AI(人工知能)に対する倫理的アプローチ

データとAIの急増に伴い、アドビはお客様や社会に与える影響の把握に努め、倫理的な方法によるAIの開発に取り組んでいます。

「AIは社会に莫大な影響を及ぼす可能性を秘めた革命的な技術です。アドビは、クリエイターにサービスを提供する一方でお客様を尊重し、責任あるAI開発をおこなうことをお約束します」


ダナ ラオエグゼクティブバイスプレジデント、ゼネラルカウンシル兼コーポレートセクレタリー


Dana Raoの写真

責任あるAI開発とは

アドビは、AIへの取り組みの指針となるインフラと原則を確立し、周到かつ慎重なアプローチをとっています。

アドビが掲げる指針

製品への倫理的なAI導入を確実におこなうために、以下の基本理念を作成しました。

説明責任

アドビは、社内外の懸念事項の受付と対応を専門とするプロセスとリソースを配備し、アドビが及ぼす影響に対し責任を負います。

社会的責任

周到な評価と慎重なデューデリジェンスを通じて、アドビのAIシステムの設計、導入、維持の各フェーズで責任ある開発をおこないます。

透明性

アドビのAIシステムとその応用について、お客様に理解していただけるよう、開発プロセスをオープンにし、AIの活用法について説明します。

基本理念の詳細 PDFをダウンロード(英語)

アドビ倫理委員会を設立

AIは技術と人間の洞察力が重なる領域を扱うため、原則を確立しアプローチを決定するには様々な視点が必要でした。アドビの倫理委員会には、多様な専門職や人生経験を持つ世界中の専門家が参加しています。アドビの取り組みを正しい方向に導くための、信頼できる方々が参加しています。

AI倫理審査会の設置

審査会は、開発チームを導く提言をおこなうと共に、新しいAI機能や製品がアドビの理念に沿ったものであることを確認する審査をおこないます。審査会には、アドビの基準を満たさない機能の導入を阻止する権限が与えられています。


Partnership on AI Ethics(PAI)に参画

AIの影響をより深く理解することを目的に設立された、産業界、学術界、非営利組織合同の研究団体です。

 

詳細を見る(英語)

アドビにおけるAIの利用方法

Adobe Creative Cloud

AIによって、まったく新しい方法で創造性を発揮できるようになりました。退屈で時間のかかる日々の繰り返し作業が取り除かれ、ひらめきやデザイン活動に多くの時間を費やせるようになり、ストーリーの発信が容易になっています。

Adobe Document Cloud

デジタル文書の処理方法から、ビジネス上貴重な文書情報を抽出して競争優位に立つ方法まで、アドビのAI対応機能によりフォームを使用するプロセスが合理化され、スムーズで気軽にPDFが使えるようになりました。

Adobe Experience Cloud

顧客の購買行動データを分析して意思決定に役立てる、主要な顧客層に個別体験を大規模に提供する、データ駆動型マーケティングコンテンツを管理するなど、企業のお客様は様々な場面でアドビのAIを活用しています。

AI倫理に関するお問い合わせ

AI倫理に関するご質問やご懸念がある場合は、下記にご連絡ください。
お問い合わせ

心、おどる、デジタル


課題解決の向こうにあたらしい明日を創りだす。

アドビのクリエイティブ・デジタルトランスフォーメーション

詳細を見る