マーケティングアトリビューション

複数のルールベースの手法とアルゴリズムを組み合わせたアトリビューションによって、顧客行動を効果的に分析できます。これにより、顧客の実際のインタラクションパターンにもとづいてチャネルごとに最適なモデルが構築できます。


異なる顧客接点の価値

マーケティングアトリビューションは、顧客が何を求めているのかを理解し、予算配分を最適化する助けになります。アトリビューション分析では、それぞれのインタラクションがカスタマージャーニー上の行動にどのように影響しているのかを把握することで、優先度の高いコンテンツやチャネルを容易に見極めることができます。 

Adobe Analyticsでは、日々の分析作業で様々なアトリビューションモデルを容易に利用できます。ファーストタッチやラストタッチ、パーティシペーション、減衰などのモデルから、高度なマシンラーニング(機械学習)を基盤としたアルゴリズムアトリビューションまで、Adobe Analyticsのアトリビューションモデルを利用すれば、重要なマーケティング接点が発生している場所や、各チャネルでメッセージが顧客にどのように表示されているか、そうしたチャネルでの最適な予算配分を明確に把握できます。

最適なアトリビューション

Adobe Analyticsのアトリビューションモデルには、ファーストタッチやラストタッチ、線形、パーティシペーション、U字型、Jカーブ、逆Jカーブ、最後の間接クリック、減衰、アルゴリズムモデルなどがあります。

アトリビューションプロファイル

カスタマージャーニーの最後に獲得した売上高または参加に対する貢献度を割り当てるインタラクションを絞り込むことができます。

永続的ID

訪問者プロファイルを、同一の訪問者ID変数に関連付けてから統合できるので、過去のデータセットでのアトリビューションが変容することはありません。

マーケティングアトリビューションの詳細

Analyticsのアルゴリズムアトリビューションの詳細

Analysis Workspaceでのマーケティングアトリビューションの仕組みをご覧ください。

 

モデルの構築方法など、アルゴリズムアトリビューションについて詳しくは、ヘルプページを参照してください。

関連機能

高度分析

Analysis Workspaceを使えば、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成できます。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析します。

データウェアハウスとデータフィード

顧客データを拡充するために、データウェアハウスの記憶領域の拡張、データの再処理、レポート機能を活用できます。データフィードによって、毎日または毎時間、定期的に生データをバッチ化して配信できます。

貢献度分析

データ内の隠れたパターンを発見して統計的な異常値の原因を明らかにし、予期せぬ顧客の行動や範囲外の値、特定指標の突然の上昇や下降の背景にある相関関係を、オーディエンスセグメントをまたいで特定できます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。