入力可能なPDF フォームを作成する方法

テキストファイル、画像、紙の文書を入力可能なPDF 文書に変換する方法を学びましょう。

テーブルの前に座ってノートパソコンで入力可能なPDFフォームを作成する人

各種フォームをより機能的な文書にする

 

個人情報をフォームに入力するのに抵抗を感じない人はいないと思いますが、特に中小企業にとって、そのようなフォームから得られるお客様の情報は非常に大切です。事務的な処理は紙ベースではなく、編集可能な入力欄、ドロップダウンのメニュー、チェックボックスなど便利な機能を備えたPDFファイルで行いましょう。

 

 

入力可能なPDF フォームのメリット

 

他の従業員や顧客が離れた場所にいる場合、入力可能なPDF ファイルは業務の効率を大幅に向上させます。紙の契約書や文書に取って代わる入力可能なフォームを一旦作成すれば、どこにいても即時に入力や署名を行うことができます。

     

入力後のフォームをデジタルで保存することで、データを一つの場所に安全に保存しつつ、フォームを必要とする人が利用できるようになり、またメールでも簡単に共有できます。フォームは、Mac とWindowsでPDFを開けば、カスタマイズすることができます。また編集ツールを使えば、テキスト欄のドラッグ・アンド・ドロップ、フォントや書式の変更、そしてテンプレートの急な交換も対応できます。

ノートパソコンで入力可能なPDFフォームを作成しているグラフィック

Adobe Acrobat では、入力可能なPDFフォームを最初から作成する、またはMicrosoft Word文書をPDF ファイルに変換する、またはスマートフォンの画像やスキャンした紙の文書をアップロードすることもできます。Acrobat では光学文字認識(OCR)を使って、テキストをすばやく抽出し、それを編集・検索が可能なPDF に変換することができます。この方法を使えば、紙の文書を入力可能なPDF フォームに簡単に変換することができ、また継続使用のためPDF の編集をカスタマイズすることもできます。

 

 

Acrobat でPDF フォームを作成する方法

 

Adobe Acrobat で独自のフォームを簡単に作成できます。

 

1.

 

「ツール」をクリックし、「フォームの作成」を選びます。「新規作成」を選び、「スタート」をクリックします


2.

 

PDF を保存します。次にツールバーにある「テキストの追加」をクリックし、任意の情報をフォームに追加します。

     

3.

 

ロゴや画像をフォームに追加するには、「画像の追加」ツールを選び、画像を選択して「OK」をクリックし、任意の場所に配置します。

 

4.

 

既存のテキストボックスや画像を変更するには、ツールバーの「編集」をクリックします。

        

5.

 

入力可能なフォームの項目を追加するには、ツールバーから任意のフィールドのタイプを選択するか、フォーム上で右クリックして「フォームのフィールド」ツールを選択します

     

6.


カーソルで任意の場所をクリックして選択した項目を配置します。次に項目の詳細を設定します。

         

7.


終了したら、フォームを保存します。

 

 

入力可能なPDFフォームを保存、送信する

 

フォームが完了したら、組織内のサーバーやメールを使ってAcrobat から直接受信者に送信できます。メールでフォームを送信するには、右下のコーナーにある「配信」をクリックし、送信方法として「Eメール」 を選択し、セミコロンで区切られた受信者のメールアドレスを入力します。

     

既存のフォームを、同じ文書用のテンプレートとして利用するには、元のファイルを開き、「名前を付けて保存」を選びます。新しいファイルには変更した名前をつけ、次回、入力可能なフォームとして使用できるよう必要な変更を行います。

携帯電話で入力可能なPD F文書を作成しているグラフィック

入力可能なPDFを既存のPDF文書から作成する

 

現在使用している文書を入力可能にしたい場合にも、Acrobat が役に立ちます。

1.

 

「ツール」タブをクリックし、「フォームの作成」を選びます。

     

2.

 

Word 文書、Excel シートなどのファイル、または紙文書のスキャンを選びます。Acrobat が自動的に文書を分析し、フォームフィールドを追加します。

     

3.

 

必要に応じて、新しいフォームフィールドとフィールド名を加えます。

 

4.

 

最上部のツールバーを使い、右ウィンドウに表示されたツールでレイアウトを調整します。

        

5.

 

入力可能なPDF文書を保存します。

 

 

CSUフラートン校が入力可能なフォームで時間を節約し、森林を保護した方法

 

学校生活をよりシンプルにしたいと考えたカリフォルニア州立大学フラートン校の事務局が最初に考え出したのが、Adobe AcrobatとAdobe Signを利用して、事務手続きを簡素化することでした。以前は、学生が授業を途中で辞める、または専攻を変更する場合など、紙のフォームに署名を得るために校内を歩いて回るしかありませんでした。こうした中、CSUフラートン校がAcrobat を使って紙の事務処理を電子化してから、学生は必要なフォームをオンラインで検索し入力できるようになりました。PDFフォームの作成者によって作成を許可された署名欄のある文書は、事務処理担当のスタッフに送信されます。その文書が確認、承認されて大学の記録として保存されます。

     

この方法によって、それまで1週間以上かかっていた紙による事務処理が数時間で完了するようになり、大学側も紙の消費をおよそ50%も削減できたと述べています。

     

作成文書が、簡単なボランティアへの申請書であろうと、複雑な患者を受け入れるためのフォームであろうと、Adobe Acrobat では業務の効率化を図ることのできる双方向性のあるフォームを作成するのに必要な、ツールと機能をすべて揃えています。

     

Adobe Acrobat が業務効率化にどのように役立つのか見てみましょう。

その他のおすすめ

ノートパソコンを使いながら電話を耳と肩で支えている人

レンタルとリースの契約書の作成方法

レンタルとリースの契約の作成、電子署名、追跡と管理の方法を学びます。

他人の横に座ってタブレットを見ている人

雇用契約を締結する

会社と従業員が正式な雇用関係を結ぶ前に、両者が雇用に関して理解している内容を整えるための雇用契約に記載すべき内容を見ていきましょう。

デスクでコンピューターを使っている人

自分の電子署名が UETA(統一電子トランザクション法)に遵守しているか確認します。

電子フォームと電子署名に適用される法律をよく調べ、自分のデジタル書類がこうした法律に遵守しているか確認します。

電話で話しながら、テーブルでノートパソコンを使っている人

コラボレーションツールを使って人のつながりを維持する

優れたコラボレーションツールと、組織がスムーズに共同作業をするのに必要な条件を見ていきましょう。

エンド・ツー・エンドのデジタル処理を行っていますか。

プロセスのどの段階であっても、Adobe Document Cloud を利用すれば、次の段階へスムーズに進むことができます。