Adobe LiveCycleとイリノイ州福祉サービス局

このサービス局では、重要なサービスフォームの記入および処理の自動化によって、毎年数百万ドルの節約に成功しています。

Adobe LiveCycle
Adobe® LiveCycle® Enterprise Suite 4は、情報の取得と処理が可能な、企業全体の文書/フォームのプラットフォームであり、パーソナライズされたコミュニケーションを提供し、機密情報を保護して追跡します。LiveCycle ES4はビジネスプロセスを頻繁に外出するスタッフとクライアントに拡張し、デスクトップ、スマートフォン、タブレットを使用するユーザーにアクセスできるサービスを拡大させながら生産性も向上させています。
情報の取得と処理
重要なビジネスプロセスに接続し、自動化することで総所有コストを削減します。LiveCycle ES4は、使いやすいフォームとデータ取得インターフェイスを作成したり、Webサイトに公開することができるため、ユーザーはこれらを検索してバックエンドビジネスプロセスとシステムに接続することができます。モバイル、Web、デスクトップ、ペーパーチャネルを使って普及率と顧客満足度を高め、使い慣れたインターフェイスを操作することができます。
お客様とのコミュニケーション
より安全に、パーソナライズされた電子文書および紙の文書を作成し、エンゲージメントと標準規格のコンプライアンスを改善して、コスト削減に役立ちます。LiveCycle ES4は、システム生成、オンデマンド、双方向コミュニケーションの作成から文書保存までの顧客向け通知文書を効率化し、改善します。
保護コンテンツ
どこに配信されてもクライアントと組織の機密文書の整合性とプライバシーを保護します。ワンステップでコンプライアンス対応とユーザーの満足度を向上させます。

Bombardier
ユーザー事例
この大手メーカーでは、知的財産を保護し、機密情報にアクセスできる権限を特定の顧客に制限することでユーザーエクスペリエンスを向上させています。
官公庁向けLiveCycle
官公庁向けAdobe LiveCycle
有権者が使用するアプリケーションを最適化し、個人向けの通信文を配信して、住民情報を保護します。

ソリューションパートナーを見つける
貴社に最適なLiveCycleソリューションを提供できるアドビソリューションパートナーを見つけましょう。