リーチを拡大し、
コストを削減

予算をオーバーすることなく、複数のプラットフォームにビデオをストリーミング

Adobe Access

Adobe Media Server on Amazon Web Servicesとは

 
Adobe Media Server 5 on Amazon Web Servicesを使用すると、マルチプロトコル対応のメディアストリーミングを簡単に低コストでデプロイできます。配信の規模はビジネスニーズに応じて調整可能です。動的なHTTPパッケージ化、保護されたHTTPストリーミング、AppleのHLSに対応したDRMにより、単一のパッケージングおよび保護ワークフローで、すべてのビデオアセットを最大限多様なデバイスに配信できます。
 

Adobe Media Server on Amazon Web Servicesの新機能

スタジオ級のDRMパッケージ化
Adobe Access 4(別途提供)を併せて使用することで、デスクトップ、インターネット接続されたテレビ、タブレット、iOSやAndroidプラットフォームなどのスマートフォンを対象とする単一のデジタル著作権管理(DRM)ワークフローで利用できるように、コンテンツをパッケージ化できます。
様々な画面に対応する保護されたHTTPストリーミング
Adobe Accessに組み込まれた使いやすいコンテンツ保護機能を使用して、DRMライセンスサーバーを増設することなく、HDビデオを保護し、収益につなげることができます。メディア資産またはライブストリームのスケールを最大限に拡大し、強力に保護することが可能です。
Amazon CloudFrontと連携したビデオストリーミング
Amazon CloudFrontとの連携により、ライブおよびVODコンテンツの大規模なストリーミングを実現できます。Media Serverの簡単な設定によって、HDコンテンツを動的に準備し、Amazon S3から直接Adobe Flash PlayerおよびHLS対応デバイスにストリーミングするように設定できます。
HTTPストリーミング用のオンデマンドによるメディアのパッケージ化
事前にアセットを用意しなくても、Flash Player対応デバイスおよびiOSデバイス向けにHTTP経由でビデオを配信できます。オンデマンドパッケージングにより、Flash Playerがインストールされているデバイスにもそれ以外のデバイスにも、配信するビデオファイルが1つで済むので、パブリッシングが容易になります。

ベストプラクティスガイド

Adobe Media Server 5について紹介します。
Adobe Media Server 5の機能とテクノロジーについて説明します。
ファーストステップガイドと入門用リソースをご覧ください。