最終更新日:2017年8月7日
 
この アドビプライバシーポリシーでは、 アドビのWebサイトおよびアプリケーション(Typekitを含む)の一般的なプライバシー基準について説明します。Typekitの詳しいプライバシー関連情報は次のとおりです。
Typekitは、お客様にフォントライブラリへのアクセスを提供するサービスです。
 
TypekitはCookieをどのように利用するのですか?
アドビは、TypekitのWebサイト( www.typekit.com)を提供するにあたり、当社のプライバシーポリシーに従って Cookieを使用します。
Typekitサービスを提供する場合、当社のフォントを提供するために、WebサイトでCookieを設定または使用することはありません。
 
Typekitサービスではどのような情報を収集するのですか?
アドビでは、Typekitサービスを提供するため、お客様のWebサイトに提供されているフォントについて情報を収集する場合があります。その情報は、請求および遵守の目的に使用され、以下が含まれることがあります。
  • 提供されるフォント
  • キットID
  • キットのJavaScriptバージョン(文字列)
  • キットのタイプ(文字列「configurable」または「dynamic」)
  • アカウントID(キットの提供元である顧客を特定します)
  • フォントを提供しているサービス(Typekit、Edge Web Fontsなど)
  • フォントをリクエストしているアプリケーション(Adobe Museなど)
  • フォントを提供しているサーバー(Typekitサーバー、Enterprise CDNなど)
  • フォントを読み込んでいるページのホスト名
  • Webブラウザーでフォントのダウンロードにかかる時間
  • Webブラウザーでフォントをダウンロードしてから、そのフォントが適用されるまでにかかる時間
  • 広告ブロッカーがインストールされているかどうか(広告ブロッカーの存在が正確なページビュー追跡に影響を与えるかどうかを確認するため)
アドビは収集された情報を何に使用するのですか?
アドビはTypekitフォントを使用している第三者のWebサイトから受け取った情報を使用して、Typekitサービスを提供します。また、このような情報は、配信やダウンロードに関する問題の診断やフォント制作ベンダーへの支払いにも使用されます。
 
Typekitで個人情報は共有されますか?
アドビでは、フォント制作ベンダーと提携し、Typekitサービスを通してお客様にフォントを提供します。また、これらのベンダーは、Typekitサービスを使用してTypekit Marketplaceでフォントを販売する場合があります。この場合、アドビでは、お客様がTypekit Marketplaceで取得したフォントに対して有効なライセンスを所有していることをフォント制作ベンダーが確認できるよう、お客様の連絡先情報や使用許可フォントの購入概要といった情報をフォント制作ベンダーに提供します。