工業用印刷 - Marquee
Mark Lewiecki

ウェビナー


デジタルインクジェットアプリケーションのための
高性能なエンドツーエンドPDFワークフローのデプロイメントを加速

ウェビナーをご覧ください。アドビの強力なPDFとGIS Atlas Serverを最大限に活用し、制作者の意図に沿ってあらゆるデザインを忠実に再現する方法を紹介しています。 

産業用印刷 - テクノロジー、イノベーション、そして未来

産業用印刷とは

印刷業界には数百年の歴史がありますが、「産業用印刷」は比較的新しい分野です。これはどういうことでしょうか。産業用印刷とは、製造プロセスの中で製品に印刷することです。印刷は大きな付加価値をもたらしますが、製品固有の価値に貢献するものです。比較として、この定義では、各種のページ印刷(チラシ、出版物、本、小冊子、フォーム、顧客向け文書など)や多くの商用印刷(パンフレット、写真、看板、ブループリント、セキュリティなど)を除きます。これらは、「インクオンペーパー」製品として知られており、通常、市販のプリンターやオフセット印刷機で制作されています。産業用印刷ジョブでは、リソグラフィー方式が使用されることがあります。例えば、厚手のカード用紙にデザインを印刷し、それを折りたたみ式の段ボール箱にして、その中に実際の製品を詰めます。しかし、多くの産業用印刷の分野では、費用のかかる紙以外の表面に印刷することがあります。これまで、フレキソ印刷、ロータリースクリーン印刷、グラビア印刷、パッド印刷などの技術を主に使用してきました。この10年間で、デジタルインクジェット技術が産業用印刷分野で大きく躍進し、これまでのビジネスを大きく変革し、製品メーカーに新しい領域をもたらしました。

産業用印刷ジョブの例

販促物

販促物

ボトルラベル

ボトルラベル

フィルム包装

フィルム包装

蓋とキャップ

蓋とキャップ

壁紙とフローリング

壁紙とフローリング

パーツ

パーツ

ラベル

ラベル

折りたたみ式カートン

折りたたみ式カートン

装飾用、衣料用布地

装飾用、衣料用布地

配送箱

配送箱

セラミックタイル

セラミックタイル

チームユニフォーム

チームユニフォーム

工業用印刷 -左画像

アドビによる産業用印刷の変革についてお読みください

工業用印刷 -右画像
工業デザイン

工業デザイン

ほかの形態のグラフィック複製と同様、産業用印刷でもコンテンツが最も重要です。機能面(シリアル番号の追加など)や装飾面(アートワークなど)、またはその両方の組み合わせであるかどうかにかかわらず、デザインを慎重に制作し意図した視覚的効果を創出する必要があります。グラフィックアーティストは通常、Adobe Photoshop CCまたはAdobe Illustrator CCを使用して産業印刷ジョブを作成します。これらのアプリケーションでは、物理的な製品や計画した印刷プロセス(使用可能なインクなど)の制約の中で作業して、可能な限り最高のデザインを構築する機能、精度、汎用性を備えているからです。ワークフローの重要ポイントで、デザイナーはAdobe PDFファイルを生成し、他の関係者とジョブを共有することができます。Adobe Acrobat DCを使用することで、すべての関係者が協力して合意形成を行い、最終的にデザインを承認した上で制作に着手することができます。

Adobe PDF Print Engine

印刷前の最後の重要なプロセスはジョブのRIP処理です。ラスター画像処理(RIP)では、テキスト、画像、グラフィックをピクセルマップに変換しインクで印刷される場所に正確に配置されます。このピクセルマップで製品のどの部分にインクを印刷するかを正確に指定します。 PDF Print Engineが圧倒的なパワーを発揮しています。工業用印刷に変革をもたらし、成長を加速させ、Adobe PDF Print Engineは、今日世界中のあらゆる産業分野の印刷ワークフローで利用されるRIPソフトウェアです。特に非接触式の産業用インクジェット印刷では、Adobe PDF Print Engineが圧倒的なパワーを発揮しており産業用印刷を変革し、新しい製品カテゴリに応用されています。産業用印刷のワークフローでAdobe PDF Print Engineを利用することで、一貫性と予測可能性を確実に保証できるようになります。Adobe PDF Print Engineは、Photoshop、Illustrator、Acrobatに組み込まれているアドビのコアテクノロジーを使用しており、すべてのステージにおいて信頼性を確保するための鍵となります。

 

 

Adobe PDF Print Engine

Adobe PDF Print Engine

広色域レンダリングの制御、自動化、最適化

RGB
Adobe PDF Print Engine – インクジェットワークフローをサポート

Adobe PDF Print Engine インクジェットワークフローをサポート

2010年にアドビはPDF Print Engineバージョン2.0を発売しました。バージョン2.0は、バージョン1.0の成功の上にデジタル印刷機の出力を最適化する一連の新機能を追加し、品質と性能の水準を引き上げました。アドビはデジタルプロダクション印刷におけるマーケットリーダーとなり、各種インクジェット印刷(静電、ナノグラフィックなどの印刷機も含む)を制御するプリプレスワークフローを強化してきました。以来、インクジェットテクノロジーは急速に進化を遂げ、より高解像度のインクヘッドアレイ、より高い精度、可変サイズの液滴、シングルパス操作、最新のインクタイプ、より高速な噴射を実現してきました。これらの開発により、様々な製造現場で最新の実装が可能になりました。PDF Print Engineの後続のバージョンは、これらのハードウェアイノベーションの可能性を活用して、最先端の画像処理技術を提供し、産業用製品に導入されるようになりました。

コミュニティに参加

Facebook
Twitter
LinkedIn
YouTube

お問い合わせについては、industrialprint@adobe.comまで電子メールをお送りください