アドビ一般利用条件
 

最終更新日:2015年4月7日-2014年6月18日に発行された版の全内容に代わるものです。

本利用条件は、アドビのウェブサイトまたはCreative Cloudなどのサービス(以下総称して「本サービス」といいます)、およびアプリケーション、コンテンツファイル(下記で定義)、スクリプト、命令セット、関連文書を含むアドビのサービスの一部として含まれているソフトウェア(以下総称して「本ソフトウェア」といいます)の、お客様による使用に適用されます。本サービスまたはソフトウェアを使用することにより、お客様は本規約に同意するものです。お客様が特定のサービスまたはソフトウェアに関して、アドビとの間に別の契約を交わしている場合で、当該契約書が本契約と矛盾する場合は、当該別契約の条件が優先されます。以下の第3条で説明するように、お客様が本サービスを通じて提供するお客様のコンテンツにお客様が有するすべての権利および所有権は、お客様が保持します。

1. 本契約書の効果

1.法の選択 お客様が北米にお住まいの場合、本契約はお客様と米国Adobe Systems Incorporated(アドビ・システムズ社)との契約となり、本サービスおよび本ソフトウェアは米国カリフォルニア州の法律に準拠します。北米以外にお住まいのお客様については、本契約はお客様とAdobe Systems Software Ireland Limited(アドビ・システムズ・ソフトウェア・アイルランド社)との契約となり、本サービスおよびソフトウェアはアイルランドの法律に準拠します。お客様には本契約に基づく権利のほか、法に基づく権利が認められている場合があります。アドビは、法律で禁じられている範囲では、これらのお客様の権利を制限しません。

1.資格 お客様が(a) 13歳を超えており、かつ(b)拘束力のある契約を結ぶことが法律によって許されている場合にのみ、本サービスを利用できます。

1.プライバシー http://www.adobe.com/go/privacy_jpに記載されているプライバシーポリシーが、お客様がアドビに提供する個人情報に適用されます。本サービスまたは本ソフトウェアを使用することで、お客様はアドビのプライバシーポリシーの条件に同意するものです。

1.利用可能性 本サービスを説明するページには世界中でアクセスできますが、これはすべての本サービスまたはサービス機能がお客様の国で利用できることを意味せず、本サービスを介して利用可能なユーザー生成コンテンツが、お客様の国で合法であることを意味しません。アドビは、特定の国で特定の本サービス(または特定のサービス機能やコンテンツ)へのアクセスをブロックすることがあります。お客様には、本サービスを利用することがお客様が利用している国で合法であることを、確認する責任があります。本サービスはすべての言語に対応するものではありません。

1.追加条件 一部の本サービスや本ソフトウェアには、下記の追加条件(「追加条件」)も適用されます。アドビがお客様に提供すあらゆるコンテンツ(本ソフトウェア、SDK、サンプルなど)はお客様にライセンスが付与されるものであり、販売されるものではありません。また、追加条件が適用されることがあります。新しい追加条件は随時追加されることがあります。

 

1.優先順位 本契約の条項と追加条件の間に矛盾がある場合、その本サービスまたは本ソフトウェアに関しては、追加条件が優先します。

1.変更 アドビは、本サービス、本ソフトウェア(その部分または機能の一部を含む)を、お客様および他の者に対して何らの責任を負うことなく、随時変更、更新または廃止することがあります。ただし、変更する前にお客様に通知するように合理的な努力をいたします。お客様がコンテンツをダウンロードするための合理的な時間があるようにもいたします。ある本サービス全体を中止する場合、その本サービスに対して前払い済みの未使用の料金を、比例配分で返金いたします。

2. サービスの使用

2.ライセンス お客様は、本利用条件と法律に従うことを条件に、本サービスにアクセスして使用することができます。

2.アドビの知的財産 本サービスおよび本ソフトウェアに関するすべての権利、権原および権益は、アドビ(およびアドビのライセンサー)のみが所有し続けます。本契約に基づいて付与されない権利については、すべてアドビが所有します。

2.ストレージ 本サービスによってストレージが提供される場合、お客様はご自身のコンテンツを定期的にバックアップし続けることを、お勧めします。アドビでは、ファイルサイズ、ストレージスペース、処理能力の制限など、合理的な技術的制限をお客様のコンテンツに対して設定する場合があります。お客様がご自身のアカウントに対するストレージスペース限度内になるまでに、アドビが本サービスを停止する場合があります。

2.ユーザーが作成したコンテンツ アドビは、ユーザーが作成して提供するコンテンツをホストする場合があります。アドビの本サービスにアクセスした場合、お客様は不快に感じたり不愉快に思うコンテンツに見つける可能性があります。その場合の唯一のお客様に対する救済方法は、そのコンテンツの閲覧をやめることです。「通報」ボタンがある場合は、そのボタンをクリックしてそのコンテンツをアドビに通報することができます。

2.コンテンツファイル コンテンツファイル」とは、ストック画像や音声など、アドビ提供のサンプルファイルを意味します。コンテンツファイルに関連付けられるドキュメントや特定の使用許諾書に別途記載がないかぎり、お客様はこれらのコンテンツファイルを使用、表示、変更、複製および配布することができます。ただし、コンテンツファイルを単体(すなわちコンテンツファイルが配布される製品の価値の主要部分を占める場合)では、配布することはできません。お客様は、コンテンツファイルまたはその二次的著作物に関して、いかなる商標権も主張できません。

2.その他のライセンスタイプ

(a) NFR版 アドビは本ソフトウェアまたは本サービスを、「体験版」、「評価版」、「非再販用」などに(以下総称して「NFR版」といいます)指定する場合があります。お客様は、アドビがNFR版提供時に述べた期間および目的のみに、NFR版をインストールおよび使用できます。お客様は、NFR版を使って作成したいかなる資料も、非商業的目的以外に使用してはなりません。

(b) プレリリース版 本ソフトウェアまたは本サービスは、プレリリース版またはベータ版(以下、「プレリリース版」)に指定される場合があります。プレリリース版は、最終製品ではなく、システムエラーなどの不具合やデータの損失を引き起こすバグが含まれている可能性があります。アドビは、プレリリース版を販売しない選択をする場合があります。アドビから要請があった場合、またはアドビがプレリリース版の商用版をリリースした場合、お客様はすみやかにプレリリース版の使用を中止し、すべてのコピーを破壊しなければなりません。アドビがお客様と締結した、プレレリース版に適用される別個の契約はすべて、プレレリース版に関して本条で規定する定めに優先します。

(c) 教育版  アドビが本ソフトウェアまたは本サービスを教育機関ユーザー用に指定した場合(「教育版」)、http://www.adobe.com/go/edu_purchasing_jpに記載されている資格要件を満たすお客様のみが教育版を利用できます。また、お客様が教育機関ユーザーとしての資格を認められる国でのみ、教育版をインストールし、使用することができます。お客様が欧州経済地域にお住まいの場合、上記の「国」という言葉は、「欧州経済地域」を意味します。

3. お客様のコンテンツ

3.所有権 お客様は、お客様のコンテンツに対する権限と所有権をすべて保持します。お客様のコンテンツに対して、アドビは所有権を主張しません。

3.サービスを運用するためのお客様のコンテンツに対するライセンス アドビは、本サービスを運用および有効にするために、お客様のコンテンツに対するお客様からの一定のライセンスが必要です。お客様が本サービスにコンテンツをアップロードするとき、ユーザー主導のアクション(個人的に保存することを選択した場合、コンテンツを他のユーザーと共有することを選んだ場合など)に応じて必要な、そのコンテンツを使用、複製、公に表示、配布、変更(たとえばお客様のコンテンツをよりよく見せるため)、公に実行、翻訳するための、非排他的、世界規模の、ロイヤリティ無料の、サブライセンス可能な、譲渡可能なライセンスをお客様はアドビに付与するものとします。本ライセンスは、本サービスを運用または改善することのみを目的としています。

3.3 アドビのアクセス権 アドビは、本サービスを実行するために合理的に必要な場合を除き、お客様のいかなるコンテンツにもアクセス、表示、または聞くことはしません。本サービスの実行に合理的に必要なアクションには、右記があります(ただしこれらに限定されません):(a)サポートリクエストへの対応、(b)詐欺、セキュリティ、違法な、または技術的な問題を検出、防止、または対処、(c)本利用条件を執行する。

3.4 お客様のコンテンツの共有

(a) 共有 一部の本サービスは、お客様がお客様のコンテンツを他のユーザーと共有する、または公開することができるようにする機能を提供します。共有」とは、本サービスの使用を通じて、電子メール送信、掲載、伝送、アップロード、その他の方法により(アドビまたは他のユーザーに)利用を可能にすることを意味します。他のユーザーは、様々な方法でお客様のコンテンツを使用、複製、変更、または再共有することができます。お客様はお客様が共有するコンテンツについて一切の責任を負うものですので、何を共有または公開する対象に選択するかを、慎重に検討してください。

(b) アクセスレベル アドビは、他のユーザーがお客様のコンテンツで何をするかを、監視も管理もしません。お客様には、お客様のコンテンツに課される限界を決定する責任、およびお客様のコンテンツへのアクセスに適切なレベルのアクセス権を適用する責任があります。お客様がお客様のコンテンツに適用するアクセスレベルを設定しないと、最も許可範囲の広いデフォルトのレベルに自動設定される場合があります。他のユーザーにお客様のコンテンツを共有する方法を知らしめること、およびお客様のコンテンツへのアクセスまたは共有に関連する設定を調整することは、お客様の責任です。

(c) コメント 本サービスではお客様がコンテンツにコメントを付けることができます。コメントは匿名ではなく、他のユーザーが閲覧できます。お客様のコメントは、お客様、他のユーザー、またはアドビが削除できます。

3.ライセンスの終了 お客様は、本サービスからお客様のコンテンツを削除することにより、いつでもお客様のコンテンツに対するこのライセンスを取り消してアドビの権利を終了させることができます。ただし、アドビの日常的なバックアップの一部として、お客様のコンテンツの一部のコピーが保持されることがあります。

3.フィードバック お客様はアドビにアイディア、提案、提言(以下「フィードバック」といいます)を提供する義務はありません。ただし、お客様がアドビにフィードバックを提供した場合、お客様はアドビに非独占的、全世界的、無償のライセンスを付与します。このライセンスは、サブライセンス可能で譲渡可能であり、本フィードバックを作成、使用、販売、作成させる、販売の申し出、輸入、複製、公に表示、配布、変更、および公に実行する権利を含みます。

3.お客様のコンテンツを販売 アドビによってお客様は、アドビの本サービスを介して他のユーザーにお客様のコンテンツのライセンスを付与できることがあります。これが可能な場合、お客様は、お客様のコンテンツのライセンスをアドビを介して別個の契約で、または他のユーザーにお客様と購入者の間の契約で直接、付与することを選択できます。

4. アカウント情報

お客様は、お客様のアカウントを介して発生するすべての活動に責任があります。お客様のアカウントの無許可の使用に気付いた場合、直ちにカスタマーサポートに通知してください。お客様は、(a)お客様のアカウント情報を共有してはならず(許可されたアカウント管理者を除く)、(b)他の人のアカウントを使用してはなりません。アカウント管理者は、お客様のアカウント情報を使用して、お客様の本サービスの使用およびアクセスを管理することができます

5. ユーザーの行動基準

5.責任ある使用 アドビコミュニティは多くの場合、ある程度の礼儀とプロ意識が期待されるユーザーで構成されます。お客様は、本サービスを責任を持って使用する必要があります。

5.不正使用 本サービスの一部としてアドビが提供する本サービス、本ソフトウェア、またはコンテンツを、不正使用してはなりません。例えば、決して以下を行なってはいけません。

(a) 本サービス、本ソフトウェア、またはコンテンツを、複製、変更、ホスト、ストリーム、サブライセンス、または再販すること。

(b) 他のユーザーがお客様のアカウント情報を使用して本サービス、本ソフトウェア、またはコンテンツを使用できるようにするか、使用を許可すること。

(c) 本サービスに含まれているコンテンツまたは本ソフトウェアを使用して、何らかの種類のデータベースを構築すること。

(d) アドビが提供または許可したインターフェース以外の手段で、本サービスにアクセスするか、アクセスしようとすること。

(e) 本サービスの特定の使用を防ぐために導入されているアクセス制限や使用制限を回避すること。

(f) 他人の知的財産権を侵害するコンテンツの共有または行為(「知的財産権」とは、著作権、著作者人格権、商標、トレードドレス、特許、営業秘密、不正競争、プライバシーの権利、肖像権、その他の専有権を意味します)。

(g) 違法、有害、脅迫的、侮辱的、不法、中傷的、名誉毀損、低俗、猥褻、冒涜的、プライバシー侵害、または悪意的なコンテンツのアップロードまたは共有。

(h) いずれかの個人または団体になりすます、またはいずれかの個人または団体との関係を偽る、またはその他の形で関係を不正確に伝えること。

(i) 本サービス、ソフトウェア、またはハードウェアを無効にしようとする、または損なおうとする、または破壊しようとすること。

(j) 他のユーザーが本サービスを使用することを、中断させる、妨害する、または阻止すること(何らかの方法での、ストーカー行為、威圧行為、または他のユーザーへの嫌がらせ行為、他のユーザーが暴力を振るうように扇動、未成年者への危害行為など)。

(k) チェーンレター、迷惑メール、ねずみ講、スパム、またはその他の非請求メッセージに携わること。

(l) 本サービスに何らかの製品またはサービスの広告を掲載すること。

(m) 本サービスに関連して、何らかのデータマイニングまたは類似のデータ収集方法、およびデータ抽出方法を使用すること。

(n) 適用される法律に違反すること。

6. 料金と支払い

6.税金および第三者料金 お客様は適用される税金、第三者から請求される料金(固定電話料金、携帯電話料金、ISP料金、データプラン料、クレジットカード手数料、外国為替手数料あんど)を支払わなければなりません。アドビにはこれらの料金を支払う責任はありません。アドビが、これらのお客様負担の料金を徴収するための手続きを取る場合があります。これらの徴収に掛かる費用はすべてお客様負担となります。

6.クレジットカード情報 お客様の支払い方法の更新がアドビに通知されない場合、お客様のサービスの中断を避けるためにアドビは、お客様のカードプロバイダーがサポートしているプログラムに参加してお客様の支払情報を更新することを試行することがあり、お客様には、アドビが、取得した更新情報を使用したお客様のアカウントへの請求を継続することを、許可するものです。

7. お客様の保証および補償義務

7.保証 本サービスへお客様のコンテンツをアップロードすることにより、お客様は以下を保有することに同意するものです。(a)お客様のコンテンツを使用および共有するために必要なすべてのライセンスならびに許可、および(b)本利用条件に基づくライセンスを付与するために必要な権限。

7.補償 お客様は、お客様が使用する本サービスまたは本ソフトウェア、お客様による本利用条件の違反によって発生する、またはこれに関連する、あらゆる請求、要求、損失、または損害(合理的な弁護士費用を含む)について、アドビおよびその子会社、関連会社、役員、エージェント、従業員、パートナー、およびライセンサーを補償するものとします。

8. 保証の否認

8.追加条件に記載されていないかぎり、本サービスおよび本ソフトウェアは「現状のまま」で提供されます。アドビは法律で認められる最大範囲まで、権利侵害のないこと、商用性、特定目的への適合性に関する黙示の保証を含めて、あらゆる明示的および黙示的な保証を否認します。アドビは、本サービス内のコンテンツについて、コミットメントしません。アドビはさらに、(a)本サービスまたは本ソフトウェアがお客様の要件を満たすこと、または常に利用可能で、中断されることがなく、タイムリーで、安全で、エラーがないこと、(b)本サービスまたは本ソフトウェアの利用から得られる結果の有効性、正確性または信頼性、(c)本サービスまたは本ソフトウェアの品質がお客様の期待に適合すること、または(d)本サービスまたは本ソフトウェア内のエラーまたは欠陥が修正されることについて、一切の保証を否認します。

8.アドビは、お客様が本サービスまたは本ソフトウェアを使用された結果としてのあらゆる訴えに対して、明確に責任を負わないものとします。お客様は、ご自身の裁量とリスクで本サービスまたは本ソフトウェアを使用およびアクセスし、本サービスまたは本ソフトウェアを使用およびアクセスすることから発生する、使用しているコンピューターシステムのあらゆる損傷またはデータ損失は、お客様のみに責任があります。

9. 責任の制限

9.追加条件に記載がない限り、アドビは以下についてお客様または他者に対して責任を負いません。(a)予見可能であるか否かを問わず、使用、データ、営業上の信用、または利益の喪失、(b)一切の特別、付随的、間接的、派生的損害、または懲罰的損害(アドビがこれらの損害の可能性について知らされていた場合であっても)、これには(x)予見可能であるか否かを問わず、使用、データ、または利益の喪失に起因するもの、(y)契約または保証への違反、過失またはその他の不法行為を含むいかなる責任の法理に基づくもの、または(z)お客様の本サービスまたは本ソフトウェアの使用またはアクセスに起因して、または関連して発生した、その他のいかなるクレームも、含まれます。本条件のいかなる定めも、重過失、アドビ(またはアドビ従業員)による故意の違法行為、または死亡や傷害に対するアドビの責任を制限および除外するものではありません。

9.本契約から生じる、またはこれに関連して生じるあらゆる事柄に対するアドビの責任の総額は、100米ドルまたは当該責任を生じさせる事柄の発生前3ヶ月間にお客様が本サービスおよび本ソフトウェアにアクセスするために支払った総額のいずれか大きい額を限度とします。この限度は、その金額を超える責任の可能性についてアドビが通知を受けていた場合でも、また限定的救済策の基本的目的欠如の場合でも、適用されます。

9.この第9条の限度額および除外は、法律で認められる最大範囲まで適用されます。

10. 終了

10.お客様による終了 お客様は本サービスの使用をいつでも中止することができます。お客様のアカウントを解約しても、未払いの料金を支払う義務を免れるものではありません。

10.アドビによる終了 正当な理由以外によりアドビが本契約を終了する場合、アドビはお客様から提供いただいている電子メールアドレスを使って、少なくとも終了日の30日前までにお客様に通知するよう、合理的な努力を行います。当該通知にはお客様のコンテンツの回収方法も記載されます。追加条件に記載がない限り、以下の場合、アドビはいつでもお客様との本利用条件(および本サービスまたは本ソフトウェアへのアクセス権)を終了することができます。

(a) お客様が本利用契約の規定に違反した(またはお客様が本利用条件に従う意思がないか、従うことができないことを明らかに示す行動をした)場合、

(b) お客様が本ソフトウェアまたは本サービスに対する料金を適時に支払わなかった場合、

(c) 法によりアドビが本利用条件を終了することが義務付けられた場合(例えば、お客様に対する本サービスまたは本ソフトウェアの提供が違法である、または違法となった場合)、

(d) アドビが、本サービスまたは本ソフトウェアの全体または一部を中止することを選択した場合(法律の変更により、お客様の地域で本サービス提供を継続することが実際的でなくなった場合など)、または

(e) お客様の無償アカウントが長期間使用されなかった場合。

10.グループ管理者による終了 「Creative Cloudグループ版」などの本サービスのグループ管理者は、いつでもユーザーの本サービスへアクセスを終了できます。グループ管理者がお客様のアクセス権を終了すると、お客様は、本サービス内の共有ワークスペースでお客様またはグループの他のユーザーが共有していたコンテンツへ、アクセスできなくなります。

10.存続 お客様が付与した永続的ライセンス、本契約に規定されているお客様の補償義務、アドビの保証の否認または責任の制限、および紛争の解決条項は、本利用条件の期間満了または終了後も有効に存続します。本サービスの満了時または終了時に、本ソフトウェアの一部または全部が事前に通知することなく動作を停止する場合があります。

11. 調査

11.スクリーニング アドビは本サービスにアップロードされたすべてのコンテンツをレビューしませんが、利用可能な技術やプロセスを用いて特定の種類の違法なコンテンツ(たとえば、児童ポルノ)またはその他の悪質なコンテンツや言動(たとえば、スパムやフィッシング詐欺を示すパターンの活動、成人向けコンテンツがアダルトウォールの外に掲載されていることを示すキーワードなど)をスクリーニングすることがあります。

11.開示 アドビは以下の場合に、お客様またはお客様の本サービスの使用に関する情報にアクセスまたは開示することがあります。(a)法律上要求されるとき(有効な召喚状や令状をアドビが受け取ったときなど)。(b)お客様のカスタマーサービスサポートへの依頼に対応するため。(c)アドビ独自の裁量で、アドビ、そのユーザー、または公衆の権利、財産、または個人の安全を保護するために必要であると考えるとき。

12. 輸出規制法

本ソフトウェア、本サービス、コンテンツ、およびお客様による本ソフトウェア、本サービス、およびコンテンツの使用は、本ソフトウェア、本サービスおよびコンテンツの輸入、輸出および使用に関する米国のおよび国際的な法律、規制、および規則の適用を受けます。お客様は、当該の法律、規制、および規則のすべてを順守することに同意するものです。

13. 紛争の解決

13.プロセス お客様に何らかの懸念や紛争が発生した場合、お客様は、まずアドビに問い合わせることによって紛争を非公式に解決しようとすることに同意するものとします。提出後30日以内に紛争が解決されない場合、お客様またはアドビは、本利用条件、本サービス、または本ソフトウェアに関するクレームを、最終的で拘束力のある仲裁によって、解決する必要があります。但し、お客様の請求に適格性があり、少額裁判所で主張する場合を除きます。

13.規則 アメリカ大陸に在住の場合、仲裁は、JAMSによって、その包括的な仲裁規則と手順に基づいて、カリフォルニア州サンタクララ郡において行われます。オーストラリア、ニュージーランド、日本、中国本土、香港特別行政区、マカオ特別行政区、台湾(中華民国)、韓国共和国、インド、スリランカ、バングラデシュ、ネパール、または東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国に在住の場合、仲裁は、シンガポールにおいて、シンガポール国際仲裁センター(SIAC)でその仲裁規則の下で行われます。この仲裁規則は参照によって、本条に組み込まれているとみなされます。それ以外の場合、仲裁は、ロンドンにおいて、ロンドン国際仲裁裁判所(LCIA)でLCIA仲裁規則の下で行われます。お客様およびアドビの両方が選択する仲裁人1名によるものとします。仲裁は英語で行うものとしますが、母国語が英語でない証人は、英語への同時翻訳を使用して証人の母国語で証言することができます(費用はその証人を代表する側が負担)。下された仲裁判断の確定判決は、両当事者に対して裁判管轄権を有するいずれの裁判所でも得られ、かつ同裁判所による強制執行が可能です。


13.集団代表訴訟なし お客様はアドビとの紛争を、個人ベースでのみ解決することができ、集団代表訴訟、統合訴訟、または代表訴訟の原告として訴訟を起こすことはできません。

13.差し止めによる救済 上記規定に関わらず、お客様または他者が本利用条件に違反して本サービスまたはコンテンツへの不正なアクセスまたは使用を行った場合、お客様は、アドビがあらゆる法域において差止救済(またはこれに相当する緊急の法的救済)を求めることができることに同意するものです。

14. ライセンスの順守

お客様が企業、会社または組織である場合、お客様による本ソフトウェアまたは本サービスすべてのインストールおよび使用が、アドビからの有効なライセンスを順守して行われているかどうかを確認するため、アドビは担当者または第三者監査人を任命し、お客様に7日以上前に通知することにより、12ヶ月に1回を限度として、守秘義務のもと、お客様の記録、システムおよび設備を検査することができます(手動検査、電子的方法、またはその両方を含む)。さらに、お客様がアドビからの有効なライセンスに従ってあらゆる本ソフトウェアおよび本サービスをインストールおよび使用されていることを確認するために、お客様は、アドビにより要求されるあらゆる記録と情報を、アドビの要求から30日以内に提出するものとします。本ソフトウェアまたは本サービスに対するライセンスの数が不足していることが判明した場合は、お客様は直ちに必要なライセンスまたはサブスクリプション、および該当する過去分のメンテナンスおよびサポートを取得しなければなりません。不足料金が支払うべきライセンス料の合計額の5%を超える金額であった場合、お客様は上記確認のためにアドビに生じた合理的な費用についても負担しなければなりません。

15. 変更

アドビは、例えば法律の変更またはアドビの本サービスまたは本ソフトウェアの変更を反映するため、本サービスまたは本ソフトウェアに適用される本利用条件または追加条件を、変更することがあります。定期的に本利用条件をお調べください。アドビは、本利用条件への変更の通知を、このページに掲載します。アドビは、該当する本サービスまたは本ソフトウェアの変更された追加条件の通知を掲載します。改正の発効後に本サービスまたは本ソフトウェアの使用またはアクセスを継続することにより、お客様は改訂された利用条件に拘束されることに同意したことになります。

16. 雑則

16.英語版 本利用条件を解釈または理解するにあたっては、その英語版を使用するものとします。

16.アドビへの通知 アドビへの通知は以下の住所にご送付ください。Adobe Systems, 345 Park Avenue, San Jose, California 951102704 宛名:General Counsel。

16.お客様への通知 アドビは、本サービス内の電子メール、郵便、またはその他法的に受け入れられる手段で通知することがあります。

16.完全なる合意 本利用条件はお客様とアドビ間の本サービスおよび本ソフトウェアに関する完全な合意を構成するものであり、本サービスに関するお客様とアドビ間のこれ以前の合意事項に代わるものです。

16.譲渡禁止 本利用条件または本利用条件に基づくお客様の権利および義務の一部または全部を、アドビからの書面による同意なく、譲渡することはできません。アドビは、本利用条件に基づくアドビの権利を第三者に譲渡することができます。

16.可分性 本契約の特定の条項が強制不能の場合、当該条項の強制不能は他の条項に影響を与えません。

16.権利放棄の否定 本契約内のいずれかの条項をアドビが強制または実行しなかった場合、当該条項の権利放棄とはなりません。

17. DMCA

アドビは他者の知的財産権を尊重し、ユーザーにも他者の知的財産権を尊重することを期待します。アドビは、デジタルミレニアム著作権法(「DMCA」)と一貫性のある著作権侵害の明確な通知に対応いたします。アドビのIPテイクダウンポリシーおよび慣行の詳細については、ここをご覧ください。http://www.adobe.com/jp/legal/dmca.html

Adobe Systems Incorporated:345 Park Avenue, San Jose, California 95110-2704

Adobe Systems Software Ireland Limited:4-6 Riverwalk, City West Business Campus, Saggart, Dublin 24

Adobe_General_Terms_of_Use-ja_JP-20150407_2200