レスポンシブ対応のeラーニング
学習および能力開発分野の大手企業リーダーのうち92%は、2018年以降の計画にモバイル学習戦略を組み込んでいます。プロフェッショナルなレベルでのモバイル採用がかつてないほど拡大しているため、いまやeラーニング作成者にとってレスポンシブデザインを採り入れることは不可欠な時代です。2019リリースのAdobe Captivateでは、拡張されたFluid Boxes 2.0を使用して、完全にレスポンシブなeラーニングコースをデザインできるようになりました。従来のデスクトップ専用コースを、わずか数クリックで、完全レスポンシブ対応のeラーニングコンテンツに変換できます。
Fluid Boxes 2.0

ホワイトスペースを最適な形で使用できるインテリジェントコンテナが、高度なeラーニングデザインを可能にします。Fluid Boxに配置したオブジェクトは自動的に整列されるため、デバイスまたはブラウザを問わず、受講者は常に完全レスポンシブな体験を得ることができます。レスポンシブ対応テーマで定義済みのボックスを使用するか、または独自に作成することも可能です。Adobe Captivate 2019リリースでは、Fluid Boxの生産性が向上しました。直感的なUIによって、Fluid Boxの制御やカスタマイズ、親子関係の表示、ワンクリックでのオブジェクトの均等な配付、静的なFluid Boxでの整合プロパティの定義などを設定できます。
使用方法を見る

モバイル対応への自動移行
特許申請中の技術を活用して、デスクトップのみに対応していた従来のコースを、レスポンシブなモジュールに変換しましょう。既存のAdobe Captivateプロジェクトを取り込んで、レスポンシブプロジェクトとして保存します。プロジェクトの再起動時に、合理的にグループ化されたオブジェクトの周囲にFluid Boxが自動的に表示されます。表示されたFluid Boxは承認またはカスタマイズできます。
自動デバイスプレビュー
再生ボタンを押すと、コンテンツのシェイプや要素が自動的にどのように変化するかをあらゆるデバイスサイズで確認できます。すべての画面サイズでコンテンツがどの程度反応するかを全体的に把握できます。

*「Adobe & Forrester Thought Leadership Paper on Mobile Learning in 2017 & Beyond」