日本語 (Japanese) 

 

アドビのフォントは、Typekitから同期してデスクトップアプリケーションで使用したり、Web上でも利用できます。アドビのフォントのデスクトップ用永続ライセンスも、アドビの新しいパートナーであるFontspringから入手可能です(英語サイトです。)また、Fonts.comからも一部をご購入いただけます。Font FolioはAdobe.comからご購入いただけます。
 
アドビのオリジナルタイプフェースとデザインプログラムについて詳しくは、Adobe.comのフォントセクションをご覧ください。下記のQ&Aで取り上げられていないご質問がある場合は、type-questions@adobe.comまでお問い合わせください。
 

アドビのオープンソースフォントは、どこで入手できますか?


Source SansSource CodeSource Serifは、Typekitから同期してデスクトップアプリケーションで使用したり、またWeb上でも利用できます。Source Han Sans(源の角ゴシック)も同様です。これらフォントのすべてのソースファイルは、GitHubから入手できます。
 

どうすればFontspringでアドビの日本語フォントを入手できますか?


アドビの日本語フォントは、Fontspringでローマ字を使って検索してください(例: Heisei, Kazuraki, Kozuka, Ryo, Kazuraki)。また、以下のリンクから直接アクセスして入手できます。
 

 

必要なフォントがFontspringで見つかりません。ここ以外にどこを探せばよいですか?


必要なフォントが見つからない場合は、フォント制作メーカーのWebサイトを確認することをお勧めします。フォントの制作メーカーやデザイナーがわからない場合は、Web検索で情報を探してみてください