マーケティングの方程式に位置情報を追加

Adobe Experience Platform Location Serviceを使用すれば、位置情報を分析に活用し、顧客の物理的な足跡を理解できます。その情報をもとに、主要なオーディエンスを特定して働きかけることも可能です。

利点

実用的なインサイトを特定
店舗内でも、公園やスタジアムなどの特定の地域でも、顧客の位置情報に関する詳細なインサイトを取得できます。顧客の移動を常に把握し、特定のジオフェンスの出入りに対してトリガーを設定できます。

自動化で作業負担を軽減
包括的なAPIと統合して、位置情報を自動的に追加できます。

開発者の利便性
モジュール形式のオープンソースSDKを使用すれば、モバイルアプリでの位置情報の追跡をすぐに始められます。

利点

Adobe Experience Platform Location Serviceの機能

デジタル世界と物理世界を融合

顧客のデジタル行動と物理行動をかつてないほど容易に把握できます。Adobe Experience Platform Location Serviceは、位置情報データをAdobe Experience Cloudのどこからでも利用できるようにします。位置情報信号とセンサーデータポイントを活用して、最適なエクスペリエンスのデザインと提供が可能になります。顧客の現在位置と、顧客接点への接触方法がわかれば、提供すべきエクスペリエンスを正確に判断できるからです。

直観的なユーザーインターフェイスや柔軟なweb APIセットを使用して、位置情報を作成および管理できます。

モバイルアプリがバックグラウンドでも、ユーザー権限によりPoint of Interestに関するアラートを受け取れます。

カスタムのアラートやルールを作成して、位置情報のインサイトを受け取り、アクションを実行できます。

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。