高度なセグメンテーション

アドビのセグメントIQ機能では、あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を、セグメント数の制限なしに特定できます。自社のKPIを左右する重要なセグメント特性が自動的に見つかります。


セグメンテーションを利用して、すばやく核心に迫る

次々に供給される顧客データは、顧客間の類似点や相違点を浮き彫りにする有用なデータに整理する必要があります。パフォーマンスの高いグループに何が有効かを見極めて他のグループにもそれを適用するには、類似するグループを特定し、そのグループに向けたアクションを実行できるように、すべての貢献要素を把握できることが必要になります。

あらゆる顧客に価値があるのは当然ですが、セグメンテーションを利用すれば、最も収益性の高いROIを迅速に達成できる顧客を容易に特定できるようになります。Adobe Analyticsでは様々な方法でデータを処理するので、ほとんどの結果セットからでも、その場でセグメントを作成できます。また、セグメントIQ機能を利用すれば、あらゆるオーディエンス間における差異を特定できます。自動分析では、手動では不可能な量と速度でデータが分析され、自社の目標達成に最も影響するセグメントが提示されます。

無制限のリアルタイムセグメンテーション

マシンラーニング(機械学習)によって顧客の行動を評価し、顧客離れやコンバージョンの可能性などを予測します。この機能は、特にリマーケティングの際に便利です。 

顧客行動のレポート

訪問者がデジタルコンテンツを利用する様子や、なぜ利用しないのかを観察し、得られたインサイトを活用してwebサイトのデザイン、ナビゲーション、コンテンツのレイアウト、製品の親和性、そしてコンバージョンを改善できます。

オンラインとオフラインを統合した分析

オンラインとオフラインのデータを統合し、包括的に顧客の行動や属性を把握できます。

顧客クラスタリング

多数の変数を同時に分析して新しい訪問者を顧客層に分類し、詳細な分析、ターゲティング、パーソナライゼーションを実施します。

高度なセグメンテーションの詳細

セグメントIQ — Analysis Workspace で最も広く使用されている機能

Analysis WorkspaceのセグメントIQを使用して、革新的にインサイトを深める方法を紹介します。

使用例を読む

関連機能

高度分析

Analysis Workspaceを使えば、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成できます。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析します。

独自のデータ処理

アドビのサーバー側でレポート変数の処理および収集をおこなう手法と、訪問者のセグメンテーションルールを定義する手法により、webサイトで複雑なルールを作成しなくても、あらゆるオンラインデータをリアルタイムでセグメンテーションできます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。