After Effectsで多彩な映像表現を

アニメーター、デザイナー、コンポジターは、After Effectsを使って、映画、テレビ、ビデオ、Web用のモーショングラフィックスやビジュアルエフェクトを制作できます。
  • 小さなスクリーンでも、素晴らしい映像体験を
  • エンドロール、回転する文字、渦巻くタイトル

    アニメーションタイトル、クレジット、字幕を作成できます。最初から始めることも、アプリ内のすぐに使えるアニメーションプリセットの1つを使うこともできます。回転からスワイプ、スライドまで、After Effectsでテキストを移動する方法は無数にあります。

  • 圧倒的なエフェクトでインパクトの強い作品に

    ビデオと画像を組み合わせて、空にUFOを飛ばしたり、ロゴをぼかしたり、爆発を起こしたりできます。可能性は無限です。霧を加えたり、色を変えたり雪を降らせたり、数百のエフェクトで思いどおりの外観に編集できます。

  • 大画面で自己主張を
  • どのようなカメラでもどのようなフォーマットでも
  • アニメーション化

    ロゴ、シェイプ、アニメなど、キーフレームを使ってあらゆるものに動きを与えることができます。サウンドを追加して非常に魅力的な作品にすることができます。

  • スムーズに連携

    After Effectsは、他のCreative Cloudアプリとシームレスに連携します。編集が完了したら、Dynamic Linkを使ってPremiere Proでどのように表示されるかをすぐに確認できます。Photoshop、Illustrator、Auditionから作品を簡単に読み込むことができます。さらに、チームプロジェクトを使って、どこからでも編集担当と協調できます。
  • スムーズに連携

新しい機能をご体験ください

新機能が定期的に更新されることで、After Effectsは常に向上しています。また、メンバーシップがあれば、リリース後すぐに利用できます。最新の更新をここでいくつかご紹介します。
複数プロジェクトでの同時作業
データ駆動型アニメーション
読み込んだデータを使って、チャート、グラフ、プロモーション、スケジュールなどのモーショングラフィックをアニメーション化します。
複数プロジェクトでの同時作業
イマーシブVR編集
After Effectsと360度VR用ツールの連携が大幅に強化されました。Equirectangular(正距円筒図法)形式の360度VRビデオを編集したり、360度ビデオにエフェクトやモーショングラフィックスをシームレスに適用したりすることもできます。
複数プロジェクトでの同時作業
キーボードショートカットのマッピング
ビジュアルマップを使用して、キーボードショートカットをすばやく検索、カスタマイズできます。
複数プロジェクトでの同時作業
パフォーマンスとナビゲーションの向上
直観的なスタート画面で作業をすばやく開始できます。レイヤーのトランスフォームとモーションブラーをGPUでレンダリングします。また、新しいメニューでお気に入りのフォントを選択、プレビューできます。

初心者でも簡単にスタート

ステップバイステップ形式のチュートリアルで使い方を学び、クリエイティブコミュニティの作品を参考にしましょう。
初心者でも簡単にスタート

最適なプランをお選びください

Adobe After Effects CC
単体プラン
<MAXリリース記念キャンペーン>
今だけ初年度月額1,280円(税別)12月1日まで
Creative Cloud
コンプリートプラン
<MAXリリース記念キャンペーン>
こちらも今だけ初年度月額3,980円(税別)の特別価格。12月1日まで
学生・教職員
Creative Cloudコンプリートプランを初年度特別価格でご提供。月額わずか1,980円(税別)
法人向け
<MAXリリース記念キャンペーン> CS3以上をお使いの法人ユーザー様向け特別提供価格。12月1日まで 4,980円/月(税別) 詳細はこちら ›

Creative Cloudでもっと快適な制作を

After EffectsはCreative Cloudで利用できます。モーショングラフィックスのテンプレートやAdobe Stockのビデオ素材など、すべてのアセットにアプリ、デスクトップ、モバイルデバイスからアクセスし、共有できます。