#111

【無料】MacでPDFをパスワード保護する簡単な方法

#EBEBEB

社内の重要事項や機密情報を含んだ資料など、関係者以外には見られたくない情報をPDFファイルで共有する場面はしばしばあります。

このような場合に、PDFファイルにパスワードをかけておくと、万が一ファイルが第三者の手に渡った場合でもパスワードを知っている人しか閲覧できないので安心です。

そこでこの記事では、無料の「Adobe Acrobat オンラインツール」の「PDFを保護」を使って、PDFにパスワードをかける方法を紹介します。

必要な手順は、PDFファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

主にMacでの使い方を解説しますが、Windowsでも同じ手順で作業可能です。

また、 記事の後半では「Acrobat Pro」を使ってパスワードを解除および設定を変更する方法もご紹介します。

Macでパスワードを設定する方法

Adobe Acrobat オンラインツール」は、PDFの編集やファイル形式の変換などが直感的にできる無料のオンラインツールです。

PDFファイルをドラッグ&ドロップし、設定したいパスワードを入力するだけでカンタンにパスワードを設定できます。

なお、アップロードされた情報は暗号化され、データはサーバーから削除されるので、安全です。

(ログインした場合は、アップロード、変換したファイルは暗号化してAdobe クラウドストレージに自動で保存され、いつでも削除できます)

セキュリティに関する取り組みについて詳しくはこちらもご参考ください。

それではここから、 Acrobat オンラインツールを使ってMacでパスワードを設定する手順を解説します。

動画でも手順を解説しているので、お好きな方法でご確認ください。

【手順1】パスワードを設定したいPDFファイルをアップロードする

Acrobat オンラインツールの「PDFを保護」にアクセスします。

次に、以下のいずれかの方法で、パスワードを設定したいPDFファイルをアップロードしてください。

●画面中央の「ファイルを選択」をクリックしPCに保存されているファイルを選択する

●ボタン付近のエリアにファイルをドラッグ&ドロップする

【手順2】設定したいパスワードを入力する

ファイルのアップロードが完了したら、パスワードの設定画面が開きます。

「パスワードを設定」「パスワードを確認してください」の2つの欄に、設定したいパスワードを【半角英数字記号】かつ【6~32文字】で入力してください。

入力が完了したら、右下の「パスワードを設定」をクリックします。

なお、最初の設定ではパスワードが黒い丸で表示されますが、目のアイコンをクリックするとパスワードの文字列を確認できるようになります。

【手順3】パスワードをかけたファイルをダウンロードする

パスワード設定が完了すると、PDFファイルのダウンロード画面が開きます。

左上の「ダウンロード」のボタンをクリックして、パスワードを設定したファイルをダウンロードしてください。

パスワード設定したファイルをダウンロードする

これでパスワード設定は完了です。

実際にパスワード保護をしたPDFファイルをブラウザで開くと、パスワードがかかっていることがわかります。

パスワード保護したPDFファイルをブラウザで開いて確認する

なお、Acrobat オンラインツールは、ネット環境があれば、MacやWindowsなどのOSやPCやスマホといったデバイスを問わずに使えます。

Mac以外のOSやデバイスをご使用の場合にも、ぜひ活用してみてください。

安全なパスワードを作成するポイント

たとえPDFファイルにパスワードをかけていても、脆弱なパスワードをかけては意味がありません。

パスワードを考える際には、総務省が「安全なパスワードの作成条件」として挙げている以下の5項目を意識して作ってみてください。

1.名前などの個人情報からは推測できないこと

2.英単語などをそのまま使用していないこと

3.アルファベットと数字が混在していること

4.適切な長さの文字列であること

5.類推しやすい並び方やその安易な組合せにしないこと

(引用:安全なパスワード管理|社員・職員全般の情報セキュリティ対策|企業・組織の対策|国民のための情報セキュリティサイト

Acrobat オンラインツールでは、設定したパスワードの強度が可視化されます。

なるべく「強」の強度が表示されるように、安全なパスワードを設定してみてください。

ここまで、Acrobat オンラインツールでパスワードを設定する方法を解説しました。

なお、一般的に、PDFファイルにかけられるパスワードには以下の2種類があります。

1.PDFファイルの閲覧を制限するためのパスワード

2.文書の印刷やパスワード設定を制限するためのパスワード

無料の Acrobat オンラインツールで設定できるのは【1】のみですが、有償の「Acrobat Pro」を使えば【1】と【2】の両方を設定できます。

また、設定したパスワードの解除も可能です。

続いて、それらの方法をご紹介します。

Macでパスワードを解除・変更する方法

ここまでお伝えした通り、PDFファイルにパスワードをかけたいときは、無料のAcrobat オンラインツールを使うのがオススメです。

一方、パスワードの解除や変更をするには「Acrobat Pro」を使う必要があります。

「Acrobat Pro」について詳しく見る

「Acrobat Pro」は、PDFを開発したアドビが提供する、PDF編集に関するさまざまな機能を備えた有償ツールです。

PDF編集に関する30以上の機能を無制限で使えるため、普段からPDFファイルでのやり取りが多い方にオススメです。

(Creative Cloudのコンプリートプランを契約している方は、Acrobat Proを追加料金なしで使えます)

ここからは、Acrobat Proを使って、以下の作業を行う手順を解説します。

1. PDFのパスワードを解除する

2. PDFのパスワードの設定を変更する

Acrobat Proは7日間無料で体験できるので、契約していない方は、以下のページからぜひお試しください。

Acrobat Proを無料で試してみる

また、作業はデスクトップアプリで行うため、事前に以下のページからご自身のMacのOSのバージョンにあわせて、Acrobat Proのアプリをインストールしてください。

Macのデスクトップアプリをインストールする

なお、OSのバージョンは画面左上にあるAppleメニュー(リンゴの形のアイコン)から「このMacについて」をクリックすると確認できます。

1.PDFのパスワードを解除する方法

【手順1】パスワードを入力し、PDFファイルをAcrobat Proのデスクトップアプリで開く

【手順2】画面右側の盾のアイコンをクリックし、画面上部にメニューを表示する

【手順3】「この文書からセキュリテイ設定を削除」をクリックし、表示されるポップアップで「OK」をクリックする

セキュリティ設定を削除しパスワードを解除する

2.PDFのパスワードの設定を変更する方法

Acrobat Proを使うと、一度PDFファイルに設定したパスワードを変更できます。

また、PDFファイルを開くためのパスワードだけでなく、印刷や編集をする際にパスワードを要求するなど、細かく設定することが可能です。

【手順1】パスワードを入力し、Acrobat ProのデスクトップアプリでPDFファイルを開く

【手順2】画面右側の盾のアイコンをクリックし、画面上部にメニューを表示する

【手順3】「詳細オプション」→「1.パスワードによる暗号化」の順にクリックする

【手順4】「新しいセキュリティ設定の運用」というポップアップが表示されたら「はい」をクリックする

パスワードの設定を変更する
【手順5】続けて表示されるポップアップで、目的にあわせてパスワードを入力し、「OK」をクリックして保存する
目的にあわせてパスワードの設定を変更する

●PDFファイルを開く際のパスワードの設定

すでに設定したパスワードを変更したい場合は、「文書を開くときにパスワードが必要」のチェックボックスにチェックを入れ、新しいパスワードを入力してください。

●PDFファイルの印刷や編集に関するパスワードの設定

PDFの印刷や編集について、詳細な設定が可能です。

「文書の印刷および編集を制限」のチェックボックスにチェックを入れ、「印刷を許可」あるいは「変更を許可」の項目を、目的に合わせて変更します。

【印刷を許可】

以下の3段階で設定可能です。

1. 許可しない

印刷ができないようにします。

2. 低解像度(150dpi)

PDFファイル内に含まれる画像を低解像度でのみ印刷可能とします。

3. 高解像度

PDFファイルの元の解像度で印刷可能とします。

Acrobat Proでは、ここまでお伝えした機能以外にも、PDFの編集に関するさまざまな機能を無制限で使えます。

PDFファイルを扱う機会が多い方は、ぜひお試しください。

Acrobat Proを無料で試してみる

ここまで、有償の「Acrobat Pro」でできるパスワードの解除・変更方法について紹介しました。

もちろん、無償のAcrobat オンラインツールでも、パスワード設定のほかにPDFへのコメント追加やページの削除、並び替えといった様々な機能が備わっています。

最後に、それらの機能もご紹介します。

PDFファイルを安全に編集できる「Adobe Acrobat オンラインツール」

Adobe Acrobat オンラインツールでは、PDFに関わる20以上の機能を使えます。

以下で、いざというときに役に立つ便利な機能を紹介します。

いずれもAcrobat オンラインツールにファイルをドラッグ&ドロップし、案内に従って操作するだけでカンタンに作業できます。

PDFをWordに変換する

PDFファイルの内容を大幅に編集したい、または現在のPDFファイルの内容をもとに新たに資料を作りたいときなどに役立ちます。ExcelPowerPointJPGへの変換も可能です。

PDFのページを抽出する

特定のページのみをPDFファイルとして保存したいときや、ファイルを軽量化したいときに役立ちます。一部のページのみを削除したいときは「PDFのページを削除」が便利です。

PDFのページを回転する

PDFページの向きを変えて保存したいときに便利です。

PDFを圧縮する

PDFを軽量化できる機能で、目的に応じて圧縮のレベルを3段階から選べます。ファイルを圧縮することで、メールのファイル添付容量の上限を気にせずに送れます。

その他の機能については、以下の記事で詳しく解説しています。

はじめてのAdobe Acrobat オンラインツール完全ガイド(概略版)

ちなみに、Google Chromeのブラウザをお使いの場合は、Google Chrome拡張機能を追加すると、ワンクリックでAcrobAcrobat オンラインツールを立ち上げられて便利です。

PDFを扱う機会が多い方は、以下のリンクから拡張機能を追加できるので、ぜひお試しください。

Acrobat オンラインツールのGoogle Chrome拡張機能を使ってみる

Adobe Acrobat オンラインツールは、Acrobat StandardやAcrobat Pro、Creative Cloudのコンプリートプランを契約している方なら、無制限で利用できます。

内容の編集からセキュリティ保護まで、あらゆるPDFの編集にぜひAdobe Acrobat オンラインツールをお役立てください。

(執筆:ウェブライダー)

linear-gradient(135deg, rgba(255,90,60,1) 0%, rgba(206,24,12,1) 100%)

https://milo.adobe.com/libs/img/mnemonics/svg/acrobat-pro-64.svg

ぜひAdobe Acrobatオンラインツールをお試しください

無料で始める

https://main--cc--adobecom.hlx.page/jp/fragments/seo/product-blade/acrobat

https://main--dc--adobecom.hlx.page/dc-shared/fragments/shared-fragments/frictionless/verb-footer/verb-footer-add-pdf-page-numbers