Media Encoder - 確実なレンダリング

多様なフォーマットのインジェスト、トランスコード、プロキシ生成が可能です。この高機能ツールを使用すれば、様々なアプリ間で一貫性のあるメディア処理ができます。Adobe Premiere Pro、After Effects、その他のアプリとの緊密な連携により、シームレスなワークフローを実現します。
Adobe Media Encoder

新機能

2019年4月

  • デコードエラーフレームを隣接する良いフレームのコピーと自動的に置換
  • Sony Venice V3カメラフォーマットのサポート
  • REDカメラ素材のLUT適用機能
  • H.264とHEVC素材のデコードパフォーマンス強化
  • macOSでのMetalによるREDカメラ素材のデコードパフォーマンス強化
  • キャプション書き出しオプションの追加

 

2018年12月

  • WindowsでのProRes書き出しのサポート
  • ProRes用の新しい書き出しプリセット
  • iOSデバイスで記録したHEIFファイルをmacOSとWindowsマシンに読み込み
  • Canon Cinema RAW Light(Windows)のデコード高速化
  • ProRes HDR素材読み込みのサポート(Rec2020およびPQ/HLGカラー情報を含む)

2018年10月

  • ディスプレイカラー管理のサポート
  • ARRI Alexa LFカメラフォーマットのサポート
  • Sony Venice v2カメラフォーマットのサポート
  • Google VR180フォーマットのサポート
  • macOSでのHEIF(HEIC)静止画フォーマットのサポート
  • macOSでのハードウェア高速処理のサポート拡張

2018年6月

  • 8K H.264の書き出しをサポート
  • XAVC QFHD Long GOP 4:2:2フォーマットの書き出し
  • Windows 10(第7世代以降Intel® Core™プロセッサー、Intel Graphics対応)でのハードウェアアクセラレーションによるHEVCエンコーディング
  • REDカメラ、RAW/X-OCNカメラフォーマットのデコードの強化

 

2017年4月

  • Windows 10(第6世代以降Intel® Core™プロセッサー、Intel Graphics対応)でのハードウェアアクセラレーションによるH.264エンコーディング
  • Mac OS 10.13システム(サポート対象ハードウェア搭載)でのハードウェアアクセラレーションによるH.264およびHEVCエンコーディング
  • Canon C200カメラフォーマットの読み込みサポート
  • Sony Veniceカメラフォーマットの読み込みサポート
  • REDカメラの画像処理パイプライン[IPP2]のサポート
  • 280文字に拡張された新Twitterアカウントへの直接出力

今日から始めるMedia Encoder

アドビとラーニングパートナーのエキスパートが提供するビデオチュートリアルをご覧ください。何百ものAdobe Creative Cloudチュートリアルコレクションからお選びいただけます。主要なスキルを学び、新機能をチェックし、さらに高度な技術も磨けます。
Creative Cloudチュートリアル