【無料】PDF編集ソフトの選び方と安全なおすすめツールを紹介

【無料】PDF編集ソフトの選び方と安全なおすすめツールを紹介

【無料】PDF編集ソフトの選び方と安全なおすすめツールを紹介

【無料】PDF編集ソフトの選び方と安全なおすすめツールを紹介

PDFは、基本的には専用ツールを使わない限り、勝手に編集できない文書の形式です。

そのため、契約書や請求書など変更を加えたくない文書に適しています。

 

しかし、日常生活やビジネスシーンにおいて、多くのPDF資料や書類を配布したり受け取ったりする中で、

「PDFにマーカーを引いたり書き込んだりしたい」

「バラバラになっている複数のPDFを結合したい」

「何十ページもあるPDFを分割して一部分だけ共有や印刷をしたい」

など、PDFの内容やページ構成を編集したいケースもあるのではないでしょうか。

 

そんなときは、PDF編集ソフトを使ってみましょう。

PDF編集ソフトを使えば、PDFへの書き込みや並び替え、結合や分割などがカンタンにできます。

また、無料で使えるソフトもたくさんあるので、目的にあわせて手軽にPDF編集ができます。

 

本記事では、PDF編集ソフトの選び方やPDF編集ソフトでできることについて、わかりやすく解説します。

ぜひ、フリーソフトを選ぶ際の参考にしてください。

あわせて、20種類以上のPDF編集がカンタンにできる無料のツールAdobe Acrobat オンラインツール」も紹介しますので、ぜひ活用してみましょう。

PDF編集には「編集」と「直接編集」の2つがある

 

PDF編集ソフトでできる「PDF編集」には、大きく分けて2つの種類があります。

「編集」と「直接編集」です。

ソフトによってできる作業とできない作業が分かれるため、使用するソフトを選ぶ前に、自分がどのような作業をしたいのか確認しておきましょう。

 

 

編集

ここでの「編集」とは、PDFファイルにテキストやコメントなどの要素を新しく加えたり、ファイルの構成を変更したりといった操作を指します。

PDFファイルの文章を書き換えたり、画像を差し替えたりするといった操作(直接編集)はできません。

具体的には、以下のような操作を指します。

・マーカーを引いたり、テキストや図形を書き加えたりする

・PDFファイルの結合や分割をする

・ページの並べ替えや回転、削除やトリミングをする

・PDFをMicrosoft WordやExcelなどの別のファイル形式へ変換する

・パスワードでセキュリティを設定する

 

直接編集

「直接編集」とは、元のPDFに記載されている文字や画像を編集することを指します。

例えばWordやPowerPointでファイルを編集するように、PDF内の既存テキストの書き換えや、画像の変更・削除・挿入ができます。

「編集」という言葉からは、こちらの内容をイメージする人も多いでしょう。

ただし、直接編集は無料のソフトやツールではできないことがあります。

 

 

PDF編集ソフトを選ぶ際の4つのポイント

PDF編集ソフトと一口に言ってもたくさんの種類があり、それぞれ機能やプランも異なります。

以下の4つのポイントに注意して、使いやすくベストなものを選びましょう。

1. 「インストール型」と「オンライン型」のどちらが合っているか

2. 自分のPCのOSにソフトが対応しているか

3. 使いたい機能が備わっているか

4. どれくらいコストがかかるか

 

 

1.「インストール型」と「オンライン型」のどちらが合っているか

PDF編集ソフトには、主に「インストール型」と「オンライン型」の2種類があります。

 

インストール型は、PDF編集ソフトをPCにダウンロード・インストールして使うタイプ。

一度インストールしてしまえば、インターネットに繋がなくても使えるというメリットはありますが、会社のルールでPCにソフトをインストールできない場合は使えないため注意が必要です。

 

オンライン型は、PDF編集ツールのサイトにアクセスしてファイルをアップロードし、オンライン上で編集するタイプ。

PCにソフトをインストールする必要がなく、場所や端末にとらわれず手軽に使えるというメリットがあります。

一方、使うときにはインターネットに接続する必要があります。

また、ファイルをインターネット上にアップロードするため、ツールの安全性に問題がないかを確かめておく必要があります。

 

 

2.自分のPCのOSにソフトが対応しているか

PDF編集ソフトは、「Windowsのみ対応」「Macのみ対応」「どちらのOSにも対応」の3種類に分かれます。

PDF編集をよく行うPCのOSに合わせるか、Windows・MacどちらのOSにも対応しているソフトを選べば間違いはありません。

オンラインツールの場合、Windows・Macどちらにも対応しているものが多いです。

使いたいシーンで確実に使えるソフトを選びましょう。

 

 

3.使いたい機能が備わっているか

PDF編集ソフトによって、できることとできないことがあります。

結合や分割など一部の機能に特化したソフトもあれば、テキストの追加からファイル形式の変換まで幅広い編集が可能なソフトもあります。

自分のしたい編集が可能かどうか、PDF編集ソフトの機能をよく確認しましょう。

有料のソフトでも、無料のお試し版が用意されている場合は、事前に機能があるか確認できるので安心です。

 

 

4.どれくらいコストがかかるか

PDF編集ソフトには「無料」のものと「有料」のものがあります。

機能やプランによっても異なり、例えばPDFファイルのテキストの内容を書き換えるといった「直接編集」は有料ソフトやプランの契約が必要な場合もあります。

有料の場合は、買い切り版(製品を購入)とサブスク版(月額や年額など一定期間の利用料金の支払い)、もしくは両方に対応しているものがあります。

買い切り版よりもサブスク版の方が初期費用を抑えられる傾向にあるため、使い勝手を試してみたい人は、はじめにサブスク版を利用するのも一つの手です。

 

 

これらのポイントを踏まえ、ご自身の環境で使いやすいソフトを見付けてみてください。

 

ここからは、初めてPDF編集ソフトを使う方でもカンタンに使いこなせて、機能が充実している「Adobe Acrobat オンラインツール」をご紹介します。

 

 

手軽にPDFを編集できる「Adobe Acrobat オンラインツール」の4つのメリット

Adobe Acrobat オンラインツール」は、無料で使えるオンライン型のPDF編集ツールです。

PDFを開発したアドビの公式ツールで、豊富なPDF編集機能を無料で使えるのが特長です。

Acrobat オンラインツールのメリットは大きく4つあります。

【メリット1】オンラインで安全に使える

【メリット2】WindowsとMacどちらでも使える

【メリット3】無料で20以上のPDF編集ができる

【メリット4】ドラッグ&ドロップで直感的に操作できる

※詳しい機能については記事後半の、20以上のPDF編集ができる「Adobe Acrobat オンラインツール」の機能ご紹介しています。

 

 

【メリット1】オンラインで安全に使える

Acrobat オンラインツールは、ダウンロードやインストールの手間なく、ネット環境があればどこでも使えるオンライン型のPDF編集ツールです。

オンライン上へアップロードされた情報は暗号化され、データはサーバーから削除されるので、安全に使えます。

安全性を保ちながら手軽に使えるため、会社の規定でインストール型のツールは使用できない、という人にもおすすめです。

 

 

【メリット2】WindowsとMacどちらでも使える

Acrobat オンラインツールは、WindowsやMacなどのOSを問わず、PDF編集ができます。

今後使用するOSが変わっても、違うソフトを探す手間や買い換えの必要がないため便利です。

 

 

【メリット3】無料で20以上のPDF編集ができる

Acrobat オンラインツールでは、無料で20以上のPDF編集が可能です。

これ一つで、「結合・分割」「テキスト・描画の追加」「並べ替え・回転・削除」「変換・圧縮」「パスワード設定」など、様々なPDF編集ができます。

ツール一覧画面開くと、ツール上で使えるすべての機能が並んでおり、クリックするだけで各機能を使えます。

 

なお、PDF内のテキストや画像を直接編集する場合は、有償版の「Acrobat Pro」や「Acrobat Standard」の契約が必要です。

無料の体験版もあるので、7日間のお試し期間のなかで使いやすさを確認してみましょう。

 

Adobe Acrobatのプランと価格を確認する

 

 

【メリット4】ドラッグ&ドロップで直感的に操作できる

ファイルをドラッグ&ドロップするだけですぐにPDF編集ができる、わかりやすい操作性もAcrobat オンラインツールの魅力です。

画面上で自分の目的に合った機能を選ぶだけで、初めて使う人でも、細かな操作を覚えなくてもカンタンにPDF編集ができます。

 

ドラッグ&ドロップで直感的に操作できるAdobe Acrobat オンラインツール

 

 

20以上のPDF編集ができる「Adobe Acrobat オンラインツール」の機能

それでは、ここからAcrobat オンラインツールの機能を詳しく解説します。

それぞれの機能解説の本文中リンクから、すぐにツール画面へアクセスできるため、目的の機能があれば早速試してみましょう。

なお一部の機能は、使用する際にログイン(無料)が必要です。

ログインは、Adobeアカウントのほか、Googleアカウント、Apple IDのいずれかでも行えます。

 

1.ページを編集する

・結合・分割

・テキスト・描画の追加

・並べ替え・回転・削除

・トリミング

 

2.ファイルを変換・圧縮する

・変換

・圧縮

 

3.セキュリティを設定する

・パスワード設定

・電子署名

 

4.文字や画像を直接編集する(有償版で利用可能)

 

 

1.ページを編集する

PDFのファイル全体やページ単位で変更を加えたり、PDFに新しくテキストや図形、描画を加えたりできます。

 

 

結合・分割

 

複数のPDFを一つに結合

 

複数のPDFファイルを一つにまとめられます。

複数人で分担して作成した資料を一つのファイルにまとめる、といった場合に便利です。

 

「結合」機能を使うと複数のPDFファイルを一つにまとめられる

一つのPDFを複数に分割

 

PDFファイルを任意の位置で分割し、複数のファイルに分けられます。

PDF資料のページ数が多くメールで送れない場合に、分割して送信・共有できるので便利です。

 

「分割」機能を使うとPDFファイルを任意の位置で分割し、複数のファイルに分けられる

 

 

テキスト・描画の追加

 

PDFを編集

 

PDFのページに、新たにテキストやコメントを入力できます。

テキストにハイライトを付けたり、フリーハンドで線を描画したりすることも可能です。

 

「PDFを編集」機能を使うとPDFのページに、新たにテキストやコメントを入力できる

 

 

並べ替え・回転・削除

 

PDFのページを入れ替え、並び替え

 

ドラッグ&ドロップで、直感的にページの順番を入れ替えられます。

資料の最終チェック時にページの順番を少し変えてわかりやすくしたい、となった場合でもPDFファイルのまま並び替えできるので便利です。

 

「PDFのページを入れ替え、並び替え」機能を使うとドラッグ&ドロップで、直感的にページの順番を入れ替えられる

 

PDFのページを回転

 

単一のページの向きを変えたり、複数ページを一度に回転させたりできます。

紙の資料をスキャンしてページの向きがバラバラになった場合でも、カンタンにページの向きを統一することが可能です。

 

「PDFのページを回転」機能を使うと単一のページの向きを変えたり、複数ページを一度に回転させたりできる

 

PDF内の不要なページを削除

 

PDFファイルの中から特定のページのみを削除できます。

他者へ共有したくない個人情報や社内の重要情報が記載されているページなど、PDFファイルの一部のページのみを削除したい場合に便利です。

 

「PDFのページを削除」機能を使うとPDFファイルの中から特定のページのみを削除できる

 

 

トリミング

 

PDFをトリミングし、余白を調整

 

ページ内の余白や不要な箇所を削除して、必要な部分だけを残せます。

全ページまとめて、同じトリミング範囲を適用することも可能です。

 

「PDFのページをトリミング」機能を使うと、ページ内の余白や不要な箇所を削除して必要な部分だけを残せる

 

 

2.ファイルを変換・圧縮する

 

PDFをWordやExcelなどの別のファイル形式へ変換したり、PDFのファイルサイズを圧縮して軽量化したりできます。

 

 

変換

PDFをWordに変換

PDFをExcelに変換

PDFをJPGやPNG画像に変換

 

PDFをWordやExcel、JPGやPNGなどの画像に変換できます。

WordやExcelに変換すると、テキストの書き替えや画像の差し替えといった大幅な編集が可能になります。

 

変換機能を使うと、PDFをWordやExcel、JPGやPNGなどの画像に変換できる

 

様々な形式からPDFに変換

 

上記とは逆に、様々な形式のファイルをPDFに変換することもできます。

PDFをWordやExcelに変換して編集を行い、再度Acrobat オンラインツールを使ってPDFに変換する、といったことも可能です。

 

様々な形式のファイルをPDFに変換することも可能

 

 

圧縮

 

PDFのファイルサイズを圧縮

 

容量の大きなPDFのファイルサイズを圧縮して軽量化できます。

3段階の圧縮レベルから軽量化の度合いを選択できるため、目的に応じた軽量化が可能です。

メールに添付できない、共有先のデバイスの容量を圧迫してしまう、といった問題を解決できます。

 

「PDFを圧縮」機能を使うと、容量の大きなPDFのファイルサイズを圧縮して軽量化できる

 

 

3.セキュリティを設定する

 

PDFファイルに、閲覧するためのパスワードを設定したり、署名を入れたりできます。

 

 

パスワード設定

 

PDFにパスワードを設定して保護・暗号化

 

PDFファイルにパスワードを設定できます。

パスワードを入力しないとPDFファイルの内容を表示できなくなるため、機密情報を保護したり、特定の人のみに共有したりする際に便利です。

 

「パスワードを設定」機能を使うと、PDFファイルにパスワードを設定できる

 

 

電子署名

 

PDFに入力して署名

 

PDFに署名を入れられます。

フォームに入力したり、手書きで入力したりするほか、署名画像をアップロードするなど様々な方法でPDFに署名を追加できます。

署名追加後はPDFファイルの編集ができなくなるため、オンライン上での契約書のやり取りにも便利です。

 

「入力と署名」機能を使うと、PDFに署名を入れられる

 

 

4.文字や画像を直接編集する(有償版で利用可能)

 

直接編集(元のPDFに記載されている文字や画像の編集)は、無料のAcrobat オンラインツールではできません。

しかし、有償版のAcrobat ProAcrobat Standardを契約すれば、無料版と同じ操作感で直接編集が可能です。

 

有償版のAcrobat ProやAcrobat Standardは、こちらもオンラインで使えるPDF編集ツールです。

PDF内の既存のテキストを書き換えたり、画像の変更や削除、挿入をしたりといったPDFの「直接編集」が可能です。

もちろん、結合・分割、並べ替え・回転・削除、変換・圧縮、パスワード設定など基本的なPDFの「編集」機能もすべて含まれています。

 

有償版の「Acrobat Pro」や「Acrobat Standard」ならPDFのテキストの直接編集が可能

 

(有償版は、Acrobat ProやAcrobat Standard、Creative Cloudのコンプリートプランを既に契約している方ならどなたでも使えます)

有償版を利用している方は、以下のリンクからAcrobat Proの「テキストと画像を編集」にアクセスしてください。

 

Acrobat Proでテキストと画像を編集する

 

 

7日間の無料体験もできるため、PDFに関する作業を頻繁にする方はもちろん、「編集」や「直接編集」、あらゆるPDF編集の機能を使ってみたい方も、ぜひこの機会にお試しください。

 

7日間無料で、PDFの「直接編集」機能を使ってみる

 

ここまで「Acrobat オンラインツール」でできる、PDF編集の機能について紹介してきました。

 

Acrobat オンラインツールでは、20以上のPDF編集機能が無料で使えますが、本文では紹介しきれなかった機能も多数あります。

以下の記事では、Acrobat オンラインツールで使えるすべての機能と詳しい使い方をご紹介していますので、あわせてご覧ください。

はじめてのAdobe Acrobat オンラインツール完全ガイド(概略版)

 

 

また、ブラウザにGoogle Chromeをお使いの場合は、Google Chrome拡張機能を追加すると、ワンクリックでAcrobat オンラインツールを立ち上げられるため、さらにスムーズにPDF編集が可能です。

拡張機能は、以下のリンクから追加できます。

Acrobat オンラインツールのGoogle Chrome拡張機能を使ってみる

 

 

無料で20以上のPDF編集機能が使えるAdobe Acrobat オンラインツールを、この機会にぜひお試しください。

(執筆:ウェブライダー)

 

 

 

 

ぜひAdobe Acrobatオンラインツールをお試しください

Acrobatを始めましょう。

関連記事

以下の記事では、PDFに関するお役立ち情報をご紹介しています。Adobe Acrobat オンラインツールを使って、日々の業務を効率化する方法をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

MacでPDFを編集するなら、直感的に操作できる無料の「Adobe Acrobat オンラインツール」が便利です。PDFの結合や圧縮など、様々な編集機能の使い方を解説します。

無料の「Adobe Acrobat オンラインツール」を使ってPDFを分割する方法を解説します。直感的に操作でき、結合・削除などのPDF編集もカンタンです。

無料の「Adobe Acrobat オンラインツール」でカンタンにPDFを分割・抽出する方法を解説。目的に応じて使い分けることで、より効率よく編集作業ができます。

Acrobatオンラインツールを試す

PDFから各ファイル形式に変換

PDFをWordに変換

PDFをWordに変換

PDFをJPGに変換

PDFをJPGに変換

PDFをExcelに変換

PDFをExcelに変換

PDFをPPTに変換

PDFをPPTに変換

各ファイル形式からPDFに変換

WordをPDFに変換

WordをPDFに変換

JPGをPDFに変換

JPGをPDFに変換

ExcelをPDFに変換

ExcelをPDFに変換

PowerPointをPDFに変換

PowerPointをPDFに変換

PDFに変換

ファイルサイズをコンパクトに

PDFを圧縮

PDFの編集

PDFを編集

PDFを結合

PDFを分割

PDFをトリミング

PDFのページを削除

PDFのページを削除

PDFのページを回転

PDFのページを回転

PDFのページを並べ替え

PDFのページを並べ替え

PDFのページを抽出

PDFにページを挿入

署名と保護

入力と署名

署名を依頼

PDFを保護

Acrobatオンラインツールを試す

PDFから各ファイル形式に変換

各ファイル形式からPDFに変換

PDFを編集

署名と保護

PDFをWordに変換

PDFをWordに変換

WordをPDFに変換

WordをPDFに変換

PDFを編集

入力と署名

PDFをJPGに変換

PDFをJPGに変換

JPGをPDFに変換

JPGをPDFに変換

PDFを結合

署名を依頼

PDFをExcelに変換

PDFをExcelに変換

ExcelをPDFに変換

ExcelをPDFに変換

PDFを分割

PDFを保護

PDFをPPTに変換

PDFをPPTに変換

PowerPointをPDFに変換

PowerPointをPDFに変換

PDFのページを削除

PDFのページを削除

PDFに変換

PDFのページを回転

PDFのページを回転

ファイルサイズをコンパクトに

PDFのページを並べ替え

PDFのページを並べ替え

PDFを圧縮

PDFのページを抽出

PDFにページを挿入

Acrobatオンラインツールを試す

PDFをWordに変換

PDFをJPGに変換

PDFをExcelに変換

PDFをPPTに変換

WordをPDFに変換

JPGをPDFに変換

ExcelをPDFに変換

PowerPointをPDFに変換

PDFに変換

PDFを圧縮

PDFを編集

PDFを結合

PDFを分割

PDFをトリミング

PDFのページを削除

PDFのページを回転

PDFのページを並べ替え

PDFのページを抽出

PDFにページを挿入

入力と署名

署名を依頼

PDFを保護