Photoshopの機能

AI写真編集のパワーを活用しましょう

よりリアルな画像をこれまで以上に高い品質で生成できるようになりました。一新された生成AI機能と進化した生成塗りつぶし機能が、Photoshopのベータ版アプリで利用できます。Adobe Firefly Image 3モデルを活用しています。

Photoshop(ベータ版)デスクトップアプリをお試しください

1. Photoshopの無料体験を始める

2. Creative Cloudアプリを開く

3. Photoshop(ベータ版)をインストールする

まったく新しい方法で制作

テキストで入力するだけで、Photoshopの生成塗りつぶし機能と生成拡張機能を使用すると、画像を生成することができます。Photoshopのベータ版アプリでは、次世代生成AIをお試しいただけます。これまでより高い品質のよりリアルな画像を得ることができ、ゼロからシーンを作るなど、アイデアを形にしやすくなりました。

生成AIによって実現するPhotoshopの未来

PhotoshopのAdobe Fireflyの技術を利用した生成AIを使用して、あらゆるコンセプトを完全に制御しながら、クリエイティブなビジョンを現実化できます。Photoshop web版の生成AI機能をお使いのブラウザーでぜひお試しください。

PhotoshopのAdobe Fireflyの技術を利用した生成AIを使用して、あらゆるコンセプトを完全に制御しながら、クリエイティブなビジョンを現実化できます。Photoshop web版の生成AI機能をお使いのブラウザーでぜひお試しください。

コンテンツをより豊かに

アイデアをすばやく試すことができます。生成塗りつぶしを使用すると、質の高いコンセプトを簡単にいくつも作ることができます。

さらに、ベータ版アプリの新機能を使用して、さらに多くのアイデアを生み出すことができます。イメージにより近い画像を生成するオプションが追加されました。自身の持っているサンプル画像をアップロードする「参照画像」機能や、生成された画像の中で一番想像に近いもののバリエーションを作成する「類似を作成」機能が搭載されています。 

新しい背景もお任せを

生成AIを使用して写真の背景を違和感なく変更できます。背景を選択してテキストプロンプトに入力するだけで、被写体を地元の街角から世界中のどこにでも移動させることができます。

さらに、Photoshop(ベータ版)アプリでより高速でシンプルになった「背景を生成」機能をお試しになれます。説明を入力するだけで、被写体の明るさ、影、遠近感とマッチする新しいシーンに一瞬で置き換えることができます。 

境界を超える

生成拡張機能を使用すると、画像を任意の方向に簡単に拡張できます。切り抜きツールを選択して、画像の元の境界線を越えて希望のサイズまでドラッグし、「生成」をクリックします。拡張されたカンバスは、周囲と違和感なく調和する新しいコンテンツで自動的に塗りつぶされます。また、プロンプトを入力して、より具体的な結果を得ることもできます。

何もないところから何かを生み出す 

空白のキャンバスを埋めるために必要なのは、想像力と「テキストから画像生成」機能です。作成したいものについて詳しく説明するプロンプトを作成し、スタイルの好みを設定するだけで、何もないところからシーン全体が作成されます。これを使用すると、わずか数分で新しいアイデアを大量に生み出すことができるので、画像の様々なオプションや制作の方向性を検討するのに役立ちます。Photoshopのベータ版アプリで使用できるようになりました。

数ステップでコンテンツを削除・置換

生成塗りつぶしを使用して、画像から不要な要素を簡単に削除できます。削除するオブジェクトを選び、(プロンプトを使用せずに)「生成」をクリックするだけで、周囲と違和感なく調和する新しいコンテンツで領域が塗りつぶされます。または、説明を使用して、見知らぬ人を特定のもの(植物など)に置き換えます。

さらに、Photoshop(ベータ版)アプリで利用できるようになった参照画像などの機能を使用して、結果をさらにカスタマイズできるようになりました。参照画像を使用すると、アップロードしたサンプル画像を元にコンテンツが生成されます。

Photoshop(ベータ版)アプリの新機能

シーン全体をゼロから作成する

頭に思い浮かんだものをプロンプトから生成できます。「テキストから画像生成」を使用すると、人物や場所などをテーマにしたオリジナルの画像を生成できます。

新しい背景を瞬時に追加する

「背景を生成」を使用すれば、コンテキストタスクバーから、被写体と明るさ、影、遠近感がマッチする背景を追加したり、既存の背景を置き換えたりできます。 

お気に入りの画像のバリエーションを作成する

テキストプロンプトから画像の生成を開始し、生成された画像の中からお気に入りの画像を選択して、「類似を生成」で参照として使用します。お気に入りのものが見つかるまで、クリックしてコンテンツやスタイルが似たバリエーションの画像の生成を繰り返します。 

画質を高める 

「ディテールを強調」を使用すると、生成塗りつぶしで作成された画像のシャープさを高め、ディテールを目立たせることができます。見た目をくっきりとさせ、ストック品質の画像とより調和する質の高い画像に仕上がります。

詳しくは、Photoshopの新機能をご覧ください。

PhotoshopのAIで写真を編集する方法

Photoshopの生成塗りつぶしや生成拡張を使用する場合でも、Photoshop(ベータ版)アプリの最新の生成AI機能をすべて試す場合でも、これまでにないほど少ない手順ですばらしい画像を作成できます。  

Photoshopを開くかダウンロードする

既にPhotoshopをお持ちの場合は、アプリを開きます。最新の生成AI機能をすべて利用できるように、最新バージョンに更新されていることを確認してください。Photoshopを利用できるCreative Cloudのプランに加入していない場合は、無料体験に登録し、Photoshopの完全版をダウンロードして、7日間無料で試すことができます。最新の生成AI機能を試すには、必ずベータ版アプリをダウンロードしてください。

画像を読み込む 

ファイル/開くに移動し、読み込むファイルを探して選択するか、Photoshopのホーム画面から「新規」を選択して新しいワークスペースを開き、コンテキストタスクバーの「画像を読み込み」をクリックします。  

コンテンツを追加または削除する 

新しいコンテンツに置き換えるには、任意の選択ツールを使用して画像の一部を選択し、コンテキストタスクバーの「生成塗りつぶし」をクリックして、プロンプトを入力します。コンテンツを削除するには、フィールドを空白のままにします。

 

ゼロからまったく新しいシーンを作成するには、Photoshop(ベータ版)アプリのテキストから画像生成をお試しください。

新しい背景を作成する 

被写体を選択し、コンテキストタスクバーで選択を反転することで、被写体のシーンをまったく新しい背景に置き換えることができます。古い背景を何で置き換えるかについてのプロンプトを入力し、「生成」をクリックすると、背景のオプションが表示されます。 

 

さらに、Photoshop(ベータ版)アプリの新しい背景を生成機能をいろいろと試してみてください。コンテキストタスクバーで「背景を生成」をクリックし、「生成」、「べた塗り」、「画像を読み込み」オプションを選択します。プロンプトから背景を作成するには「生成」を、背景を新しい色相に置き換えるには「べた塗り」を、現在の背景を選択した画像と交換するには「画像を読み込み」を使用します。

画像を拡張する 

生成拡張を使用して画像を拡大し、新しいコンテンツを追加できます。ツールバーから切り抜きツールを選択し、コーナーハンドルまたはエッジハンドルをクリック&ドラッグして、画像のサイズを変更します。その後、コンテキストタスクバーの「生成」をクリックすると、既存の画像と調和する新しいコンテンツで空白スペースが塗りつぶされます。「生成」をクリックする前にプロンプトを入力して、結果をカスタマイズすることもできます。

結果を微調整する 

プロンプトを調整し、新しいバリエーションを生成することで、画像をさらにカスタマイズできます。

Photoshop(ベータ版)アプリで利用できる参照画像類似を生成ディテールを強調などの新しい生成AI機能を使用すると、生成される画像をより細かくコントロールできます。

参照画像を使用するには、画像の一部を選択し、コンテキストタスクバーの「生成塗りつぶし」を選択してから、参照画像アイコンをクリックして、生成したいものに似ているファイル(デニムジャケットなど)をアップロードします。ファイルを単独で使用するか、プロンプトと組み合わせて使用します。

類似を生成を使用すると、生成された画像の中で一番のお気に入りのものからバリエーションを作成できます。お気に入りのバージョンのサムネイルをクリックするか、プロパティパネルで選択したバリエーションの3点アイコンメニューをクリックしてから、コンテキストタスクバーで「類似を生成」をクリックし、コンテンツとスタイルが同じサンプルをさらに表示します。

お気に入りの画像が生成されたら、コンテキストタスクバーの「ディテールを強調」をクリックすると、よりシャープさを高め、ディテールを目立たせることができます。

ダウンロードして共有する

生成された画像に満足したら、ファイル/書き出し/書き出し形式に移動して、ファイルの種類と画像のサイズを選択します。メタデータなどのオプション情報を追加することもできます。環境設定を指定したら、「書き出し」をクリックし、画像を保存する場所を選択して、「保存」をクリックします。これで作成した画像をSNSなどで共有する準備ができました。ニーズに合わせて画像の形式を変更する必要がある場合でも、生成拡張を使用すれば、サイズを簡単に調整し、必要な部分を補完コンテンツで埋めることができます。  

AIを活用したPhotoshopツール

Photoshopには、AIを活用することで作業を迅速かつ簡単にするツールが他にもたくさんあります。その例をいくつか示します。

  • 削除ツール:削除したい部分をブラシでなぞるだけで、画像内の不要な領域を類似のコンテンツに置き換えます。
  • 曲線ペンツール:直線や滑らかな曲線を直観的に描き、簡単に修正できます。
  • マッチフォント: 画像や写真の中から、お気に入りのフォントにマッチするものを見つけます。
  • ディテールを保持2.0: 重要なディテールやテクスチャに歪みを与えることなく画像サイズを変更します。
  • 空を置き換え: 数回のクリックで画像内の空を変更すると、自動的に空がマスキングおよびブレンドされます。
  • オブジェクト選択ツールと境界線を調整ツール: 選択範囲とマスクを、簡単にきめ細かく作成します。
  • ニューラルフィルター:機械学習を活用したフィルターのライブラリを使用して、ワークフローをわずか数クリックに削減します。

よくある質問

生成AIの技術を利用した写真編集とは、人工知能を活用するツールを使用して画像の作成や微調整などのタスクをおこなうプロセスのことを指します。この編集プロセスを開始するには、これらのツールの多くで、生成する内容について説明するプロンプトが必要です(例:「赤いベレー帽」、「観光客、樹木、犬でいっぱいの緑豊かな都会の公園」)。すると、アルゴリズムや大規模データセットを使用して、説明に似た出力が生成されます。このようなツールの例としては、Adobe Firefly webアプリや、Photoshop内のFireflyの技術を利用する機能(生成塗りつぶし、生成拡張など)が挙げられます。生成AIの技術を利用した写真編集には、まったく新しい画像を作成すること、既存の画像に対してコンテンツを追加または削除すること、背景を置き換えること、画像を拡張することなどが含まれる場合があります。

生成AIフォトエディターを使用することには多くのメリットがあります。生成AIフォトエディターを使用すると、創作に取り組む時間を奪うような、複数の手順を伴うお決まりの編集タスクを自動化できます。形式に合わせて画像のサイズを変更することも、画像の境界を広げることも、写真に新しい要素を追加することも簡単におこなえるため、ストック画像のリポジトリで理想とする画像を探す手間が省けます。また、ブレインストーミングをおこなったり、着想を得たりするのにも、生成AIフォトエディターを使用できます。プロンプトの出力の意外性から、制作の方向性について新たな道が開けるかもしれません。想像力を自由に働かせ、プロンプトをいろいろと試したり、以前に使用したプロンプトに微調整を加えたり、出力結果を吟味したりしてみてください。

Photoshopは無料ではありませんが、無料体験に登録して、生成塗りつぶしや生成拡張などの生成AIの技術を利用した写真編集機能を含め、同アプリの完全版を7日間試すことができます。または、Adobe Firefly webアプリを無料で使用して画像を編集してみてください。

生成AIの技術を利用した写真編集は、画像の境界を広げる、写真のサイズ変更やレタッチなどの基本的な編集タスクにかかる時間を短縮するのに役立つため、このような編集をこれまでより短い時間で終わらせることができるだけでなく、節約した時間を創作に充てることができます。また、生成AIの技術を利用した写真編集は、実際に画像を編集している人だけでなく、小規模ビジネスのオーナー、SNSを活用したマーケティングに携わる人、プロジェクトマネージャーほか、業務で画像を生成して編集する必要があるが、十分な予算が取れない人にとっても非常に大きな助けになります。

生成塗りつぶしと生成拡張は、商用目的で安全に使用できるように設計されています。現在のFirefly生成AIモデルのトレーニングには、Adobe Stockなどの使用許諾を受けたコンテンツと著作権の切れた一般コンテンツが使用されているため、ユーザーは安心して既成の枠にとらわれることなく創造性を発揮できます。生成AI機能はPhotoshop(ベータ版)アプリで使用できますが、Photoshop(ベータ版)アプリで生成されたコンテンツを商用目的で使用することはできません。

詳しい手順についてはこちらをご覧ください。

AI、Photoshop、Fireflyについて詳しく知る

Photoshopの多彩な活用法

写真を編集する、カラーを追加する、不要な要素を除去する、つまらない背景を魅力的にする、など様々な機能があります。

Firefly Web版を体験

ブラウザーで、生成塗りつぶし、テキストから画像生成、テキスト効果などの生成AIモデルをお試しください。

この記事を共有