アドビ、Adobe XD CCをエクスペリエンスデザインのためのオープンプラットフォームに

 

Microsoft Teamsをはじめとするサードパーティ製ツールとの連携機能を拡張、併せて1,000万ドルのデザイン基金の初回対象者を発表

 

※当資料は、2018年8月28日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2018年8月28日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、Adobe XDをプラットフォームとして開発者に開放し、コミュニティやパートナー企業が開発したプラグインを使ってツールをカスタマイズ可能にすると発表しました。開発者はAdobe XD APIを活用して、Adobe XDに新機能の追加やワークフローの自動化が行えるほか、ユーザーが日常的に使用している他社製ツールやサービスとXDを連携させることができます。

 

加えて、Adobe XDはMicrosoft Teams(アドビが推奨するコラボレーションサービス)、Slack、Jira Software Cloudといったコラボレーションツールで構築された既存のワークフローと緊密に連携し、デザイナーとステークホルダーとの組織をまたいだコラボレーションを容易にします。

 

アドビのCreative Cloud担当チーフプロダクトオフィサー兼エグゼクティブバイスプレジデントであるスコット ベルスキー(Scott Belsky)は次のように述べています。「私たちは最先端のデザイナーのニーズに応えるため、Adobe XDを中心とした豊かなエコシステムの構築に注力しています。シームレスで魅力的なユーザー体験の提供は、ブランドや企業はもちろん、すべてのデジタルプロダクトにとって必須の条件です。その実現に向けて、アドビは強力なコラボレーション機能を提供することでデザイナーを支援します。」

 

このオープンプラットフォームは、本年中の一般公開を予定していますが、アドビはすでに開発パートナーに早期アクセスを提供し、MicrosoftTrelloUserTestingAirtableDribbbleSilicon PublishingSlopeinMotionNowAstute GraphicsAnimaGoogle Cloudならびに自社サービスであるBehanceStock向けのXDプラグイン開発に向けた協力を開始しています。

 

サードパーティ製サービスとの連携

よりスムーズなコラボレーションの実現のために、アドビはMicrosoft Teams、Slack、Jira向けのアドインを発表しました。

  • Microsoft TeamsおよびSlackにおける、Creative Cloudアセットのより忠実なプレビュー表示と、Adobe XDプロトタイプにコメントが追加された際の通知機能の提供を開始しました。
  • Jiraを利用する開発者は、Adobe XDの共有プロトタイプとデザインスペックの情報に容易にアクセスできるようになり、デザイナーから開発者へのデザイン仕様の受け渡しプロセスがスムーズに行えるようになります。この機能は本年後半の提供開始を予定しています。

 

これらのソリューションは、アドビが今年に入って発表した、Dropbox、Sketch、Zeplin、Avocode、ProtoPie、Sympliといった広く利用されているサードパーティツールとのスムーズなワークフローを提供する一連の機能連携を補完するものです。

 

クリエイティブイノベーションを促進する1,000万ドルの基金

アドビは本日「Adobe Fund for Design」の最初の対象者を明らかにしました。本年5月に設立され、1,000万ドルが助成金あるいは株式投資というかたちで分配されるこの基金は、デザイナーと開発者への支援を通じてAdobe XDのためのプラグインおよび連携機能の開発を促進し、エクスペリエンスデザインの領域でイノベーションを起こすことを目的としています。この基金は経済的支援だけではなく、業界のエキスパートとの対話、テクノロジーへの早期アクセス、パートナーシップおよび共同マーケティングの機会、情熱に満ちたアドビ顧客ネットワークとの接触機会も提供します。

 

この助成金と株式投資の初回の対象者には、世界中のデザイナーのためにAdobe
XD上にツールやサービスを構築する個人および企業が含まれます。これらのうちいくつかのプロダクトは年内に提供を開始する見込みです。

 

  • CloudApp:動画、ウェブカメラ、スクリーンショットにクラウド上でセキュアに書き込みを行う機能の追加およびGIFアニメーションの作成
  • Protoio, Inc.(Overflowの開発企業):ストーリーを語る美しいユーザーフロー図のデザイン、発表、共有
  • Stark:アクセシブルで倫理的かつインクルーシブなデザインとプロダクト開発の支援
  • Florian Schulz(Ratioの開発者):ユーザーインターフェイスタイポグラファーのためのデザインツールの開発者
  • Precious Design Studio:ユーザーに愛用される、意義深いプロダクトとサービスを形にするための支援をイノベーターに提供。デザインツール「Data Populator」「Open Color Tools」の開発企業
  • Odin Chart:データ視覚化デザイナーのタイラー ウォルフ(Tyler Wolf)は、デジタルプロダクトと出版物のためのデザイナーフレンドリーなチャート作成ツール「Odin Chart」の開発者
  • Iconscout(Chamestudio提供):高品質のアイコン、イラストレーション、ストックフォトを1か所で提供
  • Impekable:ユーザーエクスペリエンスデザインとエンタープライズソフトウェアエンジニアリングに特化したデジタルエージェンシー
  • UI Faces:デザインモックアップのためのアバター
  • Prototypr.io:デザイナーが作品を共有し、最新かつ最良のデザインツールとニュースに触れられる、デザイナーのためのコミュニティプラットフォーム
  • Modulz:コードを書かずにデジタルユーザーインターフェイスのデザインと開発が行えるビジュアルコードエディター
  • Design+Code:人気のデザインおよびプログラミングの学習コースを提供。「Angle」プラグインの提供元
  • Yummygum:ウェブとモバイルで美味しそうにみえるデザインと新鮮な体験を提供

Adobe XDの機能強化

アドビは今月すでに、デザイナーワークフローを洗練させ、開発者へのハンドオフプロセスを容易にすることで、これまでになくシンプルかつスピーディーに連携を実現する、Adobe XDの新機能をいくつかリリースしました。注目すべき新機能のひとつには、開発者との共同作業をさらに効率化する、デザインスペックからのアセット抽出があります。2017年11月に提供開始されたデザインスペックは、今回のリリースからベータ版の名称が外れました。デザイナーはアセットのエクスポートの可否を個別に指定でき、開発者はコード内で使用する際に必要な形式でアセットの抽出ができるようになりました。

 

価格と提供開始時期

Adobe XDスタータープランは xd.adobe.com から無償で提供されています。スタータープランは既存のAdobe XDプラン(個人版、グループ版、エンタープライズ版)を補完するものです。

 

Adobe XD CC単体プラン(1,180円/月、税別)やCreative Cloudのコンプリートプランを購入すれば、プロトタイプとデザインスペック共有の制限がなくなります。各プランの詳細および価格についてはアドビのウェブサイトをご覧ください。

 

参考情報

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

Adobe, the Adobe logo and Adobe Document Cloud, are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. © 2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口