CDPの価値を高めるアドビ製品

Adobe Experience Platformを使えば、既知の顧客かどうかに関わらず、あらゆる顧客データを収集し、アドビの卓越したガバナンス機能とインテリジェンス機能を使用してデータをつなぎ合わせ、リアルタイムに顧客プロファイルを構築できます。さらに、Adobe Audience Managerの連携機能を使用して、CDP(カスタマーデータプラットフォーム)の要求に応えてリアルタイムにアクティベーションをおこない、あらゆる顧客接点にパーソナライズされた顧客体験を提供できます。

リアルタイムの顧客プロファイルを使用して、真のパーソナライゼーションを実現

今日、CDPは、優れた顧客体験を構築しようとしている企業から大きな注目を集めています。これらの企業は、何百、何千ものソースから得られるデータが連携せずに分散していることに苦慮していますデータが集約されていないため、連続性のあるパーソナライズされた顧客体験を提供することはほぼ不可能であり、個々のアプリケーションやチャネルはそれぞれの役割だけをこなし、顧客インサイトの大部分を把握できていません。

アドビは、お客様のシステムを肥大化させる独立したポイントソリューションを必要とせずに、このような課題を解決に導きます。Adobe Experience PlatformのパワーとAdobe Audience Manager独自の機能を組み合わせることで、既知の顧客データと匿名データを統合し、カスタマージャーニー全体を通してインテリジェントな意思決定をおこない、顧客プロファイルのアクティベーションを実施できます。これにより、CRMシステムやロイヤルティシステムからweb分析や広告のパフォーマンスに至るまで、企業全体から得られるデータを統合して、詳細なプロファイルやオーディエンスを作成できます。データガバナンスやID管理、高度なセグメンテーション、データサイエンスのための業界最先端のツールが組み込まれているので、未処理のデータアセットを体系的に組み立て、構成データから価値のあるプロファイルやオーディエンスを創出できます。さらに、Adobe Experience Cloudとのネイティブな連携は言うまでもなく、大規模なエコシステムとの連携により、これらのオーディエンスのシームレスなアクティベーションをおこない、webサイトとアプリのパーソナライゼーションから電子メール、ペイドメディア、コールセンター、コネクテッドデバイスに至るまで、あらゆるチャネルに優れた顧客体験を提供できます。

アドビがお手伝いします

• 企業全体から収集した顧客データを使用して、一元的な顧客像を構築。

• 既知のIDであるかどうかに関わらず、信頼できるガバナンスとプライバシー制御を使用して、プロファイルを確実に管理。

• Adobe Senseiの人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を利用して、アクションにつながるインサイトを創出し、オーディエンスを拡張。

• cookieやデバイスを単位にすることはもちろん、人単位でも、あらゆるチャネルと対象に向けて、リアルタイムにパーソナライズされた顧客体験を提供。

従来のCDPを上回るアドビのソリューション

CDPは企業の現実的なニーズを解決するものとして誕生しましたが、個別のポイントソリューションでは顧客の求める価値を実現できません。

Support Levels Comparison

CDP

アドビ

リアルタイムの顧客プロファイル

比較チェックマーク

高度な人工知能とマシンラーニング

比較チェックマーク

データガバナンスツール

比較チェックマーク

Adobe Experience Cloudソリューションとのネイティブな連携

比較チェックマーク

既知の顧客データと匿名顧客データを取得

比較チェックマーク

リアルタイムの連携機能

部分的

比較チェックマーク

関連機能

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。