優れたオーディエンスセグメンテーションで顧客とのつながりを強化

オーディエンスセグメンテーションとは、特定の条件にもとづいてマーケットを小さなグループに分割することです。これは、あらゆるキャンペーンの基礎となります。ただし、顧客は絶えず変化しているので、最適なメッセージを適切なオーディエンスにタイミング良く配信し続けるためには、さらに高度な取り組みが必要になります。

データを統合して全体像を把握

新しい手法でセグメントを再構築

インターネットの普及により、大量のデータがマーケターの下に集まるようになりました。そうしたデータを活用するために、属性データにもとづいて顧客を分類するオーディエンスセグメンテーションの手法が開発されました。年齢や性別、収入などによるグループ化は、ある程度有用な指針となってきましたが、それでは物足りない部分も多くありました。

今日、データの量と種類が飛躍的に増加し、新しいデータを活用することによって従来のセグメンテーションが抱えていた限界を超えられるようになっています。最新のオーディエンスセグメンテーションでは、デバイスやチャネル間の顧客の移動を考慮します。すでにある巨大なファーストパーティデータに、セカンド、サードパーティのデータを加えることによって、包括的で多面的なプロファイルを構築できます。もちろん、個人情報保護に関するあらゆる規制を順守しながらの実現が可能です。 

このような充実したプロファイルがあれば、顧客個人の行動や興味関心、固有のニーズなどにもとづいてセグメントを定義できます。さらに高度なオーディエンスセグメンテーション機能を適用すれば、高い柔軟性としっかりとした制御を保ちながら、顧客中心のマーケティングを推進できます。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Adobe Audience Managerは、オンラインとオフライン双方のデータを活用し、顧客行動にもとづく価値の高いセグメントを作成することによって、オーディエンスセグメンテーションの常識を革新します。大手データプロバイダーやオフラインデータの登録者、広告サーバー、デバイスグラフその他を含む既存の統合によるデータを取り込みながら、様々なデバイスや顧客接点に広がる顧客情報を集約します。

Adobe Senseiを使用すれば、類似するオーディエンスを見つけ出してリーチを拡大できます。また、Adobe Analytics、Adobe Advertising Cloud、Adobe Campaignなど、他のAdobe Experience Cloudソリューションとのシームレスな統合により、オーディエンスを取り込んで顧客を多角的に把握できます。

導入のご相談

Westjet

「アドビのソリューションによって、適切で魅力的なキャンペーンを顧客に提供し、コンバージョン率を高め、オンラインにおける顧客体験を向上させることができました」

Jason Wiegand氏(WestJet、デジタル分析及び最適化担当マネージャー)

Westjet

関連機能

オーディエンス分析

Adobe Analyticsからの双方向のリアルタイムデータ転送により、他の追随を許さない顧客インテリジェンスを獲得します。2つのソースを統合したオーディエンス分析を実施し、セグメントレベルのパフォーマンスを示す強力な統合レポートを生成し、最適化に活用します。

Audience Marketplace

アドビの安全性の高いプライベートなマーケットプレイスを利用して、サードパーティデータを容易に売買したり、セカンドパーティデータのパートナーシップに参加できます。

到達可能なオーディエンス

DSPのようなターゲティング基盤とオーディエンスの重なりを分析し、セグメントをアクティブ化する前にキャンペーンのパフォーマンスを予測、計画します。データを広告サービスやDSP、広告ネットワークなどの配信先と共有する選択肢もあります。

関連コンテンツ

その他の利点

データ管理プラットフォーム

オーディエンスインサイト

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。