手間のかかる作業はAdobe Senseiに任せ、より創造的な業務に専念
クリエイティビティ、ワークフロー、エクスペリエンスをAdobe Senseiが変革

手間のかかる作業はAdobe Senseiに任せ、より創造的な業務に専念

今日の顧客は、優れたコンテンツがかつてないほどのスピードで提供されることを常に期待しています。Adobe Senseiは、そのためにAdobe Creative Cloudに搭載され、コンセプトから配信までの全工程を高速化しています。さらに、様々なオーディエンスやデバイス、チャネルをまたいで適切なコンテンツを提供するための複雑な処理にも対応できます。

利点

 

必要な素材をすばやく検索 
Adobe StockとAdobe Photoshop Lightroomのパワフルで直観的な検索機能を使用すれば、適切なアセットを必要なタイミングで確実に見つけ出すことができます。

時間の節約に役立つ機能で作業を効率化 
Adobe Premiere Rush、Adobe Photoshop、Adobe InDesignその他の機能を使用すれば、時間のかかる作業を削減し、より創造的な業務に時間を使えます。

目を見張るようなエフェクトを容易に作成
Adobe Dimension、Adobe Character Animatorなどのアプリケーションが、創造性とデザインの限界を取り除きます。

利点

人工知能(AI)がクリエイティブの可能性を向上

自動化が可能な手間のかかる作業を人工知能とマシンラーニング(機械学習)に任せ、ユーザーはより創造性の高い作業に専念できます。例えば、Pfeiffer Consultingの最近の調査によれば、クリエイターの74%が作業時間の半分以上をクリエイティブな業務以外のことに費やしています。それこそが、人工知能を活用すべき大きな機会となるのです。詳しくは、CMO.comの記事をご覧ください。

Adobe Photoshop

写真の魅力を引き出す

Photoshopが現在でもデジタル画像編集やグラフィックデザイン、写真編集などのシーンで定番ツールとしての地位を維持できている最大の理由は、Adobe Senseiです。今日、Adobe SenseiはPhotoshopに実装された基本的かつ強力な機能を支援し、クリエイターの創作活動を支えています。 

写真の魅力を引き出す

画像の選択した部分を、その画像の他の部分から切り取ったコンテンツでシームレスに塗りつぶします。

画像の顔とその特徴を自動的に検出し、インテリジェントなコントロールを使用して、顔の特徴を正確かつ容易に操作できます。 

画像を自動的にセグメント化し、前景マスクを生成します。ユーザーはこれらを選択して、特定の領域の画像編集に適用できます。手間のかかる手動プロセスを容易かつ正確に、効率的に処理できます。

画像にすばやく直観的にパスを描いて編集できます。高品質な曲線を容易に描けるので、デザイナーはより直観的に作業できます。

画像内のオブジェクトを囲むようにシェイプを描くと、自動的にそのオブジェクトが選択されます。シェイプを描く際、画像編集する領域をアウトラインで正確に選択する必要はありません。

Adobe Photoshop Lightroom

Adobe Senseiはマシンラーニング(機械学習)によって、写真にタグを自動的に適用します。つまり、直観的なキーワード検索によって、探している画像が自動的に浮かび上がります。手動でのタグ付けは必要ありません。

コントラスト、露光量、ハイライト、シャドウ、ホワイト、ブラック、彩度、自然な彩度など、最も一般的なスライドコントロールに最適な編集を自動的に提案します。

写真の編集をさらに容易に

Adobe Senseiは、Lightroomの最も重要な複数の機能の中核を担っています。写真編集に要する時間を大幅に短縮し、プロセスを効率化できます。その詳細をご覧ください。

写真の編集をさらに容易に

Adobe Illustrator

作成、編集、デザインをこれまで以上に高速化

人気の高いベクターグラフィックスの編集機能が人工知能でさらに使いやすく、高速かつ強力になりました。Adobe Senseiが時間のかかる作業を引き受け、写真編集を楽しく、シンプルで効率的な作業に変革します。

作成、編集、デザインをこれまで以上に高速化

各アンカーポイントを書き直したり変更したりせずに、オブジェクトを有機的に変更できるので、グラフィックの様々なバリエーションを迅速に作成できます。

ドキュメント内の同様のベクターシェイプを自動的に識別し、すべてのシェイプを瞬時に編集します。この処理は、カンバスでシェイプを繰り返すプロセスの高速化に役立ちます。

画像内でパスをすばやく直観的に描き編集できます。以前は複雑だった高品質の連続曲線を容易に描けるので、時間を節約できます。

色彩豊かな出力の作成が容易になり、カラーのベクターグラフィックを直観的にたやすく作成できます。さらに、その後、基本となる曲線のジオメトリやカラーも容易に編集できます。

提供した画像にもとづく人工知能の提案を使用して、実際に使えるデフォルトの切り抜き長方形を作成します。

Adobe Premiere ProとPremiere Rush

フレーム内にある主要要素のカラーの一貫性を自動的に照合してシーン内の一貫性を維持します。手動調整は必要ありません。

他の要素が存在するときに、音楽や会話の音量を動的に自動調整します。

サウンドバイト間のジャンプカットを滑らかにすることで、より洗練されたインタビューを作成します。

Premiere Rushでは、会話、音楽、その他など、オーディオコンテンツの主な内容に応じて自動的にタグを付けます。タイムラインにインポートすると、この分類によってコンテンツ固有のエフェクトとオプションを利用できるようになります。

ユーザータグや自動生成されたコンテンツタグで識別された重要なイベントを使用して、スライドショーやコラージュなどの創作物を自動生成します。

人工知能を活用して説得力のある動画ストーリーを作る

今日の動画編集クリエイターは、卓越した作品を生み出すために人工知能とマシンラーニングを活用しています。Adobe Senseiを搭載したAdobe Premiere ProとAdobe Premiere Rushがあれば、いつでも彼らと同じように作業する準備が整います。

人工知能を活用して説得力のある動画ストーリーを作る

Adobe Character Animator

アニメーション制作がかつてないほど容易に

アドビはAdobe Character AnimatorにもAdobe Senseiを導入し、キャラクターに容易かつすばやく生命を吹き込んでいます。

アニメーション制作がかつてないほど容易に

オーディオやwebカメラのビデオ録画から記録した声と身ぶり手ぶりをアニメーションのキャラクターやパペットと一致させ、キャラクターにリアルタイムでビジュアルと音声を模倣させることができます。

webカメラで撮影した画像にもとづいてパペットを自動的に作成し、好みのアートスタイルでスタイライズできます。

Adobe Audition

選択した音楽を指定した長さに自動的に合わせます。

他の要素が存在するときに、音楽や会話の音量を動的に自動調整します。音声を分析して、最高の製品に仕上げるために調整が必要な箇所を判断します。

スムーズなデジタル編集でクオリティを向上

Adobe Senseiが特定の作業時間を短縮し、Adobe Auditionのワークフローを効率化しています。デジタルオーディオ制作のクオリティがさらに向上します。

スムーズなデジタル編集でクオリティを向上

Adobe InDesign

InDesignでレイアウト作業を高速化

コピーやグラフィックのレイアウト作業は、時間のかかる工程を複数含みます。特に、サイズや形状の異なるスクリーンごとにレイアウトを作り直す作業には、大きな労力が必要です。Adobe Senseiを搭載したAdobe InDesignなら、そうしたプロセスを容易にし、高速化できます。異なるスクリーン向けのレイアウト制作もあっという間です。

InDesignでレイアウト作業を高速化

システムのすべてのフォントで、グリフなどのフォントの特性を分析します。その後、現在選択しているフォントと似た他のフォントを識別します。

InDesignの文書では、Adobe Senseiがコンテンツの最も優れた部分を識別してフレームに自動的に収めることで、グラフィックコンテンツを適切に配置するための工程が大幅に削減されます。

Adobe Dimension

背景画像を使用して画像の様々なプロパティを検出し、それらをシーンに適用することで、3Dデザインのプロセスを高速化し、リアリティのある作品を作ります。

3Dモデルの十分にセグメント化されていない可能性のあるセクションを選択し、より迅速に賢く、効率的に選択できるようにします。

退屈な手順を取り除き、3Dモデルにグラフィックをすばやく直観的に配置します。

マシンラーニングを駆使した驚異的な3Dクリエイティブ

人工知能とマシンラーニングを駆使すれば、コストのかかる写真撮影をしなくても高品質な3Dモデルを作成できます。Adobe Senseiで機能強化されたAdobe Dimensionなら、リアルな照明やデカールも自由自在です。

驚異的な3Dクリエイティビティ

Adobe Stock

ストック素材検索の煩わしさからユーザーを開放

写真のストック検索は、根気を要する作業です。プロジェクトに最適な1枚を見つけ出すために、長時間探し続けるケースも少なくありません。Adobe Senseiで機能強化されたAdobe Stockなら、この作業全体を高速化できます。必要な素材も瞬時に見つかります。

ストック素材検索の煩わしさからユーザーを開放

別の画像と似た写真をストックからすばやく見つけます。

被写体に焦点が合い、写真の他の要素がぼやけている画像を探します。

明るくカラフルにするか、暗くクールな抑えた色調にするかをコントロールします。

自然な位置や設定された位置など、使用可能なコピースペースにもとづいて画像をフィルタリングします。

クリエイターから質の高いコンテンツが生み出され、顧客満足度とエンゲージメントが向上します。

類似したストックアセットを検索する場合、コンテンツ、カラー、構成などの絞り込みツールを利用します。

アップロードされたコンテンツに提案されたタイトルを見直し、受け入れるか、拒否するか、編集します。

写真の中で、モデルリリースが割り当てられていない顔を検出し、リリースの不備に関する警告を受け取ります。

Adobe Fonts

テキスト領域が十分セグメント化され、プリトレーニング済みのニューラルネットワークに提供されたテキストの場合、そのフォントタイプを識別します。

アドビの5,300を超えるフォントのライブラリから、送信されたタイプの画像と視覚的に似ているフォントを検索します。

常に最適なフォントを選択

Adobe Fontsに搭載されたAdobe Senseiなら、無数にあるフォントの中からプロジェクトに最適なフォントを容易に検索、管理、使用できます。

常に最適なフォントを選択

Adobe Captureモバイル版

人工知能でキャプチャ機能を向上

Adobe Captureのモバイルアプリに搭載されたAdobe Senseiなら、様々なパターンやベクター、フォントなどをスマートフォンのカメラ機能で容易に認識し、品質を向上させ、類似フォントを検出できます。

人工知能でキャプチャ機能を向上

テキスト領域が十分セグメント化され、プリトレーニング済みのニューラルネットワークに提供されたテキストの場合、自動フォント識別によってフォントタイプを識別します。

モバイルデバイスの画像でシャドウを識別して除去することで、キャプチャしたエッジの質を向上します。

Adobe Color Service

アドビ製品全体で使用できるカラーテーマを作成します。

多彩なカラーの組み合わせ

デザインマテリアルに最適なカラーの組み合わせを容易に見つけることができます。Adobe Senseiを搭載したAdobe Color Serviceは、プロジェクトに調和する魅力的なカラーの組み合わせを提案します。常に最適な組み合わせが見つかります。

多彩なカラーの組み合わせ

Behance

好みのアートを容易に発掘

Behanceは、世界のクリエイティブプロフェッショナルやアーティストがポートフォリオを公開している有力なセルフプロモーションサイトです。これをAdobe Senseiと組み合わせれば、サイトをシームレスに閲覧、検索し、好みのアートを容易に発掘できます。

好みのアートを容易に発掘

協調フィルタリングを通してユーザーが好きになる可能性が高いコンテンツを予測し、既に気に入っているコンテンツや評価しているコンテンツに関連するコンテンツを表示します。

Adobe Spark

ディープニューラルネットワークを使用して画像の顕著性を予測し、テキストの配置、切り抜き、レイアウトの提案といった様々なデザイン作業にその顕著性マップを使用します。

クリエイティブな作業がさらに容易に

Adobe Sparkを使用すれば、デザインの経験がなくても、ポートフォリオやプレゼンテーションを含むクリエイティブな資料を作成、デザインして公開できます。Adobe Senseiを搭載したAdobe Sparkは、コピーを配置する場所を推奨し、最適な画像を切り抜き、コンテンツレイアウトを提案して、デザインプロセス全体を支援します。美しいコンテンツを瞬く間にデザインできます。

クリエイティブな作業がさらに容易に

Creative CloudとAdobe Senseiの関連資料

記事

マシン時代の創造性

アドビの研究部門のGavin Millerが、現在から将来に向けて人々の創造性をさらに高める人工知能(AI)の可能性について解説します。 

ユーザー事例

Cushman & Wakefield

創造性を高めるインテリジェントな検索システムの開発に、Adobe Senseiのテクノロジーを導入したCushman & Wakefieldの事例をご覧ください。

記事

人工知能(AI)と拡張現実(AR)の融合

優れた拡張現実のエクスペリエンスに人工知能が必須となっている現状について、アドビのブログ記事をご覧ください。