モバイル、Web、デスクトップ、印刷用の多言語テクニカルコンテンツを簡単に作成、パブリッシュ

Adobe FrameMaker
DITA World 2017

 

 

Adobe FrameMakerとは?

 

Adobe FrameMaker (2017 release)は、モバイル、Web、デスクトップ、印刷向けに複数言語のテクニカルコンテンツを作成、パブリッシュできる業界標準ツールです。同一文書内で非構造化および構造化コンテンツを簡単に作成できます。高度なXML/DITA機能を使用すれば、よりすばやくスマートに作成できます。Responsive HTML5、モバイルアプリ、PDF、EPUBなどの各種形式でパブリッシュしましょう。
 

Adobe FrameMaker(2017 release)を最大限にご活用ください

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

Adobe FrameMaker(2017 release)の紹介
作成からレビューおよびパブリッシングまで、コンテンツのライフサイクル全体を通してワークフローをどのように強化できるかをご確認ください。
WordからAdobe FrameMaker(2017 release)へ簡単に移行
WordからAdobe FrameMakerへの移行で直面する文書に関する多くの問題を簡単に解決
構造化FrameMaker(2017 release)に慣れる
非構造化オーサリングから、よりパワフルな構造化オーサリングに移行します。
FrameMaker(2017 release)でのXML/DITAオーサリングを体験
パワフルなオーサリング環境と様々なビューを活用して、DITAコンテンツを簡単に作成できます。

 

最新リリースに関する専門家の意見をご覧ください。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

最先端のブランドがRoboHelpで成功を収めています。

Dieter Gust氏
「Adobe FrameMaker(2017 release)は、XMLテクノロジーまたは従来のDTPテクノロジーに基づく、あらゆる言語でのあらゆるデバイスを対象とした編集およびパブリッシングのすべての主だったニーズにまとめて応える、市場に出回っている唯一のソリューションです。
—Dieter Gust氏、ITL社、監査役員兼R&D部長
Bernard Aschwanden氏
「Adobe FrameMaker(2017 release)は、HTML5としてのDITA配信を根本から変えます。動的コンテンツフィルターを使用することで、私はコンテンツを複数の製品に配信し、お客様に見たいものを選んでいただけます...」
—Bernard Aschwanden氏、Publishing Smarter社、創設者兼社長

 

弊社のソリューションによってお客様がどのように競争力を強化しているかご覧ください。

Schneider
さまざまな形式を使用したパブリッシングを加速
ANA
マニュアル編集を 80% 効率化
IBM
コースコンテンツの開発時間を 20% 短縮

DITAをサポートする主要な業界団体メンバー

CIDM
CIDM
OASIS
OASIS
DITAXML.ORG
DITAXML.ORG
Learning DITA
LearningDITA

ご意見をお寄せください