価値ある、オーディエンスプロファイルを構築

Adobe Audience Manager

Adobe Audience Managerとは

価値のある顧客セグメントを特定し、あらゆるデジタルチャネルで活用できるオーディエンスプロファイルを構築するデータ管理プラットフォーム(DMP)です。
 
オーディエンスの理解
あらゆるデータソースを統合して顧客の全体像を把握します。

セグメントの作成

継続的にセグメントの作成と整理を行い、ターゲティングとパーソナライゼーションの効果を向上させることができます。

広告への活用

どのようなプラットフォームでも狙ったセグメントにターゲティングし、広告キャンペーンの効果を向上させることができます。

Audience Managerの機能

行動やデモグラフィック属性にもとづくルールを使用して、ターゲットを絞ったオーディエンスセグメントを作成します。
 
あらゆるコンテンツ配信プラットフォームで特定のプロファイルをターゲットにできます。
 
各種レポートから、オーディエンスに関するインサイトを明らかにしたり、新しいセグメントを見つけたりできます。
 
カスタマージャーニーの全体を通して、あらゆる顧客接点やデバイスで顧客と企業との結びつきを密にします。
 
あらゆるチャネルから顧客データを収集し、エクスペリエンスの向上とパーソナライズに活用します。

広告主のオーディエンス活用

広告主は、統合されていてアクショナブルなオーディエンスプロファイルをもとに収益と顧客基盤の拡大を図ることができます。あらゆるデータソースから得たアトリビューション情報をもとに価値の高いオーディエンスセグメントを作成し、広告のターゲティングに活用することができます。

媒体社のオーディエンス活用 

媒体社は、ページビューをもとにした広告メニューではなく、広告主企業のビジネスターゲットに合わせたオーディエンスプロファイルをもとに広告メニューを販売することができます。

最新のトレンドをおさえる

アドビは、オーディエンス管理に関連する最新の動向、戦略、課題をブログでご紹介しています。さまざまな疑問の答えを見つけてください。

Audience Managerユーザー事例

メディアの巨大企業、Time Warner Cable社は、顧客の視点に立つことで、エクスペリエンスの向上を実現しました。

オーディエンスを見極め、最適なコンテンツを提供している、多国籍出版社の取り組みをご覧ください。

大手PCメーカーのLenovo社は、顧客がPCをセレクトするツールを最適化することで、クリック率を495%上昇させました。

現状に満足せず、常に新しい取り組みを

アドビが「The Forrester Wave™: Data Management Platforms, Q4 2015」においてリーダーと評価された理由と、Adobe Audience Managerがビジネスにどう役立つかについてのレポートをお読みください。

マーケティング成果を高めるために

Audience Managerのベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。