あらゆるチャネルで一貫したキャンペーンを展開

Adobe Campaignとは

オンラインとオフラインにわたり、一人ひとりに応じてパーソナライズされたクロスチャネルキャンペーンを展開します。
容易にキャンペーンを展開
データやクロスチャネルキャンペーン成果をまとめて管理できます。

顧客を引きつける電子メールを配信

一人ひとりに合わせた最新の電子メールメッセージで、適切なエクスペリエンスを提供します。

キャンペーンの自動化

マーケティングオートメーションにより、キャンペーンを効率化し、展開にかかる時間を短縮します。

Adobe Campaignの機能

多様なマーケティングチャネルにおける行動や関心をもとに、一人ひとりのプロファイルを構築します。
 
視覚的なインターフェイスにより、一回だけの施策からトリガーメッセージまで、多様なチャネルにまたがるエクスペリエンスを判りやすく設定、自動化します。
 
多様なチャネルにおける顧客の状況に応じてパーソナライズし、電子メールを適切で魅力的な内容にします。
 
集中管理された動的なオファーカタログを通じて、一人ひとりに応じたメッセージをインバウンド/アウトバウンドにわたって提供します。
 
統合によってキャンペーンを強化

ソリューションを組み合わせてキャンペーンを強化

Adobe AnalyticsやAdobe Experience Manager、Adobe Marketing Cloudコアサービスと組み合わせ、有益なインサイトや柔軟なコンテンツ管理機能を活用すれば、Adobe Campaignをさらに戦略的に活用できます。

電子メールの有効活用

電子メールは昔ながらの頼りになるチャネルであり、他のマーケティングチャネルと比較しても高いROIを実現します。しかし、このチャネルを有効活用するにはそれなりの工夫が必要です。アドビが提案する最新の電子メールマーケティングについてご検討ください。


密度の濃いキャンペーンを広範囲に展開

米国のプロスポーツチームL.A. KingsとL.A. Galaxyのマーケティング部門は、アドビのソリューションを活用して、ファンに究極のエクスペリエンスを提供しています。

米国のボストン美術館は、パーソナライズされたキャンペーンを利用して、来館者一人ひとりに合わせたエクスペリエンスを提供しています。

Forrester Consulting は、Adobe Campaignの活用事例として、電子メール開封率を60%向上させる一方で、電子メールの総数を16%低減させた専門小売店の取り組みを紹介しています。

アドビは再度「リーダー」の評価を獲得

Gartnerは、マルチチャネルキャンペーン管理についての最新のMagic Quadrantでアドビをリーダーと評価しました。