双方向のテクニカルコンテンツのオーサリング、モバイルデバイスへのパブリッシングを容易に実現

Adobe FrameMaker (2015 release)は、双方向のテクニカルコンテンツに適した総合ソリューションです。複数のチャネル、モバイルデバイス、フォーマットにネイティブでパブリッシュでき、クラス最高のXML/DITAサポートでオーサリングできます。専門家とシームレスに連携し、主要CMSとの統合を利用してコンテンツを管理できます。

Adobe FrameMaker
DITAベースのコンテンツの作成と配布を行うため、コンポーネントコンテンツ管理用エンドツーエンドソリューションをお求めですか? さらに詳しく ›

FrameMaker (2015 release)を最大限にご活用ください

WordからFrameMakerへの変換に関する基礎
Wordを変換してFrameMakerの強力な機能を活用する方法は想像以上に簡単です。
FrameMakerの概要
オーサリングとパブリッシングをすばやくスマートに実行する強力なFrameMakerの概要をご確認ください。
構造化FrameMakerの概要
XML/DITAオーサリングのパワーをご覧ください。FrameMakerの構造化オーサリングについてご理解いただけます。
FrameMakerのXML/DITAオーサリング
FrameMakerの構造化オーサリング環境やさまざまなビューを探索してください。

現場で活躍するFrameMaker

コンテンツを、アラビア語やヘブライ語およびペルシャ語など右から左へ表記する(RTL)言語に翻訳することにより、グローバルな市場で活用できます。RTL言語でのオーサリングやパブリッシュも可能です。また、同一の段落、文書、ブック、DITAマップの中に、双方向のコンテンツを混合して含めることもできます。
FrameMakerからモバイルアプリなどのさまざまなチャネルやフォーマットにネイティブでパブリッシュできます。
新しいコンテンツフィルターで適合コンテンツをよりスピーディに提供し、新しいHTML5レイアウトによって充実した使用感をもたらします。EPUBファイルにカスタムフォントを埋め込んだり、HTML5出力のSVGグラフィックなどのWebHelpスキンをカスタマイズしたりできます。
DITA 1.3によるDITAコンテンツのオーサリングに対応しました。強化された構造表示、インラインMathML式、EDDのカスタマイズ時間の短縮により、作業効率がアップします。各分野の専門家(SME)は、XMLを知らなくても、単純化されたフォームのようなXML環境で作業できます。
Microsoft Wordファイルをよりスムーズに取り込めます。さらにその機能を内蔵のパッケージャーと効果的に連携できます。表を使ってさらに多くのことが行えます。ミニ目次、様々なタイプのコンテンツに適用されたコンディションを一目で識別できるインジケーター、ブックレベルでのコンディショナルテキストの適用、さらには強化されたUIによって、作業の生産性が高まります。

 

業界のプロたちがFrameMakerの最新リリースを楽しみにしている理由をご覧ください。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

「作成しているほとんどのマニュアルは、Adobe FrameMakerだけで事足ります。かつて、アラビア語やペルシア語、タイ語のような複雑なスクリプトの言語では、InDesign MEでレイアウトやブックの構成をやり直さなければなりませんでした。Adobe FrameMakerの新リリースでRTL(右から左)言語がサポートされるようになったことで、今ではすべての言語バージョンをたった1つのアプリケーションだけで作成できるようになりました。これほど便利なものはありません」
—Bernd Meissner氏(Meissner Dokuteam社、社長)

 

 

「Adobe FrameMakerの新しいスローガンは「It pays for itself!(価格に見合った価値を!)」です。組織内でのテクニカルコミュニケーションの改善や、コストと労力の削減に役立ちます。FrameMakerはこのどちらの領域にも大きな前進をもたらします。アドビはレスポンシブHTML5の出力をすでに大幅に機能拡張しており、このソフトウェア単体でiOSアプリもAndroidアプリも直接作成できます。FrameMakerの新リリースでは、RTL言語がサポートされるようになったため、ローカライゼーションのコストを削減できます。FrameMakerをMicrosoft Wordのインポート機能と組み合わせて使用することで、まったく新しい市場に参入できます」
—Matt Sullivan氏(個人登録のアドビ認定インストラクター)

 

 

「Adobe FrameMakerにはいくつかの新機能が追加され、EPUB 3、MSHelp、WebHelp、Kindleなどの形式での出力が可能となりました。単体での対応範囲がもっとも広く、機能が豊富で、ミッションクリティカルであることから、FrameMakerのコンポジションエンジンは競合製品をはるかにしのぎ、グローバル企業の自動パブリッシングシステム用オーサリングツールとしての確固たる地位を築いています」
—Rick Davies氏(Datazone社、製品開発戦略部門副部長)

 

 

すべてのレビューを読む ›

 

お客様がFrameMakerを活用して競争優位を実現した事例をご覧ください。
 

エネルギーの管理と自動化の世界的なスペシャリストである同社では、効率的で拡張性と柔軟性に優れたテクニカルドキュメンテーションワークフローを、Adobe FrameMakerを使用して作成しています。

グローバルな楽器の製造メーカーは、Adobe FrameMakerと翻訳メモリツールを使用して、生産性の向上とコストの削減に成功しています。

アドビのソリューションは、最新鋭旅客機ボーイング787の迅速かつ正確なマニュアル管理に活用されています。

テクノロジー業界のリーディング企業では、Adobe Technical Communication Suiteツールキットを使用して、質の高い学習教材を効率的に作成しています。
すべてのユーザー事例を見る >

機能性抜群のツール、卓越したサポート

「Adobe FrameMakerカスタマーサポートチームに感謝しています。専門知識により、私の問題をピンポイントで解決してくれたのです」
—Johnny Hayes氏(Electrolux社、テクニカルライター)
「Adobe FrameMakerカスタマーサポートは親しみやすく知識も豊富です。毎回サポートのレベルとすばやさに驚いています。 今まで受けた中で最高のサポートだと自信を持って言えます。 驚きました」
—Navin Mathew氏(Symphony Teleca Corp.、シニアテクニカルライター)
「Adobe FrameMakerカスタマーサポートに電話をしましたが、問題をすぐに処理してくれました。 サポートチームに簡単に問合せでき、しかも対応が早くて非常に感動しました」
—Gary Richardson氏(Intel社、ファブリックテクニカルパブリケーショングループ、シニアテクニカルライター)
アドビテクニカルコミュニケーションカスタマーサポートに問い合わせる ›

DITAをサポートする主要な業界団体メンバー

CIDM
CIDM
OASIS
OASIS
DITAXML.ORG
DITAXML.ORG
Learning DITA
LearningDITA

Douwriteright
DOUWRITERIGHT.com
プロ品質の結果を得るためには、プロ品質のツールが必要です。#Douwriteright
authorxml
AUTHORXML.com
XMLへの移行に関するあらゆる質問に回答します。
パートナーポータル

パートナーポータル

特定のニーズに基づいてパートナーを簡単に検索して調べることができます。
Webセミナー

Webセミナー

当社専門スタッフがツールの最適な使用方法を実演します。無料Webセミナーにぜひご参加ください。