アドビの企業倫理

アドビでは、最高水準の倫理規範を維持することが事業活動の原点であるとの考えから、下記の基本原則を定めています。

  • インテグリティ(誠実さ、高潔さ、清廉さ):高い倫理指針に従って業務を遂行します。
  • 尊重:従業員、お客様、取引先、パートナー、株主、さらには事業を展開し、居住するコミュニティに対し、尊厳と敬意をもって接します。
  • 誠実さ:社内外のコミュニケーションおよび業務上の取引を誠実におこないます。
  • 品質:高品質の製品とサービスを提供し、お客様とパートナーに最高の価値を提供します。
  • 責任:言動に責任を持ち、約束を必ず実行します。
  • 公正さ:適用法令、ポリシーおよび行動規範に従って行動します。

以下にアドビが維持する高度の法的および倫理的規範を記載しています。



アドビビジネス倫理ホットライン

アドビのポリシー違反が疑われる場合(会計処理、内部統制、監査に関する申立てを含む)は、アドビのビジネス倫理ホットラインに連絡してください。連絡先は以下のとおりです。

  • 北米内:フリーダイヤル1-800-300-1026に電話
  • 北米以外:お住まいの国の連絡先番号をこちらで確認してください。

またオンラインでレポートを送信することもできます。


政治活動資金に関する情報開示
アドビは、適法かつ透明性を確保しておこなう限りにおいて、公共政策への関与は企業にとって重要であり、企業の果たすべき役割であると考えています。政治過程への参加にあたっては、適用される連邦法、州法、地域の法律および報告義務を遵守します。企業資金から支出される政治献金のポリシーと手順については、Public Policy and Government Relations Policy(公共政策および対政府関係に関するポリシー)(英語)を参照してください。アドビの政治への関与について詳しくは、こちらのページ(英語)をご覧ください。

 

企業政治献金
米国法においては、企業が連邦候補者委員会、政党委員会および政治活動委員会に金銭を供与することは禁じられています。しかし米国の多くの州では、州や地域の候補者や住民投票の選挙運動に対し、企業が寄付行為をおこなうことが認められています。アドビは、限られた範囲で、自社が関心を持つ公共政策的課題や事業上の利益を推進するため、支援する候補者の投票に対する企業としての政治献金をおこなうことがあります。ただしそのような寄付は、Public Policy and Government Relations Policy(公共政策および対政府関係に関するポリシー)(英語)の範囲でおこなわれます。アドビのポリシーは、内国歳入法527条にもとづいて組織されたあらゆる団体への「直接献金」を禁じています。

 

政治活動委員会の非組織
アドビでは、連邦または州の政治活動委員会(PAC)を組織していません。

 

業界団体
アドビは、定期的な会費の支払いを義務とする複数の業界団体(英語)に加盟しています。加盟する業界団体が、集めた会費の一部を政治資金として使用することがあります。もし業界団体の支出に関してご不明な点がございましたら、当該の業界団体に直接お問い合わせいただければ幸いです。

Facebook
Twitterアイコン
LinkedInアイコン