予測分析
信頼できる結果

予測分析では、マシンラーニング(機械学習)と高度な統計モデリングによって顧客データを分析してパターンを見つけ出し、顧客離れやコンバージョンの可能性など、未来の行動を予測します。通常なら持て余すような大規模なデータセットをデータアナリストが有効に活用できます。

データの本来の役目は未来予測

大規模なビジネスでは膨大な量のデータが収集されますが、そうしたデータを有効活用できていないケースがほとんどです。データサイエンティストがインサイトを得る際に、その中のごく一部のデータを手動で分析しているだけだからです。

予測分析は、こうしたケースでデータの力を最大限に引き出すための機能です。こうしたデータの中には、有用な顧客インサイトにつながるパターンが隠れています。そのインサイトを効果的に利用すれば、実際に最終収益を高めることができます。予測分析機能では、マシンラーニングと高度な統計モデリングによって膨大な量のデータを自動的に分析し、そうしたパターンを探します。大部分のアナリストには、こうしたパターンを探す時間はありません。

重要なインサイトを見つけ出すことができる予測分析ツールを利用すれば、データアナリストとマーケターの両方が収集したデータを有効活用できるようになります。

アドビがお手伝いします

Adobe Analyticsの予測分析機能を利用すれば、より効果的にデータを活用できます。アドビは予測分析を可能にするための技術への投資に特に力を入れています。「Gartner Magic Quadrant for Digital Marketing Analytics」や複数の「Forrester Wave」レポートでリーダーに選ばれているのは、それが理由です。

アドビの製品なら、重要な変化を検出し、大規模なデータセットからインサイトを得ることができます。アドビの予測分析ツールでは、手間のかかる分析作業の大部分を処理できるので、データからインサイトをより早く得ることもできます。

導入のご相談

「ダッシュボードを表示し、リアルタイムで重要なオンラインイベントを監視できる機能によって、チームの業務が効率化され、パフォーマンス向上に集中できるようになりました。ブラックフライデーのキャンペーンでもwebサイトの更新でも、Adobe Analyticsならリアルタイムでパフォーマンスを監視し、エラーを検出できます」

Scott Sturcke氏、Epson America、オンラインマーケティングマネジメントディレクター

予測分析機能

異常値検出

統計モデリングで指標を分析して値の下限、上限、予想される範囲を決めることにより、データ内の予期しないトレンドを自動的に特定できます。予期しない急上昇や急下降が見つかった場合は、レポート上で通知されます。

貢献度分析

データ内の隠れたパターンを発見して統計的な異常値の原因を明らかにし、予期せぬ顧客の行動や範囲外の値、特定指標の突然の上昇や下降の背景にある相関関係を、オーディエンスセグメントをまたいで特定できます。

インテリジェントアラート

データの異常値にもとづくアラートや、ひとつのアラートで複数の指標を示す「積み重ね」アラートを容易に作成、管理できます。

関連トピックス

その他の利点

アトリビューション

チャネル分析
および
マーケティング
分析

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。