPEGまたはPNGと比較して)小さいため、高品質なビジュアルを使用してもすばやく読み込むことができます。
より速くより軽いセットアップ

より速くより軽いセットアップ
新しい無駄のないインストーラーによって、時間とディスク容量を大幅に節約できます。
高解像度表示のサポート  
高解像度表示のサポート
最大4Kまで表示可能なHDディスプレイで作業できます。FrameMakerインターフェイスはシステムの解像度に合わせて自動的に調整を行います。
FrameMakerおよびAdobe Experience Manager間のシームレスな統合  
FrameMakerおよびAdobe Experience Manager間のシームレスな統合
Experience Managerのリポジトリ検索、コメントのリアルタイムのレビュー、ファイルのチェックイン/チェックアウトの環境設定をFrameMaker内から実行できます。
双方向の言語サポート  
双方向の言語サポート
右から左(RTL)に表記される言語(アラビア語、ヘブライ語、ペルシャ語)をサポートします。コンテンツは同一段落、同一文書、同一ブック内で、右から左(RTL)にも、左から右(LTR)にも表記できます。
ミニ目次

ミニ目次
自動的に更新されるミニ目次は、長い文書を読みやすくするほか、移動を容易にします。
Microsoft Wordファイルのスムーズな読み込み  
Microsoft Wordファイルのスムーズな読み込み
Word文書(Word 2016、RTF 1.9を含む)をFrameMakerに読み込む際にスタイルをマッピングしたり、自動的に新しいスタイルを作成したりできます。複数のWord文書にわたって設定を構成して再利用できます。
 

PDFからResponsive HTML5へ。パブリッシングを加速しましょう。


PDFのより詳細な制御  
PDFのより詳細な制御
マークやブリードなどのPDF出力設定を、複数の文書やプロジェクトにわたってより詳細に制御できます。
WYSIWYGカラー出力  
WYSIWYGカラー出力
画像などの要素を文書で使用する際、予測可能かつ一貫したカラー出力を実現できます。
パスワードで保護されたPDF  
パスワードで保護されたPDF
パブリッシュ中に直接PDFにパスワードを設定することにより、不正アクセスを防止します。
まったく新しいPDFエンジン  
まったく新しいPDFエンジン
PDFのメーカーであるアドビが開発した新しいPDFエンジンを使用すると、PDFのパブリッシュ速度が最大65%向上します。
すぐに使用できるマルチチャネル、マルチデバイスパブリッシング  
すぐに使用できるマルチチャネル、マルチデバイスパブリッシング
Responsive HTML5、EPUB、Kindle、PDF、CHM、Adobe Experience Manager Mobileとしてパブリッシュ可能です。コンテンツ中心のモバイルアプリをワンクリックで作成しましょう。
PDF出力用にDITAテンプレートをカスタマイズ  
PDF出力用にDITAテンプレートをカスタマイズ
公開ポッドから簡単にDITAテンプレートを適用し、ditafm出力コントロールにアクセスできます。テンプレートをSTS(設定)ファイルの一部として保存し、簡単に読み込みおよび書き出しできます。
コンテンツアクセシビリティが向上  
コンテンツアクセシビリティが向上
508条などのアクセシビリティ基準を満たして、HTML5やPDFとしてパブリッシュするコンテンツに、すべての人々がアクセスできるようにしましょう。
次世代のResponsive HTML5レイアウト  
次世代のResponsive HTML5レイアウト
クラス最高の検索機能とナビゲーションを提供するフレームレスなResponsive HTML5レイアウトで、パーソナル化したコンテンツを配信しましょう。用語集、目次など、ウィジェットは表示と非表示を切り替えることができます。
Adobe Experience Managerへのパブリッシュ  
Adobe Experience Managerへのパブリッシュ
Adobe Experience Manager用のXML Documentation を使用することで、DITAコンテンツをAdobe Experience Manager Sitesに簡単にパブリッシュできます。
検索オートコンプリート  
検索オートコンプリート
かつてないほど高性能なオートコンプリート機能によって、入力時に自動候補が表示されます。

 

これまで以上に簡単にXML/DITAの使用を開始できます


XMLファイル処理の高速化  
XMLファイル処理の高速化
ファイルを開いて解析する新しいエンジンにより、DITAマップ/ファイルをすばやく開いたり、パッケージ化したりできます。
EDDを容易に作成  
EDDを容易に作成
使いやすい高機能なHTMLユーザーインターフェイスを使用してEDDを生成します。DITAの制約を指定することもできます。デフォルトのRNGをDITA 1.3用にカスタマイズできます。
一層スムーズなDITAのオーサリング

一層スムーズなDITAのオーサリング

より直感的なワークスペースにより、XML/DITAのオーサリングが容易になりました。改良された構造ビューで生産性を向上しましょう。WYSIWYGビューでトピックパスを参照し、構造ビューでコンテンツの前後に挿入、貼り付けまたは削除ができます。
DITA OT 3.0のサポート  
DITA OT 3.0のサポート
すぐに使用できるDITA OT 3.0のサポートを活用して、PDF、HTML、Microsoft HTML Help(CHM)、Java Helpなど、各種フォーマットのコンテンツをシームレスにパブリッシュできます。無料のOASIS DITA-OTプラグインを使用して、パブリッシング中にDITAVALベースのフィルター処理を実行できます。
XSLT 3.0のサポート

XSLT 3.0のサポート

事前定義されたXSLTやカスタマイズしたXSLTをXMLファイルに適用し、様々な変換シナリオを作成して、JAXP対応プロセッサーで変換を実行します。変換範囲(特定のファイル、フォルダー内の全ファイル、DITAマップ、ブックのすべての子など)を指定できます。 XSLT 3.0のサポートは、Adobe FrameMaker(2019 release)にバンドルされているSaxon Enterprise Edition 9.8.3によって提供されます。
強化されたパッケージャー  
強化されたパッケージャー
新しい解析エンジンを使用して、よりスマートかつ高速に作業しましょう。プロジェクトを同僚、各分野の専門家(SME)、翻訳者と簡単に共有できます。文書、ブックまたはDITAマップの独立したパッケージを作成し、リファレンスファイル、画像および構成をすべて含めることができます。
スマートペースト
 
スマートペースト
スマートペーストで、コンテンツを構造化フォーマットにすばやく変換できます。Microsoft Word、Microsoft Excel、HTML Webページなど、複数のソースから、段落、表、リストを含め、様々なコンテンツを簡単に取り込むことができます。
注:この機能はDITA用に含まれていますが、他のXMLスキームに対して利用することもできます。
XMLオーサリングの簡素化

 

XMLオーサリングの簡素化
各分野の専門家および一般的なユーザーは、XMLの複雑さに考慮する必要なく有効なXMLを作成できます。簡素化されたユーザーインターフェイスや、フォームのように簡単に記入できるオーサリング機能により、作業を迅速に行えます。Quick Elementツールバーを使用してオブジェクトを簡単に挿入できます。または、Wordページ、HTMLページ、DITA 1.3文書など、他のソースからオブジェクトを読み込むことができます。
DITAの総合サポート

 

DITAの総合サポート
DITA、DocBookなどの標準DTDやカスタムDTDを使用して、XMLコンテンツの作成や検証が簡単に行えます。XMLソースのDTDを読み込むか指定して、DTDと照らし合わせて検証します。

 

 

ご意見をお寄せください