企業クラスのDITA CCMS

 

 

カスタマージャーニーのすべてのタッチポイントに一貫したコンテンツを作成


マーケティングコンテンツと技術コンテンツ向けの単一プラットフォーム
マーケティングコンテンツと技術コンテンツ向けの単一プラットフォーム
Experience ManagerでDITAコンテンツとマーケティングコンテンツを一緒に作成、管理、配信することにより、購入前後で一貫したカスタマーエクスペリエンスを提供できます。統一されたコンテンツ戦略により、Webサイト全体でコンテンツの一貫性を維持できます。
かつてない「混合コンテンツ」公開機能
かつてない「混合コンテンツ」公開機能
DITAコンテンツを既存のExperience ManagerのWebページに挿入することにより、技術コンテンツとマーケティング コンテンツをシームレスに組み合わせることが可能になりました。
Marketing Cloudとの連携
Marketing Cloudとの連携
技術文書ページにAdobe Marketing Cloudの機能を適用し、高度な分析を行って、パーソナル化された魅力的なコンテンツを配信できます。例えば、ユーザーが最も利用している技術情報の種類に基づいて、よりパーソナル化したマーケティングコンテンツをユーザーに配信できます。

 

魅力的なコンテンツを簡単に配信


Experience ManagerにDITAコンテンツを直接公開
Experience ManagerにDITAコンテンツを直接公開
DITAコンテンツを動的に更新したページとしてExperience Managerに公開できるため、コンテンツの作業効率を向上できます。よりインタラクティブでパーソナル化されたエクスペリエンスをエンドユーザーに配信できるため、ユーザーの満足度を向上できます。
クラス最高のマルチチャネル公開機能
クラス最高のマルチチャネル公開機能
Experience Manager Sites、Responsive HTML5、モバイルアプリ、PDF、EPUB、Kindleなど、各種ツールを使用して簡単に公開できるため、さまざまなデバイスからコンテンツにアクセスできます。出力をカスタマイズし、より関連性のあるコンテンツを配信できます。
企業クラスの公開機能
企業クラスの公開機能
一括公開するか公開をスケジュール設定することにより、大容量のコンテンツの管理や、頻繁な公開ニーズへの対応が容易になります。基本的な公開機能を使用すると、さまざまな製品バージョンのドキュメントを管理できます。

 

作業チームによるシームレスな共同作業を実現


使いやすいWebベースのDITAエディター
使いやすいWebベースのDITAエディター
ユーザーフレンドリーなWebベースのDITAエディターを使用して、場所を問わずコンテンツを作成できます。さまざまなオーサリングモードを選択、使用することにより、領域の専門家および初心者はXMLプログラミングのスキルがなくてもDITAコンテンツを簡単に作成できます。DITA 1.3、1.2、Lightweight DITA、およびその他の特殊化に関するサポートを受けることができます。
強力なプロジェクトとワークフロー管理
強力なプロジェクトとワークフロー管理
プロジェクト、ワークフロー、タスクを使用してチームメンバーと共同作業できます。プロジェクトを使用すると、進行状況を追跡したり、チームメンバーに別の役割を割り当てたりできます。完全にカスタマイズ可能なワークフローを使用してタスクの削除を自動化し、ビジネスプロセスを適切に完了できます。
シームレスなWebベースのレビュー
シームレスなWebベースのレビュー
作業チームは複数の作成者やレビューアを投入してすばやく簡単にレビュープロセスを実行できます。ドキュメントに加えられた変更を追跡し、編集を承認、拒否できます。デジタルアセット、インラインレビュー、コメントには注釈を付けることができます。FrameMakerを使用する作成者とWebエディターを使用するレビューアは、レビューをスムーズに行うことができます。

Adobe FrameMakerとのネイティブ統合
Adobe FrameMakerとのネイティブ統合
Adobe FrameMakerとより緊密に統合されたため、すばやく効率的にコンテンツを作成できます。FrameMaker内からバージョンコントロール、検索、レビューの各機能にアクセスできます。

 

市場をリードするコンテンツ管理機能の活用


業界をリードする翻訳管理機能とローカライズサポート
業界をリードする翻訳管理機能とローカライズサポート
翻訳ワークフローを自動化する組み込みコネクターを使用して、主要な翻訳ベンダーとの統合をスムーズに行えます。すぐに利用できる詳細なダッシュボードを最大限に活用し、時間とコストを削減して、未翻訳および非同期のコンテンツを特定できます。
高度なコンテンツ管理
高度なコンテンツ管理
分岐などの高度なバージョンコントロール機能を使用して、ドキュメントの複数のバージョンを簡単にプレビュー、比較できます。自動リンク管理機能を使用してコンテンツを移動、名前変更、翻訳する際、前方参照と後方参照は両方維持されます。
包括的な検索およびタグ管理
包括的な検索およびタグ管理
高度なタグ管理機能を使用して独自のタグライブラリを構築し、エンドユーザーにパーソナル化されたコンテンツを提供できます。ファセット検索機能を使用して関連コンテンツをすばやく見つけることができます。
高度なデジタルアセット管理
高度なデジタルアセット管理
すべてのデジタルアセットを同じリポジトリから管理できます。Adobe Creative Cloudを使用して接続すれば、ファイルを共有、同期できます。分析を使用すると、各種アセットがどのように利用されているかを確認できます。アセットリポジトリをローカルドライブにマップすると、デスクトップアプリを使用してオーサリングを容易に行えます。
コンテンツの正常性および準備状態に関する詳細なレポート
コンテンツの正常性および準備状態に関する詳細なレポート
壊れているリンクや参照、およびすべてのトピックのレビューステータスが一覧表示される詳細なレポートに簡単にアクセスし、コンテンツの正常性を監視できます。レポートを使用して包括的なサニティチェックを実行し、公開の準備状態を確認できます。
FrameMakerドキュメントおよびブックのサポート
FrameMakerドキュメントおよびブックのサポート
構造化されていないFrameMakerとDITAコンテンツを、同じCMSを使用して管理することにより、移行プロセス時のメンテナンスコストを削減できます。バージョン管理、翻訳、およびFrameMakerドキュメントの出力生成向けのサポートを利用できます。
APIを使用した容易な統合
APIを使用した容易な統合
REST APIを使用してカスタマイズソリューションを構築し、オフラインのDITAエディターや既存のコンテンツリポジトリと統合できます。