企業

Adobe® Zero-Trust Enterprise Network Platform
パートナー、大手調査会社、セキュリティ調査機関やその他の組織との連携により、常に最新の脅威や脆弱性を把握できます。アドビでは、これらの問題に取り組むためのイノベーションを、アドビの社内セキュリティサービスや、お客様に提供する製品やサービスへと定期的に組み込んでいます。このホワイトペーパーでは、Adobe® Zero-Trust Enterprise Network(ZEN)プラットフォームについて説明しています。このプラットフォームは利用者やデバイスのセキュリティ態勢に基づいて、アドビの企業ネットワークやリソースへ安全なアクセスを実現するイニシアチブです。
Adobeベンダー評価プログラムの概要
アドビのベンダーリスク評価プログラムは、アドビが管理する物理的なオフィスやデータセンター拠点以外から、アドビの代理としてデータを収集、保存、処理、送信、または廃棄するサードパーティに対する一連の要件です。このリスク評価プログラムはアドビの情報セキュリティ標準に対する各ベンダーの準拠状態を評価し、ベンダーのセキュリティ対策についてリスクベースでのレビューを提供します。
アドビクラウドサービスのコンプライアンス概要
アドビの総合的なセキュリティ戦略の重要なコンポーネントである、Common Controls Framework(CCF)について説明します。アドビがCCFを使用してどのようにSOC2、FedRAMP、PCI DSSなどの標準の要件を満たし、同様にお客様もどうすれば各種規制や標準への準拠を実施できるかをご確認ください。
最新の準拠認証、規格、規制の一覧
現在アドビ製品やソリューションでサポートされ、準拠している認証、規格、政府規制がすべて記載されています。
アドビクラウドサービス: インシデントへの対応の概要
アドビは、インシデントに対応するための全社的かつ統合的なプログラムが、製品戦略と同様に組織の成功において極めて重要であると認識しています。そこで、アドビはリスクが最も高い分野に焦点を置いた包括的なプログラムを導入します。これは、アドビが保有するお客様情報のセキュリティに対する信頼を高めることを目的としたものです。ホワイトペーパーでは、このプログラムについて詳しく説明します。
電子政府向けアドビセキュリティ機能
アドビは電子政府向けセキュリティソリューションを日々拡張しています。アドビの強力でコスト削減効果の高いクラウドソリューションの概要をご確認ください。Adobe Connect、Adobe Experience Manager Formsをはじめとする、官公庁向けに特化した数々のセキュリティ機能が含まれます。
アドビのセキュアエンジニアリングの概要
アドビでは、業界標準を遵守したセキュリティプロセスや対策の作成について、多くのリソースを投入してきました。研修や、専門家のガイダンス、できる限り多くのプロセスの自動化を組み合わせることでセキュリティを強化し、人的エラーを削減します。このホワイトペーパーでは、製品やサービスのエンジニアリング作業をおこなう際のセキュリティ対策に関するアドビの戦略や哲学の進化について説明します。
セキュリティ文化の構築
お客様のデータの安全、秘密、可用性を維持するため、アドビでは、あらゆるデータの動きとやり取りをセキュリティ基準に沿って実施することを使命としています。この目的を達成するため、セキュリティ文化を全社的に構築し、あらゆるアドビ製品とサービスを通じてセキュリティの向上を目指しています。アドビが実践しているプログラムとポリシーについて詳しく説明します。

Creative Cloud

Adobe Creative Cloudエンタープライズ版のセキュリティ概要
Creative Cloudエンタープライズ版には、Creative Cloudアプリケーションの全コレクションに加えて、クリエイティブサービス、最高水準のエンタープライズ向けサポート、エキスパートサービスといったビジネス機能も含まれます。プロビジョニングの一元管理、デプロイメントのカスタマイズを必要とする大規模組織のお客様向けです。Creative Cloudエンタープライズ版のユーザーエクスペリエンスとデータセキュリティ機能について詳しく説明します。
Adobe Business Catalystのセキュリティ概要
Business Catalyst(BC)は、企業webサイトとオンラインマーケティング機能を統合した一体型ソリューションです。コンテンツ管理(CMS)、顧客関係管理(CRM)、電子メールマーケティング、eコマース、オンライン解析のための統合プラットフォームとなります。Business Catalystのユーザーエクスペリエンスとデータセキュリティ機能について詳しく説明します。

Document Cloud

Adobe Document Cloudのセキュリティ概要
Document Cloudは手書きによる紙ベース処理をデジタル化するデジタルドキュメントソリューションのポートフォリオです。Acrobat DC、Adobe Sign、webアプリ、モバイルアプリが含まれます。Document Cloudが業界標準のセキュリティ対策を使用して文書、データ、個人情報を保護する仕組みを説明します。

 

Adobe Signのテクニカル概要
Adobe Signでは、手書き署名プロセスをデジタル化することができます。Adobe Signのセキュリティ機能と多くの業界規格や標準規格に準拠する仕組みをご確認ください。
Adobe AcrobatとAcrobat Reader DCのセキュリティ概要
Adobe AcrobatとAcrobat Reader DCの新しいセキュリティ機能、オペレーティングシステムとの緊密な連携、使いやすいデプロイメント/管理ツールによって、総所有コスト(TCO)の削減を実現します。
Adobe Signと21 CFR Part 11
21 CFR Part 11では、米国食品医薬品局(FDA)への電子文書と署名の提出要件について定義しています。このホワイトペーパーは、21 CFR Part 11の各コンプライアンス要件を遵守するようAdobe Signを設定する方法の詳細をまとめています。

Experience Cloud

Adobe Experience Cloudセキュリティの概要
Adobe Experience Cloudは、あらゆる場面において、すべてのお客様に理想的なエクスペリエンスを提供できるよう支援します。これを可能にしているのは、個別のExperience Cloudソリューションの基礎となるコアプラットフォームです。プラットフォームには、一連のコアサービス、共有コンテンツとデータ管理、一般的なエンドユーザーと管理ユーザーのインターフェイスが含まれています。このホワイトペーパーは、このコアプラットフォームのセキュリティ機能やコンプライアンスに対する姿勢について説明しています。
Adobe Analyticsのセキュリティ概要
Adobe Analyticsのセキュリティアーキテクチャと機能について説明します。顧客データを使用して有望な顧客を絞り込み、マーケティング効果を高めることができます。
Adobe Campaignのセキュリティ概要
Adobe Campaignのセキュリティアーキテクチャと機能について説明します。Adobe Campaignはクラス最高レベルのキャンペーン、プロモーション、パーソナライゼーション管理機能を備え、あらゆるチャネルを横断してマーケティングプログラムを実行できます。
Adobe Advertising Cloudのセキュリティ概要
Adobe Advertising Cloudは、従来のTVとデジタルフォーマットをまたいだ広告管理のための、業界初のエンドツーエンドのプラットフォームです。このホワイトペーパーでは、Adobe Advertising Cloudにおけるユーザーエクスペリエンスやデータのセキュリティを強化するために、アドビが実行している厳重な対策とセキュリティ手順について説明します。
Adobe Experience Managerのセキュリティ概要
Adobe Experience Managerにおけるwebコンテンツマネジメントプラットフォームのアーキテクチャとセキュリティ機能をご確認ください。web公開時のあらゆるステージで、利用者情報とコンテンツアセットの安全を保護する仕組みを説明します。
Adobe Experience Manager Mobileオンデマンドサービス
のセキュリティ概要

Adobe Experience Manager
Mobileプラットフォームでは、モバイルデバイス上のアプリのデザイン、構築、マーケティング、測定ができます。オンデマンドサービスとオンプレミスソフトウェアまたはマネージドサービスの組み合わせです。業者とアプリケーションを選定中のITセキュリティ管理者は、このホワイトペーパーでソリューションのオンデマンドサービスに関するセキュリティ機能についてご確認ください。
Adobe Experience Manager Livefyreセキュリティの概要
Adobe Experience Manager Livefyreでは、リアルタイムのコンテンツ、会話、ソーシャルキュレーションを組み合わせて、消費者とつながることができます。このホワイトペーパーでは、Adobe® Experience Manager Livefyreにおけるユーザーエクスペリエンスやデータのセキュリティを強化するために、アドビが実行している厳重な対策とセキュリティ手順について説明します。
Adobe Targetのセキュリティ概要
Adobe Targetのネットワークアーキテクチャ、データセンター構成、利用者向けセキュリティ機能、キャンペーンモジュールについて説明します。A/B、ルールベース、多変量テストによるデジタルマーケティングメッセージの有効性の理解に役立ちます。
Adobe Socialのセキュリティ概要
Adobe Socialには、会話の監視とモデレーション、コンテンツの公開と販売促進、エンゲージメントとコンバージョンデータの分析機能があります。セキュリティ機能とソーシャルメディアの継続管理による適切な利用方法ついて説明します。
Adobe Primetimeのセキュリティ概要
Adobe PrimetimeはIP接続されたスクリーンで視聴者にコンテンツを配信できます。コンテンツと利用者データの保護に役立つPrimetimeのアーキテクチャとセキュリティ機能について説明します。
Adobe Audience Managerのセキュリティ概要
お客様が収集した情報をAdobe Audience Managerのセキュリティ機能とデータ構造が保護する仕組みを説明します。堅牢なユーザープロファイルを構築し、貴重なweb上のセグメントを明らかにするのに役立ちます。