セーターを着た犬、原色、満面の笑顔のAdobe Firefly画像
Adobe Fireflyロゴ

Adobe Firefly

イメージをカタチにする最新かつ最高のテクノロジー

生成AIとシンプルなテキスト入力を使用して、美しい画像、テキスト効果、鮮やかなカラーパレットなど、最高品質の作品を制作できます。参照画像を使ってまったく新しいコンテンツを作成して、創作の可能性を手軽に広げていきましょう。

ぜひお試しください

100を超える言語に対応したシンプルなテキスト入力で、画像の生成、オブジェクトの追加や削除、テキストの変形などをおこなうことができます。

Fireflyのすべての機能をご覧ください。

下向き矢印

下のモジュールから選択して、画像の生成、オブジェクトの追加または削除などを開始しましょう。

テキストによる具体的な指示で画像を生成します。

生成塗りつぶし

ブラシを使ってオブジェクトの削除や新しいオブジェクトの描画ができます。

テキスト自体にスタイルやテクスチャを加えます。

生成再配色

ベクターアートワークのカラーバリエーションを生成します。

3Dから画像生成

3D要素のインタラクティブな配置から画像を生成します。

Project Stardust

画像内のどこにでもオブジェクトを移動できます。

 

生成AIのビジネスへの活用法を紹介します。Fireflyエンタープライズ版の概要をご覧ください。

最適なFireflyプランをお選びください

Firefly、Adobe Photoshop、Illustratorなどで生成クレジットを使用してAI技術を活用した機能をフルに活用しましょう。気軽に始められる無料プランと機能充実のプレミアムプランをご用意しています。生成クレジットは、その他様々なAdobe Creative Cloudのプランにも含まれています。

無料

毎月25の生成クレジットを利用できます。

0円/月

無料でご利用いただけます。

プレミアムプラン

毎月100の生成クレジット、Adobe Fonts無料プランを利用でき、Fireflyによって生成された画像に透かしが入りません。

  

月ごとに課金され、お客様は、いつでもサブスクリプションをキャンセルすることができます。

生成AIへのアドビのアプローチ

クリエイターファースト

アドビでは、クリエイター中心のアプローチで、生成AIの責任ある開発に努めています。そして制作面だけでなく実用面においても、クリエイターにとって有益であることを重視しています。Fireflyの進化に伴い、制作プロセスを支援・改善するテクノロジーを構築するために、常にクリエイティブコミュニティと緊密に協力していきます。

制作プロセスの強化

Fireflyのビジョンは、誰もが自分の自然な創造性を存分に表現できるようにすることです。Fireflyは独立した製品でありながら、各アドビ製品に機能として組み込まれることで、制作ニーズや用途、ワークフローに合わせて様々な生成AIツールを提供します。

クリエイターにとって、実用面でも有益であること

Fireflyは、学習にAdobe Stock画像、オープンライセンスのコンテンツ、一般コンテンツを使用し、安全に商用利用できるよう設計されています。また、クリエイターが生成AIの恩恵を受けられるよう、自身のコンテンツがFireflyモデルのトレーニングに使用されたAdobe Stockコントリビューター向けに、報酬モデルを構築しています。

社会的責任の業界標準を確立

アドビでは、生成AIにおける説明責任、社会的責任、透明性の実現に向けて、コンテンツ認証イニシアチブ(CAI)およびCoalition for Content Provenance and Authenticity(C2PA)といった活動に取り組んでいます。また、使用、公開、保存される場所に関わらず、常にコンテンツに関連付けられるコンテンツ認証タグ「Do Not Train」の汎用を目指しています。

次世代のFireflyで
クリエイティビティをレベルアップ

クリエイターのために開発された次世代のFireflyモデルで、未来への一歩を踏み出しましょう。Firefly webアプリでの検索、作成、再利用がよりスピーディかつ簡単になりました。安全に商用利用できるように設計されたモデルによって作られた最高品質の作品を、自信を持って制作できます。

Fireflyで生成された、花で覆われた女性の頭の画像

Fireflyが各アプリの機能に

Firefly生成AI搭載のツールを使用すれば、あっという間にアイデアがカタチに。ほんの数語を入力するだけで、新しいグラフィックの作成、思いのままの配色、画像の塗りつぶしや拡張、魅力的なテキスト効果の作成が実現します。

Photoshopの「生成塗りつぶし」と「生成拡張」

簡単なテキスト入力で、画像のコンテンツを追加または削除します。画像の境界線をクリック&ドラッグし、拡張されたキャンバスを調和するコンテンツでシームレスに塗りつぶします。Adobe FireflyのAI技術を活用しています。

Illustratorの「テキストからベクター生成」

簡単な説明と、Fireflyの技術を活用した「テキストからベクター生成」機能を使用して、カスタマイズ可能でスケーラブルなベクターグラフィックを生成できます。ブランドアセットやソーシャルグラフィックなどで利用するアイコンやパターンを作成しましょう。

Adobe Expressの「生成塗りつぶし」と「テキストからテンプレート生成」

SNS投稿やビデオ、PDFなどに対応するこのオールインワンのコンテンツ制作アプリを使えば、「生成塗りつぶし」機能で画像の一部を追加、削除、置換できます。さらに、「テキストからテンプレート生成」を使用すれば、入力したプロンプトからテンプレートを生成できます。

よくある質問

Adobe Fireflyは、firefly.adobe.comで利用できるスタンドアロンの生成AI webアプリです。生成AIを使用して、アイデア、創造、コミュニケーションの新しい方法を提供し、クリエイティブなワークフローを大きく改善します。アドビは、Firefly webアプリに加え、より幅広いクリエイティブ生成AIモデル群のFireflyファミリー、さらに主力アプリとAdobe StockのFirefly機能も提供しています。

Fireflyは、「誰もが自分のアイデアをイメージ通りに表現できるべきだ」という信念のもと、アドビが過去40年以上にわたって開発してきたテクノロジーの一環として生まれたものです。

生成AIは人工知能(AI)の一種で、テキストや入力情報からすばらしいコンテンツを作り出すことができるテクノロジーです。これまで生成AIについては、AI画像や画像生成が主に取り上げられてきましたが、このテクノロジーは、テキスト入力から静止画像を生成するだけにとどまらず、さらに多くの用途に活用できます。ほんの数語と適切な生成AIさえあれば、誰でもビデオや文書、デジタルエクスペリエンス、さらにリッチ画像やアートまで作成することができます。また、画像生成AIは「クリエイティブな素材」の作成にも活用でき、ブラシやベクター、テクスチャを作成してコンテンツのデザイン要素として使用できます。

安全な商用利用を可能にするための取り組みの一環として、初期の営利目的のFireflyモデルのトレーニングには、Adobe Stockなどの使用許諾を受けたコンテンツおよび著作権の切れた一般コンテンツが使用されています。また、アドビは、Content Authenticity Initiative(コンテンツ認証イニシアチブ、CAI)の共同創設者として、生成AIの責任ある使用のために業界標準の確立に取り組んでいます。CAIは、コンテンツの信頼性と来歴に関するオープンな業界標準の採用促進に取り組むメディア企業、テクノロジー企業、NGO、研究者などで構成されるコミュニティです。

この取り組みは、Coalition for Content Provenance and Authenticity(C2PA)と共同で進めています。C2PAは、生成AIが使用されたことを作成者が示せるようコンテンツ認証情報を追加する機能など、出版社、クリエイター、消費者が様々なメディアの出所を把握できるようにするオープンな技術標準を開発しました。コンテンツ認証情報の詳細を参照してください。

Fireflyのような生成AIを活用すると、ユーザーは今までにない新たな方法で想像力の赴くままにアイデアを形にすることができ、クリエイティビティを存分に発揮できます。アドビのFireflyは、テキストベースの画像生成にとどまらず、それ以上の機能の提供を目指しているという点で他の生成AIとは異なります。FireflyはCreative Cloudに組み込まれ、アドビのお馴染みのツールを補完する形でその機能を発揮する予定です。静止画像からビデオ、3D、さらにブラシ、ベクター、テクスチャなどの「クリエイティブな素材」まで、幅広いメディアをテキスト入力によって編集および生成できるようになります。

Fireflyのビジョンは、クリエイターが普段話す言葉とその他の入力情報を使って、様々な制作作業を簡単におこなえるようにすることです。デザインのバリエーション作成、写真の不要物の除去、イラストへの要素の追加、ビデオの雰囲気の変更、3Dオブジェクトへのテクスチャの追加、デジタルエクスペリエンスの作成など、多くの用途が期待されており、こうして作成したコンテンツは、Fireflyとその他のCreative Cloudツールを組み合わせてシームレスにカスタマイズおよび編集できるようになる予定です。

生成AIテクノロジーの一種である画像生成AIは、他のAI同様、機械学習モデルと大規模なデータセットを使って、求められる結果を生成します。生成AIを活用すると、普段話す言葉とその他の入力情報を使って、誰でも画像やビデオ、文書、デジタルエクスペリエンスなどを作成することができます。Adobe FireflyはCreative Cloudに組み込まれ、求める結果をすばやく生成するツールと生成したコンテンツを自分のイメージに合わせてカスタマイズするツールの両方を提供する予定です。

今後、Adobe FireflyをCreative Cloudアプリに追加する予定です。現在Firefly機能が導入されているのは、PhotoshopIllustratorAdobe Express、およびAdobe Stockです。

スタンドアロンのFirefly webアプリ(firefly.adobe.com)には無料プランとプレミアムプランがあります。普段の言葉で文章を入力すれば、生成AIがプロ顔負けのビジュアルを生成するため、デザインスキルのレベルを問わず誰でも創造性を発揮できます。 詳細を確認するか、Fireflyプレミアムプランをご契約ください

Creative Cloud、Adobe Express、Firefly、またはAdobe Stockのサブスクリプションには、Fireflyを利用したコンテンツ作成機能にアクセスできる毎月の生成クレジットが含まれています。生成クレジットの詳細をご確認ください

Fireflyは100を超える言語でのテキスト入力に対応し、また、Firefly webサイトは日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、韓国語、イタリア語、デンマーク語、オランダ語、ノルウェー語、スウェーデン語、フィンランド語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)をはじめとする20以上の言語にローカライズされているため、生成AIの機能を利用できるユーザーは世界中に広がりつつあります。

現在、アドビでは、Microsoft Translatorによる各言語から英語への機械翻訳を使用することで、100以上の言語によるプロンプトをサポートしています。言語によってニュアンスは異なるため、翻訳されたプロンプトにもとづく生成が一部不正確であったり、予期しない結果となったりする可能性があります。当社は問題の特定と解決に懸命に取り組んでいます。不正確な翻訳結果を報告するには、生成された画像の上にカーソルを置き、レポートツールをクリックします。

生成塗りつぶしと生成拡張は、Photoshopデスクトップアプリとweb版にネイティブに組み込まれています。Photoshopの機能を試したり、詳細を確認したりするには、このページにアクセスしてください。

Adobe Firefly Image 2は、Firefly生成AIモデル群のうち、画像生成モデルの後継バージョンです。

初代Firefly Image 1と同じく、Firefly Image 2のトレーニングには、Adobe Stockなどの使用許諾を受けたコンテンツおよび著作権の切れた一般コンテンツが使用されています。ただし、Firefly Image 2では容量が増え、より優れたヒューマンレンダリングでより高品質の画像を生成でき、ユーザーはコンテンツと被写界深度をよりコントロールしやすくなります。

Firefly webアプリの「テキストから画像生成」モジュール内で、Firefly Image 2モデルを試すことができます。Firefly Image 1からFirefly Image 2に切り替えて、新しいモデルで画像を生成できます。

現在のFirefly生成AIモデルのトレーニングには、Adobe Stockなどの使用許諾を受けたコンテンツのデータセットおよび著作権の切れた一般コンテンツが使用されています。

アドビでは、Fireflyの進化に伴い、クリエイターが自身のアセットでFireflyをトレーニングできる方法を模索しています。これが実現すると、クリエイターは、他のクリエイターのコンテンツによる影響を受けることなく、独自のスタイル、ブランディング、デザイン言語でコンテンツを生成することができます。アドビでは、継続的にクリエイティブコミュニティの声に耳を傾け、ともに協力して、Fireflyモデルのトレーニング方法を開発していきます。

いいえ。お客様のコンテンツのコピーが、Fireflyモデルの一部として使用されることはありません。

いいえ。Creative Cloudをご利用のお客様のコンテンツが、トレーニングに使用されることはありません。ただし、Adobe Stockのコントリビューターにご提供いただいたコンテンツは、Stockコントリビューターの使用許諾契約に従って、Fireflyのトレーニングデータとして使用されます。

アドビでは、説明責任、社会的責任、透明性というアドビのAI倫理原則に沿って生成AIを開発および導入してきました。いかにお客様を尊重し、アドビの価値観に沿った方法で生成AIを開発しているか、そのアプローチと取り組みについて詳しくは、アドビのブログをご覧ください。

Adobe Stockコントリビューター向けに報酬モデルを用意しています。詳しくはAdobe Stockコントリビューター向けのFireflyに関するFAQをご覧ください。

安全な商用利用を可能にするための取り組みの一環として、初期の営利目的のFireflyモデルのトレーニングには、Adobe Stockなどの使用許諾を受けたコンテンツおよび著作権の切れた一般コンテンツが使用されています。

ベータ版でない生成AI機能からの出力は商用利用できます。生成AI機能のベータ版からの出力は、製品またはその他の場所で別途指定されていない限り商用利用できますが、これらの出力はベータ版のうちは補償の対象になりません。

Sensei Gen AIは、アドビの新しい生成AIサービスです。Adobe Experience Cloudに統合され、マーケティングワークフロー全体にわたって様々な機能を提供することによって、ビジネスの生産性と効率を大きく改善することが期待されています。Fireflyは、アドビ製品に搭載される予定のクリエイティブな生成AIモデルの新しいファミリーで、初期段階では画像やテキストのエフェクト生成に注力しています。生成AIへの取り組みについて、詳しくはこちらをご覧ください

こちらもおすすめ

生成AIが制作のあり方を変える

Adobe FireflyとMidjourneyの比較:Fireflyがどのように制作をスピードアップさせるか

Adobe FireflyとDALL-Eの比較:Fireflyでイマジネーションを解き放ち、制作を促進

Adobe FireflyとStable Diffusionの比較:Fireflyですばやく多様なアイデアを盛り込む